Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


PEの俺的ベース顔WIP2
mh_base_01_wip.jpg

諸般の事情によりしばらく中断していたPE用俺的キャラの作成を再開しました。
まずは俺的キャラには欠かせないであろう目のモーフを数種類追加。
あと、テクスチャの鼻の穴の部分を暗く塗りつぶし。
現段階では、デフューズテクスチャのみでFireFlyレンダリング。
ライトも簡単に2灯を当てただけです。

で、比較用の画像を一緒にいくつかアップ。
自分ではけっこう違いが出てきたように思うんだけど、こういうのって
第三者から見ると「どこが違うのかわからん」ということも多々あるので
もしよかったら率直な感想をコメントしていただけるとありがたいっす。

mh_base_01_compare_pe1.jpg
顔の具のバランスと耳の形に注目。

mh_base_01_compare_v4.jpg
いつもの(というにはもう時代遅れかもしれん)V4さん。

mh_base_01_compare_pe2.jpg
デフューズテクスチャのみ用のライティングのままレンダしたので激しくテカってます。

Renderosityから9月19日にリリースされるPoser11.2には、なんとHiveWire 3D製の
DawnとDuskのSE版, Baby Luna, 馬、ゴリラが付属フィギュアとして同梱される
ということなので、Poser界の流れにはまったく乗れてませんが
自分が楽しければいいのです。
趣味ですから。

hivewire.jpg
HiveWire’s Dawn, Dusk and Baby Luna are now included in Poser Pro 11
https://www.posersoftware.com/article/427/hivewires-dawn-dusk-and-baby-luna-are-now-included-in-poser-pro-11




Tag: <>project-E <>WIP
Category: Poser全般

PEの俺的ベース顔WIP
主に1か月前くらいにTwitterのほうで画像貼りつつボチボチとつぶやいてたんですが
PEの俺的ベース顔を超スローペースで作っています。
で、現状はこんな感じ。

MH_Base01_wip20190630_s.jpg
(クリックすると拡大表示するぜよ)

PEとV4のデフォルト顔の中間+俺的エッセンスな形状になっています。
モーフはPE付属のものを半分、ZBrushで追加したものを半分くらい使ってます。
PEの耳の基本形状がなんとなく宇宙人っぽい作りもの感満載だったので
地味に時間をかけていじりました。(自己満足

その追加したカスタムモーフの数々がこちら。
MH_Base01_moprh_wip20190630.png

ちなみに、テクスチャはAnnyのものをベースにレンダロのFreeStuffから入手できる
Face Texture Converterを利用してPE用に変換したものを使っています。
もちろんそのまままったく問題なく使えるはずもなく、PEのアップデートでまぶたのUVが
変更されたこともあって、思ったよりもてこずりました。

で、最終的には最新のPEのOBJからModo経由でUVマップを出力して、
↓のようにワイヤーフレームのどのあたりが実際のどの位置・境目にあたるのかを
地道に調べて結構な時間を使ったり。

UV_head_ud_20190531.png

実はまだ目の形状はほぼデフォルトのままなので、目尻を上げ下げしたり
上下まぶたに個性を加えられるモーフをいくつか追加しようと考えておりますが…
目を閉じたときに破綻しないように、目の開閉動作に連動させた差分モーフも
作らないといけなくなるので今からちょっと気が重い。
うーん、モチベ。



Tag: <>project-E <>WIP
Category: Poser全般

MH V4ish Body beta
INJ_MH_V4ish_Body_beta.png
MH_V4ish_Body_beta.zip (32kb)

タイトルのとおり、PEを「V4っぽい体型」にするためのINJポーズです。
あくまでも「っぽい」なので、厳密にV4と同じ体型というわけじゃありませんし、
この体型にしたからといってV4のコンフォーム服がそのまま使えるようになるという
わけでもありません。
あまり過剰な期待をしないようにお願いしますm(_ _)m

このINJポーズの最大の目的は、「モチベーションが向上するような基本体型の提供」なので
このV4ish体型をベースにして各自でお好みの体型に調節してくれることを期待します。

ちなみに、INJの中身はPEに最初から入っているパラメータを利用したFBMで
特殊なジオメトリモーフやマグネット変形などはおこなっていないため、PEに最適化された
服ならそのまま利用できる可能性が高いです。

MH_V4ish_compare_01_s.jpg
PEの初期体型とV4(本物)との比較。

MH_V4ish_compare_02_s.jpg
わりとV4に近いと思われるPE付属の体型プリセットSmexy LadayEmmaとも比較。
どちらも首が微妙に長いこと、くっきり目立つ肩上部の骨が違和感を醸し出してますね。

まだベータテスト段階なので、みなさんに使っていただいて率直な感想をこの記事にコメント
していただけると助かります。
(特に何も反応がないようなら、このままベータ版から正式版へ繰り上げます。)

次は基本となる頭部のINJポーズでも作ろうかねぇ


Tag: <>project-E <>Free
Category: Poser全般

INDEX:Project Evolution
この記事内のリンクをクリックするとそれぞれ別ページ(別タブ)で開きます。
2019.05.11更新。



Project Evolutionの作者Erogenesis氏のブログ


・Erogenesis Art
https://erogenesis.blogspot.com

18禁注意。英語。



Project EvolutionのDEMO版と製品版


・Project Evolution DEMO
http://www.cgbytes.com/store/sku/58317_Project-Evolution-DEMO

無料のDEMO版。英語。
同じものがRenderosityからも入手可能です。


・Project Evolution Early Edition
2018.07.23に販売終了。$29.99。英語。


・Project Evolution ONE
pe_one_thumb.jpg
http://www.cgbytes.com/store/sku/59279_Project-Evolution-ONE

Project Evolutionのベースフィギュア正式版。性器ナシ。$29.99。英語。
Early Editionユーザーには無償アップグレードあり。
同じものがRenderoticaからも購入可能。


・Project Evolution ONE X Addon
pe_onex_thumb.jpg
http://www.renderotica.com/store/sku/59353_Project-Evolution-ONE-X-Addon

販売場所がRenderoticaなので、18禁注意。
Project Evolution ONEのアダルト用差分。性器あり。$12.00。英語。
Early Editionユーザーには期間限定の割引クーポンあり。(詳しくはこちらで解説)


・The ONE X ONE Bundle!
pe_onexone_thumb.jpg
http://www.renderotica.com/store/sku/59384_The-ONE-X-ONE-Bundle!

販売場所がRenderoticaなので、18禁注意。
Project Evolution ONEとONExのバンドル品。$39.99。英語。


・Content Support Kit (Beta)
http://www.cgbytes.com/store/sku/58316_Project-Evolution-Content-Support-Kit-(Beta)

主にV4の服をPE用にコンバートしたりするためのツール群のベータ版。$5.00。英語。



Project Evolutionの情報を扱うフォーラムやWikiなど


・Project Evolution ONE coming soon!  @SmithMicro Forum
https://forum.smithmicro.com/topic/4106/project-evolution-one-coming-soon

SmithMicroのPoserフォーラムにあるスレッド。現在はたぶんここが一番活発。英語。

・Project Evolution for Poser  @SmithMicro Forum
https://forum.smithmicro.com/topic/2726/project-evolution-for-poser

SmithMicroのPoserフォーラムにあるスレッド。レス数が1000を超え、役目を終えたか?英語。

・Project Evolution - Commercial and Free Products that Support Her
https://forum.smithmicro.com/topic/2823/project-evolution-commercial-and-free-products-that-support-her

これもSmithMicroのPoserフォーラムにあるスレッド。服などのPE関連アイテムの紹介。英語。

・Project Evolution for Poser @Renderosity Forum
https://www.renderosity.com/mod/forumpro/?thread_id=2920147

Renderosityのフォーラムにあるスレッド。動きはない。英語。

・Project E General Discussion @CGBytes Forum
http://www.cgbytes.com/community/forums.aspx?g=topics&f=2925

CGBytesにある公式フォーラム。動きはない。英語。

・Project Evolution - Poser and Daz Studio Free Resources Wiki
https://poserdazfreebies.miraheze.org/wiki/Project_Evolution

フリーアイテム情報などいろいろ。英語。

・Poser大好きMNE
http://mneposer.blog109.fc2.com/

MNEさんのブログ。キャラモーフやDC服などの配布もなさってます。



当ブログにあるProject Evolution関連記事の目次


ProjectE ONE 公開 (2018/07/25)
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-491.html

公開場所・価格等のおおざっぱなまとめ。

ProjectE ONEx 公開 (2018/07/25)
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-492.html

公開場所・価格等のおおざっぱなまとめ。

Project Evolution Early Edition 公開 (2018/01/08)
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-472.html

公開場所・価格等のおおざっぱなまとめ。


以下は、Project Evolutionの標準モーフ。
Project Evolution ONEが対象です。(2019.05.09現在)
Early Editionでもほぼ共通。
INJ形式の追加はなく、最初から以下のモーフが本体に入ってます。

================
Bodyのパラメータ

PEの目のモーフ(その1 : Eyelids Shapes まぶたの形状(18種類)

PEの目のモーフ(その2 : Eye Shapes 眼球・涙腺・涙袋の形状(10種類)

PEの目のモーフ(その3 : Eye XYZ 眼球を伴った目のサイズや位置(18種類)

PEの鼻のモーフ : Nose Shapes, Nostril Shapes (27種類)

PEの口のモーフ(その1 : Philtrum Shapes, Mouth Shapes (16種類)

PEの口のモーフ(その2 : Lips XYZ (17種類)

PEの口のモーフ(その3 : Lip Shapes (17種類)

PEの頭部モーフ(その1 : Head Shapes, Face General shapes (26種類)

PEの頭部モーフ(その2 : Ethnic presets, Brow and forehead, Cheek Shapes (24種類)

PEの頭部モーフ(その3 : Chin and Jaw, Age and Gravity (27種類)

PEの耳モーフ : Ear Shapes (12種類)

PEのRIGコントロール : Rig Controls (5種類)

PEの体型プリセット : Body Presets (9種類)

================
ManiHoniオリジナルアイテム

MH V4ish Body beta : V4っぽい体型プリセットのベータ版

================

Tag: <>project-E
Category: Poser全般

PEの体型プリセット
PEの正式版(ONEとONE X)が発売されたのが去年の7月。
私自身の本業の多忙さもあるのですが、なんかこう「PEをPoserに読み込んでも
モチベーションがあがらない」というのが顕著なんですよね。
その原因をつらつらと考えるに、デフォルトの体型があまりにもあまりに
メリハリのないボヨ~ン体型だからではなかろうかと。

で、体型をいじってみようにもパラメータの分類や名称に個性的な部分が多く、
「ここをこういじりたい」という目的に辿り着けない有様で、そうなってくると
「もしかして俺の望むようなモーフがそもそも存在しないのでは?」というネガティブな
発想に陥ってしまったりするわけです。

そこで、とりあえずすでに用意されている体型プリセット9種類を観察・分析して
「あー、この部分はこのパラメータの影響なのね」とザックリお勉強することにしました。
今回使用したフィギュアはONE Xですが、無印のONEでもEarly Editionでも
同じ結果が得られるんじゃないかと思います。

Evlution ONE X P11(Body階層)
    ┗ Evolution Shapes and Presets
         ┗ SHAPING - Body and Face
              ┗ Body Presets

Body-Presets.jpg

ちなみに

Evlution ONE X P11(Body階層)
    ┗ Evolution Shapes and Presets
         ┗ CHARACTERS

このキャラモーフでもBody Presetsと同じものを含む合計13種類の体型を
試すことができますが、こちらは思いっきり個性的な顔のモーフも適用されてしまうため
たぶん冷静に体型だけを吟味することができません。お気を付けください。

(その他の情報はINDEX:Project Evolutionへどうぞ。)



どのパラメータが影響しているのかを確認する方法

Dependencies_icon.jpg

どのパラメータがどのパラメータに影響を及ぼしているのかを確認したい場合は
そのパラメータダイアルの右側にあるDependencies_icon.pngのアイコンをクリックしてください。
(あるいは、そのさらに右にあるトライアングルからプルダウンメニューを開き、
Edit Dependenciesを選択)
すると、次のような(あるいはもうひとつ下のような)ダイアログが開きます。

Edit_Dependencies_Keyed_Dependencies.jpg

Keyed DependenciesタブのDependent Parametersのリストが
マスターパラメータの影響を受けるパラメータ群です。
このキャプ画像で言えば、Body - Smexy Laydayがマスターパラメータで
このマスターパラメータを変更してウエストが細くなるモーフとしてBosy階層にある
RIG - Thin Waistが影響を与えていることがわかります。

Edit_Dependencies_Value_Operations.jpg

Value Operationsタブは、上記とは逆にリストにあるパラメータがマスターパラメータで
Character - Smexy LaydayCharacter - Smairaを変更すると
Body - Smexy Laydayがその体型として影響を与えていることになります。

この主と従の関係はややこしいので、自分でモーフを作る人でなければ厳密に覚える必要は
ないと思いますが、ただモーフをいじって遊ぶだけの人でもKeyed Dependenciesタブを
見てモーフの関連性を確認する方法は知っておいた方が便利です。









続きを読む

Tag: <>project-E
Category: Poser全般

"V4 to PE"に一票
なかなかゆっくり3Dする時間がなく、ブログも放置気味になってしまいました。

凝りもせずにProject Evolution(今後はPEと略します)について。

「自分が納得できるテクスチャを用意できないと何も始まらない」という段階なんだけど
残念ながらマーチャントリソースとして使えるPE用テクスチャがほとんど存在しないので
「こりゃ自分で作るしかないのかな?」と、ツール選びから地味にスタート。
いくつか試した結果、「Poser用のテクスチャを作るなら、やっぱりBlacksmith3Dかな」
ということで。

Blacksmith3D
https://www.blacksmith3d.com/


このツールにはTexture Transformerというテクスチャコンバータ機能があり
プラグインを追加することでV4用テクスチャをG3F用やDawn用に変換できるんですが
PE用に変換できるプラグインはまだない模様。

TT plug-in for Project Evolution @Renderosity Forum
https://www.renderosity.com/mod/forumpro/?thread_id=2920771


なんと↑のフォーラムにてBlacksmith3Dの作者による「プラグインの開発には時間も
お金もかかるので、 V4 to PE、G2F to PE、Dawn to PE、G3F to PEなどの中から一番あなたが
欲しい組み合わせを教えてくれよ」というレスを見つけたので、私も遅ればせながら
「My vote for V4 to PE.」と一票を投じさせていただきました。
この件に興味あるあなた!あなたもぜひ「V4 to PE」に一票いれちゃってください。
よろしくお願いします。






Tag: <>project-E
Category: Poser全般

ProjectE ONEx 公開
今回は、ONExONExONE Bundleについて。



ProjectEvolution ONE X Addon

erogenesis氏が当初からONExという略称を使っていたので、当ブログでも
これに倣います。

rotica_onex01.jpg

前々回の記事に書いた通り、erogenesis氏の事前予告ではCGBytesでも販売しそうな
書き方だったんですが、実際にはRenderoticaでのみ販売することになったようで
モザイク無しではFC2ブログに載せられないくらい肌色な商品ページです。
価格は、$12.00
ただし、Early Editionユーザーはクーポンがもらえるので少し安くなります。


Renderotica - Project-Evolution-ONE-X-Addon
http://www.renderotica.com/store/sku/59353_Project-Evolution-ONE-X-Addon



そのクーポンの入手方法なんですが、SmithMicroのフォーラムにある最新情報の
スレッドにerogenesis氏本人が「Early Editionユーザーはアップデータと割引クーポンを
入手するためにメールDownloadsページをチェックしてくれ(Early Editioners, CHECK
YOUR EMAIL or downloads for updates and a coupon code for a discount for ONE X.)」と
書いてありました…が、なぜか私のところにはメールが届かず。
なわけで、前回の記事で説明した方法でCGBytesとRenderoticaを確認したところ、
両方のDownloadsページに

 ・COUPON-FOR-ONE-X-EARLY-EDITON.txt

というテキストファイルがありました。
やった!クーポンコードをGETだぜ!

割引期間は、8月15日まで(たぶん米国時間)。
「$12 が $7 になるよ!」ということなのでRenderoticaでONExの購入手続きを
進めてみましたが、クーポンコードを入力してもなぜか$8にしかなりませんでした。
まぁ個人的に「$1くらいはチップ」ということで気にせずお支払いしてしまいましたが、
気になる人は問合せをしてみても良いのではないでしょーか。(自己責任でヨロ

支払いを済ませたら、次はONExのファイルを入手します。
RenderoticaのDownloadsページにSKU Name「Project Evolution ONE X Addon」の
アイテムが3つ追加されているので、その中のひとつ

 ・6-EVOLUTION-ONE-X-Addon.zip

をダウンロードしてください。
他のテキストとPDFのファイルはZIPの中にあるのでダウンロードする必要ありません。

ちなみにこの「6-EVOLUTION-ONE-X-Addon.zip」はONEの差分なので
ONEのインストールもきちんと済ませておきましょう。

rotica_onex03.jpg

はい、これでライブラリ窓にONExが無事追加されました。
(ONEとONExのPoser10用ベースフィギュアは使うことがないので別フォルダにまとめました)



The ONE X ONE Bundle!

最後に、Early Editionユーザーではない新規ユーザー用のバンドル品。

rotica_onex02.jpg

新規ユーザー用なので、Early Editionのインストールは必要ありません。
価格は$37.99
(ついうっかりどちらか一方を単品買いしちゃった場合は値引きあり。)



今回は以上です。
今後はONEをベースにEarly Editionとの違いなどに留意しながら各種モーフの確認を
してみようと思います。



Tag: <>project-E
Category: Poser全般

ProjectE ONE 公開
さて、ついにProjectEvolution ONEONExが公開されました。
現時点でわかっているEarly Editionユーザー向けの情報などをつらつらと。
※7月26日に追記あり



ProjectEvolution ONE

cgbytes_one01.jpg

ちょっと仕事が忙しかったのでブログ更新してませんでしたが、7月21日には
Early Editionユーザー向けの無償ダウンロードが開始されてましたね。
新規購入者向けの販売ページ公開は、7月23日。
価格は、$29.99

CGbytes - Store - Project-Evolution-ONE
http://www.cgbytes.com/store/sku/59279_Project-Evolution-ONE


Renderotica - Project-Evolution-ONE
http://www.renderotica.com/store/sku/59279_Project-Evolution-ONE


CGBytesRenderoticaは運営者が同じなので、商品番号も同じですね。
Early Editionを購入していたユーザーは、ONEの無償ダウンロードが可能です。
(両ショップのユーザー登録を統一している人はどちらからでもダウンロード可能。)

cgbytes_one02.jpg

ログインした後に右上に表示されている自分のユーザー名にマウスカーソルを乗せると
次のようなメニューがプルダウンするので、Dowmloadsのページに飛んでください。
すると、SKU Name「Project Evolution Early Edition」のダウンロードアイテムにONEの
ファイルが追加されているはずです。
その中からファイル名が「U-EVOLUTION-ONE-」で始まる6つのZIPファイルをダウンロード。
(ZIPファイルと同じ名前の「~README.txt」もリストに並んでますが、ZIPの中に同じものが
 入っているのでわざわざダウンロードする必要はありません。)


 ・U-EVOLUTION-ONE-Documentation-PLS-READ.zip

 ・U-EVOLUTION-ONE-OPTION-African-SF.zip

 ・U-EVOLUTION-ONE-OPTION-Base.zip

 ・U-EVOLUTION-ONE-OPTION-Characters.zip

 ・U-EVOLUTION-ONE-OPTION-Textures-1.zip

 ・U-EVOLUTION-ONE-OPTION-Textures-2.zip


このEarly Editionユーザー向けのONEの無償ダウンロードファイルは、
Early Editionの差分です。もしまだEarly Editionのインストールをしていない人は
Early Editionを先にインストールしてから、今回入手した差分ファイルを上書きインストール
してしまいましょう。

cgbytes_one03.jpg

Early Editionはそれ専用のフォルダを作ってぶちこんでおいて、Poser10用と11用の
ONEのサムネイルが並んだライブラリ窓。
(Poser10用のサムネイルも不要だから、ONExのインストが済んだら整理する予定。)




7月26日にContent Paradiseでも販売開始。
当然ながらコンパラによるONExの取り扱いはありません。
Project Evolution ONE
https://www.contentparadise.com/ProductDetails?id=30109


Renderosityでの販売はまだですね。(こっちは販売されない可能性もあり)





というわけで、Early Editionユーザー向けのONE情報でした。
次回はONExについて書きますね。










Tag: <>project-E
Category: Poser全般

速報&追記2) ProjectEvolution ONE さん
COMING SOON !です。
具体的な公開日に関する言及はまだない
(7/13追記:下記の一部に情報の追加あります)
(7/19追記:下記の一部に情報の追加あります)

20180710_pe_one_01.jpg
Project Evolution ONE coming soon! | Smith Micro Graphics Forum
https://forum.smithmicro.com/topic/4106/project-evolution-one-coming-soon

7月9日のSmithMicroのフォーラム↑が第一報ぽい。
(ログインしなくても記事は読めました)


11日に同フォーラムでRIGを設定する手順が公開されていました。
erogenesis氏はチュートリアルビデオを作りたいと考えている模様。
How to Rig for Project Evolution in 4 steps (bring a ball and chain)
https://forum.smithmicro.com/topic/4109/how-to-rig-for-project-evolution-in-4-steps-bring-a-ball-and-chain



7月12日にErogenesis氏のブログ↓でも情報公開開始。
Project Evolution! Wrapping up and moving on! @Erogenesis Art
https://erogenesis.blogspot.com/2018/07/project-evolution-wrapping-up-and.html

完全に18禁ブログなので閲覧注意で。



製品の構成と公開場所は次のとおり。

Project Evolution ONE
 ・Gens無しの「非18禁仕様」で、Early Editionを上書きするものではない。
 ・Early Editionとの互換性を保ちつつ改良・整理。
  (頭部のUVのまぶた部分に若干の変更がある点に注意)
 ・Early Editionのユーザーには無料。
 ・まず最初にCGbytesで公開され、その後すぐにContent Paradiseで公開される予定。
 ・Renderosityへの申請はさらにその後で。
  (全部一斉に申請をしてもerogenesis氏が対応できないからでないかと推測)

Project Evolution ONE X (Add ON)
 ・女性用Gensありの18禁仕様。
 ・Early Editionの上位バージョン+エロモーフ&ポーズ、という位置づけ。
  (ONEに上書きや追加するものではなく、単体で独立したフィギュアとして動作する)
  (古いシーンのためにEarly EditionをRuntime内に残しておいても問題はない)
 ・Early Editionのユーザーには割引クーポンが配布される
 ・CGbytesRenderoticaで公開される予定。(問題がなければONEと同時公開)

Project Evolution Futagirl (Add ON)
 ・フタナリです。(Erogenesis氏のブログに画像あり)
 ・PEの男性版の雛形になるかもしれない(約束はできませんが)、とのerogenesis談
 ・Early Editionのユーザーには割引あり。
 ・Early Editionのユーザーには割引クーポンが配布される
 ・CGbytesRenderoticaで公開される予定。(ONExの公開後に販売申請される)


さらに詳しいことを知りたい人は、最初のポストの2枚目の画像↓のすぐ下の
20180710_pe_one_02.jpg
Here is a new PDFという文字がリンクになっているので、PDFを右クリ保存して
ゆっくり読むなり画像を眺めるなりしてください。
(18禁でもOKな人はErogenesis氏のブログへ行くとさらにいろんな画像が見れます)

以上、速報2でした。



Tag: <>project-E
Category: Poser全般

PEのRIGコントロール
前回(PEの耳モーフ)の最後に「次はHead階層にある頭部モーフを~」と書きましたが
Body階層にあるRIGコントロールについて書き忘れてました。


まず、「RIG(リグ)」とは、何か?というところから。

「3D リグ コントローラ」でググってもらえばだいたいわかると思いますが、
おおまかにいうと「3Dモデルにアニメーションをつけるための仕組み(ボーン、ウェイト等)や
それを制御するためのインターフェイス(コントローラ、ハンドル等)
」を示す3D用語です。

後者のインターフェイスについては、Poser慣れしてる人なら「スカートなどのコンフォーム服の
裾をコントロールするためのハンドル」が一番イメージしやすいかと。
PEの場合、関節まわりと目や口の表情用に「小さな青い立方体のコントロールハンドル」が
最初から用意されています。



基本的にこの手のものは、ハンドルひとつひとつがパラメータを持っていて
どのハンドルのどのパラメータに変更が加えられているのかを確認するためには
ハンドルをひとつひとつ選択してみないとわからないため、一度加えた変更の修正や削除が
やりにくい、という難点があります。
(アニメーションパレットを直接見てキーの有無を確認・修正・削除するという方法もあるけど
 他の一般的なモーフパラメータと比べると作業工程が増えてしまうんだな)

だから、個人的に、「あとちょっと、ほんの少しだけ直感的にニュアンスを加えたい」という
最後の仕上げ段階以外には触ることがほとんどなく、特にこのPEのように顔にポチポチ浮いている
ような状態は最初のセットアップから最後の仕上げまではずっと邪魔でしかない。
てなわけで、私がPEのパラメータを紹介する画像を作るために最初にやったことは
コントロールハンドルを非表示にすることでした。

たぶん私以外にもそう感じている人がいるんじゃないかな?と思いつつ、今回の紹介。

Evlution P11 Base v1(Body階層)
    ┗ POSE Controls
         ┗ Rig Controls

ざっくりいきます。
(その他の情報はINDEX:Project Evolutionへどうぞ。)



Rig Controls (5種類)

RIG - Hide Body Controls (0.0~1.0)
コントロールハンドルを隠す。
とりあえず、隠してしまいましょう。



RIG - Large Controls (0.0~2.0)
コントロールハンドルを大きくして扱いやすくします。
↓の画像はパラメータが1.0の場合なので、上限の2.0にしたらすごいことになりそう。



RIG - No Eye Magnets (0.0~1.0)
眼球の動き(視点移動というか、球の回転)に合わせて、眼球に仕込まれたマグネットが
上下のまぶたを微妙に変形させます。
おもいっきり微妙なので、このサイズのキャプチャではあまり変化がわからない
ってことで画像は用意しませんでした。
このパラメータを変更したい人は自分で確認してみてくだちぃ。


RIG - Eye Magnet Size (-1.0~1.0)
上記の眼球のマグネットのサイズを大きくするよ(以下略


FACE - Pupils Dilation (-0.8~1.0)
瞳孔が開いちゃってます。
ていうか、このパラメータがなぜRig Controlsに置かれているのかが(以下略





以上、「Rig Controls (5種類)」でした。

次こそはHead階層にある頭部モーフを紹介したいと思います。
お楽しみ(?)に。




Tag: <>project-E
Category: Poser全般


Poser At Renderosity Create stunning models for 3D software free