Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Dimension3D氏、死去
Poser Pythonの巨匠Dimension3DことRalf Sesseler氏がお亡くなりになりました。

Legend Dimension3D Ralf Sessler passed away.
https://www.renderosity.com/mod/forumpro/?thread_id=2913745


erogenesis氏により6/4にこの第一報がありました。
Dimension3D氏は雲の上の存在というか、まさに「Legend」な存在でした。

Dimension3D氏のツールは、私がPoserを扱う際になくてはならない必需品ばかり。
私がこのブログで紹介している自作以外のPythonツールはほぼすべて氏のものです。
うーん…
Poser File Editorの修正依頼を後回しにしてしまったことが本当に悔やまれます。

このブログを「Dimension3D」で検索↓した結果を表示
http://manihoni.blog103.fc2.com/?q=Dimension3D

Dimension3D氏のツールは、私に限らず多くのPoserユーザーにとって必需品で
ありつづけることでしょう。
天国のDimension3D氏に深く感謝。


スポンサーサイト

Tag: <>Python
Category: Poser全般

Project Eの続報2
私個人としてはけっこうな大ネタなんですが、一般的なPoser界隈ではたぶん小ネタ。

Project E は、いったいどうなっちゃったのよ?

とお嘆きのみなさん(かなりマイナー)に最新情報をお届けしませう。
まぁ、本気で気にしてる人は自分でCGbyteのフォーラムをチェックしてるんじゃね?
という気もしますが。
Project Eの動向=erogenesis氏の動向というわけで、ザザッといきます。


・作者のerogenesis氏は南アからUKへお引越し完了。

・お引越し直後ロチカでTaB!販売開始。
 新旧&男女様々なフィギュアに対応したチンコです。
 Poser用は、M4, V4, James, Rex, Paul, Pauline, G2M, G2F
 DAZStudio用は、M4, V4, G2M, G2F もしくは M4, V4, G3M, G3F
 ソフトと対応フィギュアによって3種類のコアパッケージがありますね。
 興味がある人はご自分の目でお確かめください。
 http://www.renderotica.com/content-artists/Erogenesis/689

・現在はTaB!のサポートをしつつ、Project Eの開発に奮闘中。
 フォーラムでの本人の言葉を読む限りでは、意欲はまったく衰えておらず
 「金稼ぎのためにフィギュアをコロコロ変える大会社から、マーケットを俺たちの手に
  取り戻そうぜ!(思いっきり意訳)」的な気炎をあげております。


以上、時系列やらなにやら私が勘違いしてる部分もあるかと思いますが
たぶん大筋は間違ってないはず。
マッタリ待つでござるよ。



Category: Poser全般

ERCとクロストーク
前々回の記事「スーパーコンフォーミング服をコンフォーミング服に戻す」で
「後日何か書くかも」と言っていたアレです。
みなさんご存知のように私の書く解説は「私はこう覚えてるよ」という勢いだけのものなので
もっと正確な技術情報を知りたい方は、これを手がかりにご自分でお調べください。


さて、さっそくモーフを連動させる仕組みのERCについて。
Enhanced Remote Controlの略で、簡単に言うと「パーツAのモーフをパーツBのダイアルで
遠隔操作できるようにしましょう」という仕組みです。
erc.png

FBM (Full Body Moprh) はこの仕組みを利用して、各パーツにちらばっているモーフ群を
すべて連動させて、Body階層のダイアルで一括操作できるようにしたものです。
詳しく知りたい人は↓のページをどうぞ。(英語です)

 ・ERC (Enhanced Remote Control)
     http://www.rbtwhiz.com/rbtwhiz_ERC.html


次にクロストーク
元々は同一フィギュア内で作用する仕組みだったERCが、記述の一部をちょっと変えたら
別のフィギュアにも作用させることができました、というちょっとイレギュラーなERCの効果を
指すものだと私は認識しています。
例えば「フィギュアAの足のモーフダイアルをいじったら、フィギュアBの足が変形しちゃいました」
というような感じ。
このクロストークがどのような記述でどのように発現するのかは、Poserのバージョンによっても
変化しますし、当然DAZ Studioとも異なります。

スーパーコンフォーミングは、前述のクロストークを人体フィギュアと
コンフォーム服の間に狙い撃ちで発生させる仕組みで、限定的で洗練されたクロストークの
使い方だと考えるとわかりやすいかと思います。

クロストークとスーパーコンフォーミングについてさらに詳しく知りたい人は↓のページをどうぞ。
(最後のだけ英語のサイトです)

 ・操・活・解 モーフのクロストーク その1:仕組み
     http://kotozone.blog55.fc2.com/blog-entry-171.html


 ・Poserとの互換性について: 豆腐アラモード
     http://tofusan.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/poser-7c3c.html


 ・流転四界ぶろぐ |フィギュア番号と連動記述
     http://rutenshikai.blog63.fc2.com/blog-entry-192.html


 ・スーパーコンフォーミング化について
     http://www.forum3d.net/bbs/index.php?topic=536.0


 ・Nerd3D - Using Super Conforming Figures
     http://www.nerd3d.com/modules.php?name=Content&pa=showpage&pid=12




今回は以上ですー

Tag: <>HOWTO
Category: Poser全般


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。