Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


PEの俺的ベース顔WIP
主に1か月前くらいにTwitterのほうで画像貼りつつボチボチとつぶやいてたんですが
PEの俺的ベース顔を超スローペースで作っています。
で、現状はこんな感じ。

MH_Base01_wip20190630_s.jpg
(クリックすると拡大表示するぜよ)

PEとV4のデフォルト顔の中間+俺的エッセンスな形状になっています。
モーフはPE付属のものを半分、ZBrushで追加したものを半分くらい使ってます。
PEの耳の基本形状がなんとなく宇宙人っぽい作りもの感満載だったので
地味に時間をかけていじりました。(自己満足

その追加したカスタムモーフの数々がこちら。
MH_Base01_moprh_wip20190630.png

ちなみに、テクスチャはAnnyのものをベースにレンダロのFreeStuffから入手できる
Face Texture Converterを利用してPE用に変換したものを使っています。
もちろんそのまままったく問題なく使えるはずもなく、PEのアップデートでまぶたのUVが
変更されたこともあって、思ったよりもてこずりました。

で、最終的には最新のPEのOBJからModo経由でUVマップを出力して、
↓のようにワイヤーフレームのどのあたりが実際のどの位置・境目にあたるのかを
地道に調べて結構な時間を使ったり。

UV_head_ud_20190531.png

実はまだ目の形状はほぼデフォルトのままなので、目尻を上げ下げしたり
上下まぶたに個性を加えられるモーフをいくつか追加しようと考えておりますが…
目を閉じたときに破綻しないように、目の開閉動作に連動させた差分モーフも
作らないといけなくなるので今からちょっと気が重い。
うーん、モチベ。



Tag: <>project-E <>WIP
Category: Poser全般

Poserの公式フィギュアは
まず間違いなく、La Femmeを前面に押し出してくるでしょうね。


La Femme 1.1 Base Figure for Poser 11

$29.95 → $14.95(50%OFF)

今回の買収に合わせて無料から有料($14.95)となりましたが、この値段なら許容範囲でしょう。もしPoserの次期バージョンが出てくるとしたら、おそらく現在の「いまいちな付属フィギュアとコンテンツ」を刷新して、La Femmeなどを中心としたRendeosityらしい「DAZ3Dに対抗しようという意思の見える付属フィギュアとコンテンツ」を揃えてくることになるでしょう…ていうか、そうしないともうダメです。
あー、もしLa Femme2が出るなら、できればもうちょっと一般受けする顔にして…

あと、鳴かず飛ばずのAlysonシリーズは打ち切りになっても仕方ないでしょうね。
とにかく、「Poserを買ったはいいけど、付属コンテンツに魅力がない」という流れは完全に断ち切って欲しいところです。


ところで、かつてコンテンツパラダイスで販売されていた公式フィギュア群はどうなってしまったのか?というと…ほとんどはRenderosityへ移ってきたようです。


Miki 4.0

$19.99 → $11.99(40%OFF)


Miki 3 Figure

$14.99 → $8.99(40%OFF)


Miki 2.0 Figure Pack

$9.99 → $5.99(40%OFF)

Miki先輩は、初代を除いて一通りそろってますね。


G2 James Complete Figure Pack

$29.99 → $17.99(40%OFF)

ジェームズ!
ジェームズといえばKyotaroさん!(なんでや


G2 Kelvin Complete Figure Pack

$29.99 → $17.99(40%OFF)

ケビン!
いい顔してますね。


G2 Koji Complete Figure Pack

$29.99 → $17.99(40%OFF)

コージ!
こいつは今見ても味わい深いよな…
この頃の公式フィギュアは、関節がいまいちですが造形的に優れたものがありました。


G2 Olivia Figure

$29.99 → $17.99(40%OFF)


G2 Jessi Complete Figure Pack

$29.99 → $17.99(40%OFF)

さすがにここまでくると古さがハンパないですね。


さてここまでがRenderosityに移ったフィギュア達でした…
最後に気になるのTY2(Terai Yuki 2)の行方はというと


Poserフィギュアパック テライユキ 2

価格 : 4,104円(税抜3,800円)

イーフロのショップにひっそりとたたずんでおりました。
なんだろう、この売る気のまったくない商品ページは…

Renderosityに移ったフィギュア達がいきなり消えることはないだろうと思いますが、TY2はちょっと怪しいかもしれない…
値段が値段なのでちょっと躊躇してしまいますが、コレクター的にはとりあえず確保しておいたほうがいいかもしれませんね。



Tag: <>LaFemme <>Miki2 <>TY2
Category: Poser全般

PoserがRenderosityへ
突然のニュースにびっくり。

Smith Microによるプレスリリース
https://www.smithmicro.com/company/news-room/press-releases/2019/06/20/smith-micro-announces-sale-of-its-poser-3d-rendering-animation-software


Renderosityによるアナウンス
https://magazine.renderosity.com/article/5283/renderosity-acquires-poser-from-smith-micro


Bondware acquires Poser and Poser Pro @CG Channel
http://www.cgchannel.com/2019/06/renderosity-parent-firm-bondware-buys-poser-and-poser-pro/

20190621_news.jpg


2019.06.20、SmithMicroからRenderosiy(の親会社のBondware)へと
Poser関連事業(ソフトとコンテンツ)が売却されました。
今後SmithMicroは中核事業としてワイヤレステクノロジに注力し、Renderosiyは
販売代理店から販売元へと格上げに。

1995 Fractal Design
1998 MetaCreations
1999 Curious Labs
2005 e-frontier
2008 Smith Micro Software
2019 Bondware(Renderosity)

という変遷。
流浪の民の安住の地は何処、的な。
https://en.wikipedia.org/wiki/Poser


今後のPoserと公式コンテンツの販売元はPoser Softwareという名称になります。

Poser Software
https://www.posersoftware.com/
posersoftware.jpg




製品ラインが単一のエディションに縮小?セール中?

CG Channelの記事中でも触れられていますが、RenderosityではどうやらPro版のみを
販売していくこと
になりそうです。
実際、無印のPoser11は現時点で商品ページから購入できなくなっています。

さらに英語版、ドイツ語版、日本語版の3種類のPoserPro11が同一価格で販売され、
アップグレードも同様に各国語版が用意されています。
(つまり今回の買収によって日本語版が切り捨てられた可能性はほぼ無いということ。)

20190622_Renderosity.jpg

なお、RenderosityがPoserのホームになったことを記念して現在セール中です。
PoserPro11本体が$199.00、アプグレ版が$99.00になっています。
上記のように各国語版がありますが、まにほに的には英語版推しで。
(ただでさえバグが多く残ったままのVer11なのに、さらに日本語版固有のバグを抱え込んでも
いいことないと思うんだけどねぇ…日本語表記じゃないとダメという人には申し訳ないが。)
ていうか、日本語版ならソースネクストでのセール狙い一点張りですから。
(セール中は高くても5980円、最安で1980円に。気になる人は各自ググってくだちぃ)

poserpro11.jpg
Poser Pro 11
$349.99 → $199.00(43%OFF)



Poser Pro 11 Upgrade From Poser 10, 9, 8, 7, 6 or Poser Debut
$244.99 → $99.00(60%OFF)



Poser Pro 11 Upgrade from Game Dev, Pro 2014, Pro 2012 and Pro 2010
$174.99 → $99.00(43%OFF)




■今後のサポート体制は?

今後は次の場所でサポート等を行うことになるようです。
ベータテスター関連については不明。

Poser - OFFICIAL Forum @Renderosity
https://www.renderosity.com/mod/forumpro/?forum_id=12356
renderosity_forum.jpg

元々あったPoserのフォーラムを公式化したもの。
ちょっと使いづらくてあんまり好きになれないんだが、慣れの問題?(個人的感想

Poser Softwareのサポートページ
https://support.posersoftware.com
support_posersoftware.jpg

公式のサポート窓口。
Submit a Ticketから質問フォームを送って返事待ち、っていう流れ。

SmithMicroが運営していたPoserの公式フォーラムやベータテスター向けサイトおよびBTSは、
この記事を書いている段階ではまだ残っているものの、いずれ消えてしまうことでしょう。



今後の開発体制は?

気になる「開発体制はどうなるのか?」という点について、どのニュースでも触れられていませんね。

以下、私見です。
公式ベータテスターとしてSmithMicroのPoser開発陣の衰退っぷりに直面してきた者として、今回の買収劇を心から歓迎します。もしこのままSmithMicroの手に残っていても何の光明も見いだせなかったでしょう。
無料のDAZ Studioという武器を擁するDAZ3D帝国にRenderosityが対抗するためには、Poserという武器の開発強化が必須。「買収したまま、ただ売るだけ」という線はないはずです。前述の「単一のエディションに縮小」という流れも開発のためのリソースを効率良く集中するための一端だとすると、まだまだ期待できそうです。
とはいえ、Renderosityがソフト開発について(ぶっちゃけ人件費に)どこまで資金をつぎ込めるのかがまったく想像できないし、開発に関するマネージメントのノウハウがあるようにも思えないので、正直不安だらけではありますけどね。
Renderosityは私のPoserベンダーの拠点としてのお付き合いもあるので、可能な限り温かい目で見守っていきたいと思います。





Tag: <>Sale <>
Category: Poser全般


Poser At Renderosity Create stunning models for 3D software free