Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Vueのレンダリング(その1)
ちょこちょこいじっていたら、レンダリングの設定によって影の出かたなどがかなり違うことに
気づいたので、ライトのことはひとまず横に置いて、レンダリングの設定関連を調べてみる。

rendering-icon.gif

画面の上にあるツールバーのレンダリングボタン。
これを右クリックするとレンダリング設定を簡単に呼び出せる。
レンダリング設定は、「Preset rendering quality」を大雑把に選ぶことができる。

・OpenGL
・Preview
・Final
・Broadcast
・Superior
・Ultra
・User setting

「OpenGL」と「Preview」は簡易レンダ。
「Broadcast」と「Superior」が動画向きレンダ。
「Final」と「Ultra」が静止画のフィニッシュ向きレンダ。
「User setting」は、文字通り自分で設定をいじれるもので、上級者向きだね。
私は素直に「Final」を選んでおくことにする。

レンダリングの解像度などは、「Render destination」の「Render to screen」を選択しておいて
設定ウィンドウの右上にある「Picture size and resolution」をいじれば変更できる。

あと、右下にある「Memory optimization」の「Clear OpenGL data before render」に
チェックを入れておけば、レンダリング開始時にメモリに溜まっているOpenGL関連のデータを
クリアしてくれるので、レンダリングに使用できるメモリが増えるらしい。

というわけで、レンダリングの基本設定はこれでOK。(たぶん)
問題は次の「Atomosphere(大気)」の設定だ。

atmosphere-icon.gif

画面の上にあるツールバーに、Atmosphere(大気)関連のボタンがふたつある。
左のボタンはAtmosphereファイル(.atm)の読み込み(左クリ)と保存(右クリ)。
ちなみにAtmosphereのDefaultのファイルは、読み込みダイアログのCollectionsの中の
Physicalカテゴリを選ぶと、一番左上に表示されます。

右のボタンがAtmosphere Editorの呼び出し。
このAtmosphere Editorで現在読み込まれている大気の設定を変更できるわけですが
まず気になるのが「Atmosphere model」という基本項目。
とりあえず各設定をデフォルト値のまんまレンダリングして比較してみました。
※レンダリングしたモデルは、大気=Default、プリミティブを3個並べてシンプルな色に変更したもの
※Lighting modelのデフォルトは、Global ambience。

・Standard model 標準大気モデル
 シンプルかつ編集しやすいタイプ(らしい)。レンダリングが高速。
Standard-model.jpg
(レンダリング時間:2秒)

・Volumetric model ボリュメトリック大気モデル
 StandardとSpectralの中間。
Volumetric-model.jpg
(レンダリング時間:3秒)

・Spectral model スペクトラル大気モデル
 Defaultの初期値はこれになっていることからも、オススメのタイプっぽい。
 Vue6のマニュアルには「ハイパーリアリスティックモデル」と書かれています。
 レンダリング速度は遅い。
Spectral-model.jpg
(レンダリング時間:3秒)

・Environment mapping 環境マッピング
 IBL/HDRIを利用する際に最適らしい。
Environment-mapping.jpg
(レンダリング時間:2秒 ※ただし、環境マップは未使用)

大気設定だけで影の出具合も含めたレンダリング結果がかなり違うことが判ります。
さらにこのEditorの「Light」の項目にレンダリング設定に深く関わる部分が「Lighting model
として隠されています。

・Standard 標準
・Global ambience グローバルアンビエンス
・Anbient occlusion 環境閉塞(いわゆるAO)
・Global illumination グローバルイルミネーション
・Global radiosity グローバルラジオシティ

うーん、大気設定にこんな項目を持ってきている3Dソフトってそうそうないんじゃないでしょうか?
(いつものように私が知らないだけかもしれないけどね!)
※比較レンダリングのAtmosphere modelは、Spectral modelを使用。
※justfitさんによる説明を追加しました。(2008.1.21)

Standard (レンダリング時間3秒)
standard.jpg

Global ambience (レンダリング時間3秒)
※環境光と太陽光の位置から、環境光の影響を決める。単純ながらも一応簡単な環境光のシミュレーションになる。 (by justfitさん)
Global-ambience.jpg

Anbient occlusion (レンダリング時間6秒)
※ポーザーと同じだがAOノードが必要ない。あるピクセルがどれぐらい「閉塞されているか/開放されているか」で環境光を演算する。またギャザーノードがVueにはないので、照り返しを反映することは出来ない。 (by justfitさん)
Anbient-occlusion.jpg

Global illumination (レンダリング時間6秒)
※天空を分割して、そこの色が物体周辺に影響する。GAよりは遅い。 (by justfitさん)
Global-illumination.jpg

Global radiosity (レンダリング時間6秒)
※ラジオシティアルゴリズムで空間分割を行い、環境(間接)光演算を行う。抜群に遅いが、リアリティは抜群になる。Vueの中でCausticsを除いて、唯一照り返しが演算されるモード。 (by justfitさん)
Global-radiosity.jpg

比較レンダ用に用意したデータがいまいちだったので、レンダリング時間はほとんど参考に
なりませんね^^;
「Global ambience」「Anbient occlusion」「Global illumination」もほとん変わらないように見えますが
影の部分に注目すると、ほのかな違いがわかるかと。

こんな感じで、Vueの場合は「Atmosphere」の設定が大きなカギを握っているといっても
過言ではないような気がしますが、いかがなもんでしょうか?>Vueユーザーの諸先輩方




Tag: <>Vue
Category: Tool

Vueのライト(その1)
VueをPoserの外部レンダラにする最大の利点は、Poserのマテリアルをかなり近い感じで
インポートできる点なのかな、と思います。(実際にまだ実感できるほど使いこなせてない)
しかし、ライトのかなーり違うのでちょっと苦労しそうです。

そんなわけで、Vueのライトについて勉強してみることにします。
(以下に記す各用語は、イーフロからダウンロードできるVue 6 PLE版に付属している日本語
マニュアルPDFと、Pioneerに付属している英語のマニュアルPDFを参考にしています。)

vue_light_icon.gif

画面左のツールバーにあるライトのボタンを長押しクリックしていると、この画像のように
追加できるライトを選択できます。

1) Point light [点光源]
   いわゆる「点光源」ですね。
   範囲限定光なので、リサイズすると影響範囲が変わる。

2) Quadratic point light  [二次減衰点光源]
   光の減衰が1と比べて急激に起こる点光源。

3) Spot light  [スポット光源]
   いわゆる「スポット光源」。
   範囲限定光なので、リサイズすると影響範囲が変わる。

4) Quadratic spot light  [二次減衰スポット光源]
   光の減衰が3と比べて急激に起こるスポット光源。

5) Directional light  [無限遠光源]
   主に「太陽」。デフォルトのシーンには、白色の無限遠光源が1個設置済み。
   位置とリサイズの影響は受けない。(方向が重要。)

6) Light panel  [照明パネル]
   パネル状のオブジェクトが発光している光源。

あと、Vueは本来景観CG作成ソフトなので、「環境光」のことを考えなければいけないようですが
「環境光」はレンダリング方法にもいろいろ関わってきてややこしそうなので、今はスルー。

1~5は「基本光源」。
この「基本光源」以外に「Area Lights(エリア光源)」というものもあり、6のLight panel(照明
パネル)か、既存のオブジェクトを「Convert to Area Light(光源の作成)」することで作成。
※「Convert to Area Light(光源の作成)」をすると、元の通常オブジェクトには戻せない。

これ以外に「発光(体)オブジェクト」というオブジェクト設定も可能なようですが、これはいわゆる
「グロー効果」のようで、原則としてオブジェクト自身が光っているように見えるだけで、他の
オブジェクトに対する照明効果はないようです。(これもレンダリング方法によって微妙に異なる
場合があるみたい。)


とりあえず今日はここまで。


Tag: <>Vue
Category: Tool

Vue 7 Pioneer (Open Beta)
以前一度VueをPoserの外部レンダラとして使ってみようかなぁ~と、心が揺れたことが
ありましたが、当時気になっていたVue 6 Infiniteのお値段が10万以上だったということもあり
結局お流れになってしまいました。
2008/5/29「気になるVue」を参照)

そして今回、またもやVueが気になり始めました。
F3DにVue専用のカテゴリもでき、そこで得た「ダウンロード販売が始まった」という情報に激しく
心が動いたってのが一番の理由ですが^^;
んで、実際に購入手続きを試してみたところ、どうやらダウンロード販売は「日本以外」が対象と
なっているもので、「日本人はイーフロからパッケージ版を買え(実質4~5万割高)」という
情け容赦ない結論を突きつけられましたorz

そこで目をつけたのが、Vue 7 Pioneer (Open Beta)
http://www.cornucopia3d.com/products/vue/vue_7_pioneer/

Open Betaということで現在無料。
(有料化された際は、$49.95で購入することになります。)
このPioneerは、自分に必要なモジュールを追加することで機能を拡張でき、
すべてのモジュールを揃えるとCompleteというグレードと同等になるというもの。
その気になるモジュールはというと、Cornucopia3dからダウンロード購入することが可能なので、
安価&ダウンロード購入可能という、私が一番望んでいた形でVueのスタートを切ることが^^

どんなモジュールが(私にとって)必須なのか、といった情報は、F3DのVue専用のカテゴリ
VueニュースにあるVue関連情報のスレッドに書いておきましたので、そちらをチェックして
みてください。
http://www.forum3d.net/bbs/index.php?topic=732.0


参考:Completeを基準に他のグレードとの機能比較できるページ
http://www.e-onsoftware.com/products/vue/vue_7_complete/index.php?page=19

Tag: <>Vue
Category: Tool

気になるVue
レンダロでMy Favorite Artists(お気に入りアーティスト)に登録している fabriced氏
ギャラリーをぼーっと見ていて、氏の作ったGND4の画像に激しくときめく。
これってVueでレンダリングしてるっぽい。
うーむ、Vueが欲しくなってきた・・・

やばい。
てか、Vueの日本語の情報ってものすごく少ないんだねぇ。
いろいろグレードあるみたいだけどよくわからんっす。
(他のソフトに目移りする前にCARRARAをちゃんと使ってやれという天の声が・・・)

で、近況はというと、自作キャラの眼のマテリアルになんとか目処が立ちました。
いろいろV4用の眼のリソースを無料のをGETしたり買ったりしたんだけど、MATが一番
ちゃんとしてたのが、RMMT Life Like Eyes V4でした。
他のはEye Surface用のマップが入ってないんだもんなぁ・・・
とはいえ、Tearのマップはこれにも入ってなかったんで、結局このマーチャントリソースの作者の
rebelmommyさんがRuntimeDNAで販売している RM Eliseya V4のTearのマップを参考に
自分でPhotoshopで作りました^^;
(ちなみに、瞳の部分も 3D.SK でゲットした写真を加工して自作。)

睫毛を作ったら、次はBODYだ!!




Tag: <>Vue
Category: Poser全般


Create stunning models for 3D software free