Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


GearPunk
GearPunk20100512b.jpg
トリミング無しの画像はこちら (Gallery@Renderosity)。

さて、久しぶりのPINUP風レンダリングです。
…ていうか、ほぼ1ヶ月ぶりのブログ更新だorz
言いたいことは基本的にTwitterで済ませちゃってるからねぇ^^;

えーーっと、まずキャラについて。
■READ MORE

Tag: <>PIC <>V4.2 <>NGM
Category: Poser全般

V4 NGM Magnet Fits (DAZ)
※2009.2.18 一部修正
※2009.6.30 Dimension3D関連のリンクを修正
※2010.7.4 2番目の項目を修正

さて、一部のみなさん大変お待たせいたしました。
いきなりですが「V4 NGM Magnet Fits」の使い方講座です。

「なんですかそれ?」という方に簡単に説明すると、Posermatic氏の Natural Gravity Morphs
(略してNGM)に服をフィットさせるためのマグネットセットです。
NGM for V4」と「NGM Petite for V4」に対応しています。
またMorph++のBreast関連のモーフもこれによって追加することができます。



準備するもの。

  ・V4 NGM Magnet Fits
    DAZで購入します。通常価格$14.95。
    ちと高いような気もしますが、NGM使いならすぐに元が取れるでしょう^^

  ・Spawn FBM
    Dimension3Dさんのサイトのこのページに置いてあるフリーのPythonスクリプト。
    V4 NGM Magnet Fitsによる変形結果をボタン一発でFBMにしてくれます。

  ・Delete Magnets
    http://www.ockhamsbungalow.com/Python/にあるフリーのPythonスクリプト。
    V4 NGM Magnet Fitsによって追加されたマグネットをボタン一発で削除してくれます。

  ※aremarさんの情報によると、日本語版PoserではSpawn FBMDelete Magnets
   そのまま使えないようです^^;
   コメント欄にaremarさんがPythonスクリプトの書き換えに関する情報を書いてくれているので
   要チェック!





手順。(インストールなどの基本操作はマニュアルなどで各自調べてくだされ。)

1)Pythonスクリプトの準備
  Spawn FBMDelete MagnetsをPython Scriptsパレットに登録します。
  

2)新規シーンに服をロード
  Figure番号とかが変わってしまうと服に元から入っていたモーフなどが動かなくなって
  しまうことがあるので、新規シーンに服だけをロードしたほうが安全です。

  フィギュアを選択した状態で衣服をロードし、フィギュアに着用させます。
  ※衣服にフィギュア連動のERCが含まれている可能性があるので、フィギュアを選択して
   ロード&なるべく着用状態で作業します。
   衣服だけロードすると ERCが破棄されてしまいます。

  というForum3Dでkyotaro先生が説明されている方法のほうが正しいようですm(_ _)m
  kyotaro先生自身が書いた元記事は↓
  Re:Morph Magnet Fitsの使い方の質問@Forum3D
  そんなわけで、以下の「服だけの画像」は正確ではないのですが、めんどくさいので以下略
  ※思いっきり蛇足ですが、私は「フィギュア連動のERC」というのが好きじゃないので
   意図的にそういう連動をぶっ壊してたのかもしれない…と言い訳してみる。


  今回はV4 Morphing Fantasy Dressを使用してみます。
  

3)服にV4 NGM Magnet Fitsを適用
  服を選択した状態でライブラリのPropsにあるV4 NGM Magnet Fitsを読み込みます。
  モーフ別にひとつずつ処理していく必要があるので地味な作業です。
  今回は「NGM_0」を読み込んでみます。
  
  
  部位をChestにするとマグネットが配置されていることを確認できますが、作業中は
  変形したことだけ確認できればいいので、部位は気にせずにどんどん進めちゃってOKです。
  ※マグネットを適用する際は、その服が選択されていれば部位はどこでもかまいません。

4)FBM(正確にはPBM)に変換する
  Pythonパレットの「Spawn FBM」をポチッと押します。
  すると下のウィンドウが開きます。
  
  まず重要なポイントは、Nameです。
  ここで入力した名前がFBM名になるわけですが、フィギュアと服のモーフパラメータの同期を
  Copy Morphsのようなスクリプトで行っている人は、モーフ名を完全に一致させる必要が
  あります。
  モーフ名を後から変更することも可能ですが、ERCなど関連したパラメータ名なども変更
  しなければいけなくなるケースもあるので、できればこの時点で正確なモーフ名を付けておいた
  ほうがいいでしょう。
  幸いなことにV4 NGM Magnet Fitsのライブラリに並んでいるアイコン名は、正確なモーフ名と
  一致するので、これを見ながら間違えないように入力してください。

  ※事前にモーフ名の一覧テキストを作っておくと、コピペだけで済むからラクチンです。

※Copy Morphsの場合、BODY階層でのパラメータ名を一致させる必要があるので、NGMの
モーフ名は「NGM_ x」(「NGM_」と「x」の間に半角スペースが入る)にしておく必要があります。
また、V4 NGM Magnet Fitsに同梱されているV4 Morphs(Morph++の胸用Fitマグネット)は、
アイコン名がけっこう間違っています。(Breastsの最期のsが抜けていたり)
これを利用する場合は、事前にアイコン名を修正しておくことをお薦めします。

詳しくは2009.2.18の記事「Copy Morphs」をご覧ください。




  次に右側の部位リストですが、V4 NGM Magnet Fitsの場合は、「Chest」と「Abdomen
  だけで十分かなーと思います。
  ※初期状態では、その服のすべての部位が全選択状態になっています。そのままでも
   問題はないだろうと思いますが、CR2を肥大化させるのは私の趣味じゃないので^^;

  で、上記の処理を済ませてOKボタンを押すと、BODYのパラメータの最下部にFBMが
  追加されます。
  

5)マグネットを削除する
  Delete Magnetsをポチっとな。
  これだけで選択したフィギュア(今回は服)のマグネットをすべて削除できます。



以上の処理を必要なモーフ分だけ繰り返し、最後にライブラリに登録したら終了。
NGMを使用したV4に服を着せたいときは、ライブラリに登録しておいた服を使用することに
なります。

・・・と、簡単に説明しましたが、まだ私自身1~2回しか使用していないし、そもそも
マグネットの扱いに慣れていないので、何か間違ってる部分があるかもしれません^^;
お気づきの方はツッコミよろしく~~~~

Tag: <>HOWTO <>NGM
Category: Poser全般

V4 NGM Magnet Fits
DAZの新製品 V4 NGM Magnet Fits が発売されてますよ、奥さん!!



Reg. Price: $14.95
Sale Price: $11.21
Save 25% through 09/24/2008

※2012.9.30現在、50%offの$7.48。

ってことなので、NGMファンのみなさん、25%OFFの間に忘れずにゲットしませう!

これまでNGMを適用したフィギュアに服をフィットさせる方法は

・WW2を使ってモーフを埋め込む
・MorhClothを使ってモーフを埋め込む
・マグネットを使う
・外部ツール(Hexsagonなど)を使って手作業でモーフを作成する

など、いくつかの合わせ技も駆使しておこなうしかありませんでした。
WW2やMorphClothといった「モーフを自動作成するツール」を使った場合、
服の乳下や谷間部分が必ずといっていいほど破綻してしまうので、私は「どうしても」という
場合にHexsagonでその服専用のモーフを自作していましたorz
しかし、もうそんな悩みも解消!!
たぶん解消!!
きっと解消!!

てなわけで、時間が出来たらじっくり(?)検証してレポートしたいと思います。

Tag: <>NGM <>V4.2 <>Sale
Category: Poser全般

NGMがDAZに上陸 !!!
NGMファンのみなさんこんにちは^^

いつものようにDAZのページをぼーっと巡回していたら・・・・ななななんですと!!???
Posermatic先生のNGMが商品として並んでいるではないですか!!!

NGM for V4 and V4 Basicwear


商品内容はというと、

 ・Natural Gravity Morphs for V4
 ・NGM Petite for V4
 ・Natural Gravity Morphs for V4 Basicwear

この3本が1パッケージになって、5/29まで40%OFFの$16.77 !!!
※2012.9.30現在、50%offの$13.98で販売されています。
新商品である「BasicWearをNGMにFITさせるモーフ」& 通常レンダロで各$9.20で売られている
NGM for V4 と NGM Petite for V4 を全部あわせてこのお値段・・・・
まさに「オーマイガ!!(英語でチャットするときは「OMG !」と書く)」ですよ。

レンダロで「Petite買おうかな~どうしようかな~」と保留していたので
この際なんで買っちゃいますハァハァ

<追記>
「よっしゃ!ダウンロードおわったぜー」と、意気揚々ワクワクしていてふと気づいた。
肝心のV4 Basicwearを持ってないorz

A4のときもそうだったけど、「これもこれも使わないだろうし、Completeセットはパス」といつも
最低限必要なものだけバラ買いしてしまうのですよ^^;
うーん、今回もその罠にはまってしまった・・・・
こーなったら、ガツーンと買っちゃいますよ!!!
ということで、V4 Basicwear単品買いを決行。

Basicwear for V4 Unimesh

※2012.9.30現在、V4 Basicwearは A4やG4・Eliteなどのモーフが追加された
 「Basicwear for V4 Unimesh」と名称で販売されています。

でも、ほら、6/2まで30%OFFだし、プレミアム値引きもあるし・・・(と自分を慰めてみる)

Tag: <>NGM <>Sale <>V4.2
Category: Poser全般

Dance with me ?

トリミングなしのデカイ画像は、レンダロのギャラリーへどうぞ。→ココ
※このブログのトリミングのほうが画面に迫力あるので、レンダロのほうもトリミングしたものに
 差し替えておきました~

はーい、GND4です。
ついに自らに課していた「レンダロでは裸絵以外で勝負」というお約束を破りました。
男祭りで野郎絵ばっかりだったし、ギャップ勝負の意味も込めて^^

The Girl Next Door 4: Athletic (Blackhearted / Renderosity)
発売されてけっこうすぐに購入して一度だけ使ってみたんだけど顔(というかアゴ)が
気に入らなくてHDDの肥やしになりかけてましたが、今回使用することができました。
頭部はHexagonで作ったモーフと、V4 Morph++などの組み合わせ。

NGM for GND4 (Posermatic / Renderosity)
これも見つけて即行で購入。まぁ、当然ですね。

FR-Madison (Freja / Renderosity)
GND4のデフォルトのスキンがイマイチ気に入らなくて、他のV4キャラのスキンを
いろいろ試して一番しっくりくるものを選択。

Anime Hair (Bobbie25 & SWAM / DAZ3D)
これも少し前に購入していたもの。

Angeluz Fantasy Armor (Vampir3Princess&Lesthat / DAZ3D)
このアーマーもやっと使えました。
腕足ともにオリジナルのマテリアルの色味を調整。腕部分はバンプマップも作成しました。

GND4: Bikini 01 (Blackhearted / Renderosity)
GND4作者ご本人が作成したビキニ。下だけ使用。

Arkana for V4 (Val3dArt / Renderosity)
D3の被り物用に購入したArkanaに入っていたネックレス。
非常に味があって、画面が引き締まります。

Brenin Patio (Danie / DAZ3D)
以前も一度使用したことがある背景セットの土台部分のみ使用。

ポーズ&ライトはいつものように(以下略
レンダリ(以下略

次は、Aliceかな。

Tag: <>PIC <>NGM <>GND4
Category: Poser全般

Miki2 custom でもう一枚

※デカイ画像は、レンダロのギャラリーへどうぞ。→ココ

前回と同じモーフを使って、表情やポーズ、ライティングなどを変えてみましたよ^^
ぜんぜん雰囲気が違ってまるで別人っすね~
追加で使用した素材は以下の通り。

Shirts : His 'n' Hers Shirts (Free / www.morphography.uk.vu)
Background : Warehouse Add-on (Free / luckydragonsden.greatnow.com)

今回はまたDCを使ってみましたが、やー、なかなか思ったとおりにいかないもんです。
特に「こういう感じで」っていうのがない場合は、シミュレーションの結果の偶然性に完全に
頼っちゃって簡単なんですが、最初からイメージが固まってる場合はそのとおりにもっていくのは
至難の業です^^; (ぶっちゃけこの結果もかなり妥協してます。)

ポーズとライティングはもちろん自前で。
ライトは私にしては珍しく、すべてスポット光源x5(レイトレース影アリが2)です。
レンダリングは、Poser7eで。
背景ありとなしで、1500x1000くらいのサイズを2回ね。
ポストワークは、水着のプチ修正と人物のトーン調整くらいで、顔はほとんどいじってません^^

前回の画像がレンダロで反応薄かったんだけど、今回はどうかな・・・ってのが気になるところ。

Tag: <>Miki2 <>NGM <>PIC
Category: Poser全般

Miki2 custom


やっとできた・・・・
※デカイ画像は、レンダロのギャラリーへどうぞ。→ココ
まずは使用した素材等の説明から~

Miki 2.0 Complete Figure Pack (コンパラUS)
 Poser7eのバージョンアップのときの特典価格で購入したもの・・・なんだけど、
 今コンパラUSでやってる$9.99セールのほうが安いという事実orz
 おなかのぽっこり感などDAZ製ベースフィギュアにはない良さがあるものの、
 クセが強くていじりにくい頭部やちょっと大きく曲げると破綻する関節など、
 正直あまりおすすめできません^^;

・たをるじ日記で有名な赤木タヲルさんのMiki2.0用「Headモーフ(TNG_Mk2HdMt)」と
 「Bodyモーフ(TNG_Mk2BdMt)」
 前回の記事にも書いたとおり、なんと無料。
 あ・・・結局「腕用マグネットモーフ」は使用しませんでした^^;
 上の画像の頭部は、このモーフで基本的な形を作って、最終的にOBJ出力して
 SHAPERを経由してHexagonで整えました。

Hot Luca Hair (Renderosity)
 A3用に購入して放置していたこの髪。最近V4&A4対応のアップデートされましたね^^
 Miki2には対応してませんが、Headにペアレントしてサイズと位置調整をするだけで
 けっこう簡単にFITします。

・定番のNGM for Miki2 (Renderosity)

・BAT御大のMicroBikini/R3 (Renderosity)
 WW2で 「TY2用 > Miki2用」 に変換しましたが、ここまでぴっちりしてる水着だと
 そのままでは使えないので、Miki2基本体型・Fairyモーフ・NGM-GとFの4つのFBMを
 Hexagonを使って作成。
 あと、マテリアルには先日レンダロで購入したEven More Materials Vol 6を使用しました。


というわけで、MiniHoni流Miki2の完成です。
Miki2はどうしても「地味」「暗い」「やぼったい」というイメージが強いので、できるだけ明るく
グラビアアイドル風を狙ってみました。
顔はMiki2風味がほとんど残らないくらいに形もテクスチャもカスタムしまくりました。
体型に関しては、少し細めにしてウエストをしぼって、NGMを注入したくらいですね。
おなかのふにっとした感じを残さないと、それこそMiki2を使った意味ありませんからねぇ・・・

とにかく今回は、Poserを使ってる時間よりHexagonをいじってる時間のほうが長かったっす。
いや~~~~いろいろ勉強になりましたよ。
形を整えるだけならなんとかなるんだけど、他のモーフとかとの整合性とかまでは考えるのは
さすがにまだ無理^^;

Tag: <>Miki2 <>NGM <>PIC
Category: Poser全般

Ruka for A4 (by VOLT)

大きな画像&素材リストは、Froum3Dの「瑠香(Ruka)展」へ。
さらに大きな画像は、Renderosityのこちらへどうぞ。

この画像は、Forum3Dの「瑠香(Ruka)展」用に作ったもの。
Rukaというのは、VOLTさん作のA4用モーフキャラで、この「瑠香(Ruka)展」への参加表明を
した人にのみ配布されているものです^^

今回は、WW2を使ってV4&A4用の服にNGMを仕込んでみました^^
手順は以下の通り。

1)Poser起動。
2)V4を読み込んでNGMをINJ。
3)V4が選択されていることを確認して、プラグイン版WW2の「Analyze Full Body Morphs
  を選択し、解析したいFBMを選んでOK。
  ※複数選択すると、それぞれ個々にモーフを解析してくれます。

上記の作業は最初の一回目だけ必要で、解析データ(.MOR)がWW2の中にストックされます。
今後NGMのFBMを服に追加する場合は、これを再利用することになります。
ここから先は、スタンドアローン版でもOKですが、解析データをスタンドアローン版の
該当ディレクトリにコピーしておくか、ジャンクションで同期させる必要があります。

4)WW2のConvertウィンドウで服(.CR2)を選んで、変換元も変換先も「V4.1」を選びます。
5)Keep Exist Morphs」と「Add FBM's」のチェックを入れ、その他の項目も必要に応じてON。
  ※aachanさんの解説「Wardrobe Wizard 2(プラグイン版)」を参照してください^^
6)Convert」ボタンを押して、まず最初に元々服に入っているFBMのどれを残すか
  選択します。全部残してOKでしょう。
7)次に、追加するFBMを選択します。
8)OKを押すとコンバート開始です。
  ※Cancelを押してもコンバート開始されます。この辺改良してほしいなぁ。

基本的にはこれでOKなはず。
少なくとも私はこの作業でなんとかなってます。

私はベース(V4)モーフと服のモーフを同じ数値にあわせるときにDimention 3Dというサイトが
Freeで配布しているCopy MorphsというPythonスクリプトを利用してるんですが、これを使って
NGMの数値をあわせてもうまくフィットしてくれないことのほうが多いです。
まぁ、無理やり服に仕込んでるので贅沢はいえません。
どうしても形が微妙に崩れたりゆがんだりしてしまうので、どうしても気になる場合は
マグネットやモーフパテで修正することになりますね。
私はマグネットはほとんど触ってないのでわかりません^^; この画像の服の修正も
全部モーフパテで済ませてます。

あと、毎回「普通にいい感じのアクセサリー」ってのを見つけるのに苦労してます。
いいアクセサリーセットをご存知の方、情報プリーズ^^

Tag: <>A4 <>NGM <>WW2 <>PIC
Category: Poser全般

Wardrobe Wizard 2.0
Wardrobe Wizard 2.0に関する情報をつらつらと。
追加情報がある場合はこの記事に追加していきます。

まずは本家。
Wardrobe Wizard 2.0 @PhilC Designs Ltd.
本家のオンラインストアと、あとコンパラからも購入できます。
WW2本体のみでは扱えるフィギュアの種類が少ないので、自分が扱いたいフィギュア用の
サポートファイルを別途購入する必要があります。
それから、本家ストアとコンパラのどちらから購入した場合でも、購入後にメールを送信して
シリアルデータを直接送ってもらう必要があります。(送信方法は添付のRead meを読むべし)
メールの返信は迅速でした^^



お次は、諸先輩方の書かれたありがたいTIPSページへのリンク。

Wardrobe Wizard 2(プラグイン版) @Boserist (aachanさん)
私の知る限りでは、今日本語で書かれた一番よくまとまった解説ページです。
スタンドアローン版の解説もあります。

WardrobeWizard2 @ Forum3DWiki
WW2の公式HELPページの日本語訳などがそろっています^^
(2008.03.16 T2さんから情報をいただきました^^)

・Wardrobe Wizard 2関連スレッド @Forum3D
日本語での情報交換場所。最新情報もここをチェック。

虹の彼方のポザの国~WW2解説編~。 @たをるじ日記inBrog (赤木タヲルさん)
ベテランの視点で書かれたブログ記事です。



ManiHoniの覚え書き

・異なるフィギュア用の変換もいいけど、同じフィギュア用にFBMを仕込むのに使える。
 例えば、V4.2用の服にA4モーフを仕込むとか、NGMを仕込むとか、そんな感じで。

・NGMの場合は完全に「乳の部分だけ」しかモーフ対象になっていないので服の形状に
 よってはかなり破綻します。
 そのままでセーフなのは、身体にフィットしたボディースーツ系くらいかな。
 それ以外の服の場合は、モーフパテなどで修正しないと服がかなり嘘っぽくなります。
 (追記2008.03.16 追加したFBMと元のNGMの数値をあわせただけではフィットしない場合が
  あります。また横乳の部分はあとでパテ等で修正をする必要がある場合が多いようです。)

・抽出したFBMのデータはプラグイン版のほうにしか入っていないので、スタンドアローン版
 でも使いたい場合は、該当のフォルダをジャンクションするといい。

Tag: <>WW2 <>NGM
Category: Tool

久しぶりにA3

※デカイ画像は、レンダロのギャラリーへどうぞ。→ココ

さて、前回予告した通り、A3でございますよ~
A4(というかV4)に慣れてしまうと、表情付けが恐ろしく難しかったです。
というのも、V4の場合、最初から「Morphs | Shapes」と「「Morphs | Expressions」などの
項目ごとにパラメータが別れているので目的のモーフを探しやすいのです。
でもやっぱりA3ならではのデフォルメ感がいいものがありますね^^

HEAD: A3 + Salome (Sarsa, Thorne / Renderosity)
A3といえばSarsa&Thorne兄妹でしょーってことで、Salomeを頭部に使用して微調整。

BODY: A3 + NGM for A3 (Posermatic / Renderosity)
ここで「おや?」っと思ったあなたは正しい^^

Cloth: Techno Tabby A3 (DAZ) + Wardrobe Wizard 2.0
ということで、WW2の登場です。
A3用の服をA3に着せるんだから必要ないんじゃ・・と思うかもしれませんが、なんと
WW2でNGMのモーフを移植できるんですね~~~
やってみて自分でもびっくり。
先にFBM抽出でNGMのモーフデータの元を作っておけば、元々がA3用の服なのでかなり
高速に変換できます。
ただ、胸の部分だけしかモーフが移植されないので、乳下がちょっと破綻してしまいますね。
この画像では特に修正してませんが、服によってはモーフパテとかでの修正が必要かも。

HAIR: Hiro Hair (DAZ)
これはPropヘアなのでA4にも使えて便利です。(サイス調整とか必要だけど)

GUN: ArtemisX (DAZ) に入ってたやつ
$1.99セールのときに購入したけど使う機会がなかった品がこんなところで役立ちました。

BIKE: BIKE004 (Posermatic / RenderosityのニュースメールのFree品)
Techno Tabby A3を買ったとき、これを使ってみようと最初から思ってたんですよ^^
このブログのFree関連の記事にダウンロード先のリンクがあるから探してみよう。

ポーズとライトはオリジナル。

P.S.
いつの間にかレンダロのFavorite Artistsの29thに入ってました^^;
ありがたやありがたや。


Tag: <>A3 <>NGM <>PIC
Category: Poser全般


Create stunning models for 3D software free