Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


INDEX:Octane for Poser
当ブログ内のOctane関連記事の目次です。
このページは左メニューのINDEXから直接開くことができます。
以下、作成済みのページは太字+リンクが貼ってあります。



2019.03.17 公式サイトやマニュアルへのリンクをこのページに記載
2015.05.28 初出



各種リンク NEW

OctaneRender
 https://home.otoy.com/render/octane-render/

 Otoy.incにあるOctaneRenderの製品ページ(英語)。
 ユーザー登録やライセンス購入はこちらで。

OTOY Forums • View forum - Smith Micro Software Poser
 https://render.otoy.com/forum/viewforum.php?f=45

 公式のサポートフォーラム(英語)。
 最新版プラグインのチェックやダウンロードはこちらから。
 読むだけならユーザー登録は必要ありません。
 フォーラムから配布されている公式な配布ファイルをDLする際は公式サイトへの登録が必要。

OctaneRender™ for Smith Micro Software Poser® Plugin Manual
 https://docs.otoy.com/PoserH/PoserPluginManual.htm
 octane_poser_plugin_manual.jpg

 Poserプラグインに関するオンラインマニュアル。
 2019.3.17現在、一応Ver.3の情報まで対応している。(細部は未確認)
 マテリアル設定などの画像付き詳細説明は、Octane本体のマニュアルを見たほうがいいかも。

OctaneRender® Standalone Edition User Manual
 https://docs.otoy.com/StandaloneH_STA/StandaloneManual.htm
 octane_manual.jpg

 Octane本体(スタンドアロン版)のオンラインマニュアル。
 2019.3.17現在、Ver.4の情報まで対応している。(細部は未確認)
 画像が豊富なのでマテリアル設定などについて調べる場合はこちらのほうがいいかも。

Octane Poser plugin User Guide
 https://poserlounge.nl/OctaneDLfiles/Octane Poser plugin User Guide - version 1.pdf
 OctaneGuideCover-1.jpg

 Poser Loungeという有志によるPoser情報サイトの運営者Wim氏が執筆したPDF。
 PoserでOctaneプラグインを使う際のFAQやTIPSなどが盛り込まれたユーザーガイド。英語。
 プラグインの作者face_off氏自らがOtoyの公式フォーラムで紹介している。




Octane Render … 旧情報:公式サイト等へのリンク他
動作環境 … 基本構成・DEMO・互換性他
基礎知識 … 起動・作業の流れ・マニュアルPDF

V4をレンダ(1)
V4をレンダ(2)
V4をレンダ(3)
V4をレンダ(4)

バージョンアップ情報
  ・Octane Render 1.50
  ・Octane Render 2.01
  ・Octane Render 2.03
  ・Octane Render 2.06
  ・Octane Render 2.12.1
  ・Octane Render 2.16.0.38
  ・Octane Render 2.25.0.68



  ・Octane Render Setup
    │
    ├ Account
    ├ Cuda Devices
    ├ Settings
    │  ├ Render View Settings
    │  │  └ Configuration (Setup)
    │  └ Render Options List
    │     └ RenderTarget
    │        ├ Camera
    │        ├ Resolution
    │        ├ Environment
    │        │   ├ Daylight
    │        │   └ Texture Environment
    │        ├ Imager
    │        ├ Kernel
    │        └ Postproc
    ├ Materials
    │  └ Displacement
    └ Animation

  ・Viewport



Tag: <>Octane
Category: Octane Render

今年のV.D.は
娘からこんなチョコをもらいました。ホクホク
ありがとうありがとうm(_ _)m







かっこいい…
…けど、大きさといい形といい、どう食べればいいのか悩む逸品です。
こう、頭からガブっといけばいいのかな?


La Femme
LaFemme_test20190203a.jpg

はーい。
いきなりですがLa Femmeで一枚レンダリングしてみました。
いつものように文字入れ以外はノーレタッチ。
クリックすると少しだけ大きい画像が開きます。

La Femmeというのは、Smith MicroとRenderosityから依頼を受けた有名ベンダー数名が
チームを組んで秘密裏に製作し、1月末に何の前触れもなくドバーーーン!!とリリースされた
Poser11のための新作フィギュアです。

その製作陣がとても豪華で、Blackhearted氏、Rhiannon氏、RPublishingNerd3d氏、Deecey
という顔ぶれ。昔からPoserを使っている人なら「あ~」という声が出るはず。
どなたがどんな仕事を担当しているのかについては、MNEさんのブログが詳しいので
↓そちらをお読みください。
Smith Micro何の予告も告知もなく突如 La Femme発表 @Poser大好きMNE
http://mneposer.blog109.fc2.com/blog-entry-546.html


で、私が今回の画像を作るために入手したのは次の3点。

La Femme Base Figure for Poser 11
Thumb135377_207321e94225b68dc45a102cec021bf2.jpg

これがベースフィギュアなので、La Femmeを使ってみたい人には必須です。
ベンダー用のリソース(Developer Rigs)、表情、SSSなどのマテリアル、ボディと顔用のモーフINJ、
V4用の髪(Amy Hair, Evelyn Hair, Gwenith Hair, Jillian Hair)をLa FemmeにFitさせるための
INJモーフ、Lipsync用データが同梱されています。
定価$29.95で、現在は100%OFF$0.00なんですが、Renderosityの販売システムの仕様として
$0.00では購入完了できないため、$3.50以上のアイテムを一緒に購入する必要があります。


Femme Fatale HD Morphs
Thumb134938_9c127033bd143980f30a95527b001891.jpg

Blackhearted氏によるボディと顔のモーフセットです。
定価$19.99。ちょっとお高いけど、やはりこのハイクオリティ物件は見逃せない。
「サブディビで細分化されたポリゴン用の高密度モーフを利用可。低密度ポリゴンにも適用可」という
Poser11ならではの機能を利用している点も「for Poser11」の名に恥じない感じで好印象。


La Femme Body Kit MR
Thumb135148_a0827a9be9a817b38711212c420cdb78.jpg

こちらはDeecey氏によるボディーモーフ。
定価19.95と、こちらもちょっとお高いけれどマーチャントリソースということで。
新製品リリースに対するご祝儀&応援の気持ちも込めて購入しました。


レンダリングに使用した髪の毛は、ベースフィギュアに同梱されたFitモーフにあわせて
Amy Hair
thumb_amyhair.jpg


レンダラーはいつものとおりOctane
マテリアルは以前にV4用に作って保存してあったOctane用のマテリアルを流用しました。
(ちなみに、テクスチャはLa Femmeのベースフィギュアのデフォルトのものを流用しています。)
元がBlackhearted氏の個性的な造形なので、購入したモーフだけで日本人向けのデフォルメ顔を
作るのはちょっと厳しく、結局あごと頬のラインなどの修正モーフをZBrushで追加しています。


さて今後のポザ界隈ですが
汎用性の高いマーチャントリソースのスキンテクスチャが販売されることになったら、
SmithMicroが公式にアナウンスしている点から考えてもProject-EよりもLa Femmeのほうが
メインになりそうな予感がします。
実際、erogenesis氏もブログでLa Femmeに対するちょっとキツメの私見を書いているところからして
(La Femmeの性器の造形を依頼されたのを蹴ったとも書いてある)かなり意識しているようで、
たぶん内心は猛烈に煮えたぎっているのではないかと。


とはいえ、個人的には早くBlackSmith3DのV4用テクスチャをPE用に展開するプラグインが
出てくれないものかと首を長くして待ってるんですが…



Tag: <>LaFemme
Category: Poser全般


Create stunning models for 3D software free