Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Octane Poser Plugin User Guide
OctaneGuideCover-1.jpg
Octane Poser plugin User Guide - version 1.pdf


しばらくOctane関連のチェックをサボってた間にこんなのが出てました。
…って、7月かよ!ouch
私の情報のネタ元は、Octaneの公式フォーラムのPoserプラグイン関連スレッド。
(未登録ユーザーでも閲覧自由。otoyサーバ上のアップデータ等をダウンロードのみ不可)

OTOY Forums • View topic - Octane Poser Plugin User Guide
https://render.otoy.com/forum/viewtopic.php?f=45&t=68150


このユーザーガイドの執筆者は、プラグイン製作者のface_off(Paul Kinnane)氏ではなく
Poser Loungeというサイトの運営者Wim氏のようですね。
全部英語ですが、このPDF以前にはOcetaneがVer1の頃のものしかなかったので
とても貴重&ありがたい逸品です。

screenshot_20181118_172926.jpg
https://www.poserlounge.nl




Tag: <>Octane
Category: Octane Render

"V4 to PE"に一票
なかなかゆっくり3Dする時間がなく、ブログも放置気味になってしまいました。

凝りもせずにProject Evolution(今後はPEと略します)について。

「自分が納得できるテクスチャを用意できないと何も始まらない」という段階なんだけど
残念ながらマーチャントリソースとして使えるPE用テクスチャがほとんど存在しないので
「こりゃ自分で作るしかないのかな?」と、ツール選びから地味にスタート。
いくつか試した結果、「Poser用のテクスチャを作るなら、やっぱりBlacksmith3Dかな」
ということで。

Blacksmith3D
https://www.blacksmith3d.com/


このツールにはTexture Transformerというテクスチャコンバータ機能があり
プラグインを追加することでV4用テクスチャをG3F用やDawn用に変換できるんですが
PE用に変換できるプラグインはまだない模様。

TT plug-in for Project Evolution @Renderosity Forum
https://www.renderosity.com/mod/forumpro/?thread_id=2920771


なんと↑のフォーラムにてBlacksmith3Dの作者による「プラグインの開発には時間も
お金もかかるので、 V4 to PE、G2F to PE、Dawn to PE、G3F to PEなどの中から一番あなたが
欲しい組み合わせを教えてくれよ」というレスを見つけたので、私も遅ればせながら
「My vote for V4 to PE.」と一票を投じさせていただきました。
この件に興味あるあなた!あなたもぜひ「V4 to PE」に一票いれちゃってください。
よろしくお願いします。






Tag: <>project-E
Category: Poser全般

ProjectE ONEx 公開
今回は、ONExONExONE Bundleについて。



ProjectEvolution ONE X Addon

erogenesis氏が当初からONExという略称を使っていたので、当ブログでも
これに倣います。

rotica_onex01.jpg

前々回の記事に書いた通り、erogenesis氏の事前予告ではCGBytesでも販売しそうな
書き方だったんですが、実際にはRenderoticaでのみ販売することになったようで
モザイク無しではFC2ブログに載せられないくらい肌色な商品ページです。
価格は、$12.00
ただし、Early Editionユーザーはクーポンがもらえるので少し安くなります。


Renderotica - Project-Evolution-ONE-X-Addon
http://www.renderotica.com/store/sku/59353_Project-Evolution-ONE-X-Addon



そのクーポンの入手方法なんですが、SmithMicroのフォーラムにある最新情報の
スレッドにerogenesis氏本人が「Early Editionユーザーはアップデータと割引クーポンを
入手するためにメールDownloadsページをチェックしてくれ(Early Editioners, CHECK
YOUR EMAIL or downloads for updates and a coupon code for a discount for ONE X.)」と
書いてありました…が、なぜか私のところにはメールが届かず。
なわけで、前回の記事で説明した方法でCGBytesとRenderoticaを確認したところ、
両方のDownloadsページに

 ・COUPON-FOR-ONE-X-EARLY-EDITON.txt

というテキストファイルがありました。
やった!クーポンコードをGETだぜ!

割引期間は、8月15日まで(たぶん米国時間)。
「$12 が $7 になるよ!」ということなのでRenderoticaでONExの購入手続きを
進めてみましたが、クーポンコードを入力してもなぜか$8にしかなりませんでした。
まぁ個人的に「$1くらいはチップ」ということで気にせずお支払いしてしまいましたが、
気になる人は問合せをしてみても良いのではないでしょーか。(自己責任でヨロ

支払いを済ませたら、次はONExのファイルを入手します。
RenderoticaのDownloadsページにSKU Name「Project Evolution ONE X Addon」の
アイテムが3つ追加されているので、その中のひとつ

 ・6-EVOLUTION-ONE-X-Addon.zip

をダウンロードしてください。
他のテキストとPDFのファイルはZIPの中にあるのでダウンロードする必要ありません。

ちなみにこの「6-EVOLUTION-ONE-X-Addon.zip」はONEの差分なので
ONEのインストールもきちんと済ませておきましょう。

rotica_onex03.jpg

はい、これでライブラリ窓にONExが無事追加されました。
(ONEとONExのPoser10用ベースフィギュアは使うことがないので別フォルダにまとめました)



The ONE X ONE Bundle!

最後に、Early Editionユーザーではない新規ユーザー用のバンドル品。

rotica_onex02.jpg

新規ユーザー用なので、Early Editionのインストールは必要ありません。
価格は$37.99
(ついうっかりどちらか一方を単品買いしちゃった場合は値引きあり。)



今回は以上です。
今後はONEをベースにEarly Editionとの違いなどに留意しながら各種モーフの確認を
してみようと思います。



Tag: <>project-E
Category: Poser全般


Create stunning models for 3D software free