Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PayPalの本人確認手続き
Twitterで数回に渡ってつぶやいた「PayPalの本人確認手続き」についてブログにまとめてみる。
<2013.01.25 一部加筆しました>

まず最初のきっかけは、T2さんによるTwitterでの以下のつぶやき。
https://twitter.com/ytetsu/status/283069342260801537
ytetsu ‏@ytetsu 2012年12月24日
PayPal認証コード到着。法律改正に伴うものなので日本の住所で登録している人は全て必要になるはず(プレミアの時の認証とは別)。

私はこのつぶやきを見るまで、PayPalの規約改定によって本人確認手続きが必要になっていることにまったく気づいてませんでした。
T2さんにはいつも色々教えていただいているので、本当に感謝感謝。

で、私自身でもこの後少し調べてはみたものの、私のPayPalアカウントはまだしばらく「利用限度額の10万円」に届きそうもなく、名前と住所をローマ字(というか英語)表記で登録しているために本人確認手続きが煩雑になりそうだったので「メンドクサ・・・」と放置を決め込んでいました。
そして年が明けて2013年1月15日に「[PayPal] 重要: 本人確認手続きのお願い(略」というメールがPayPalから届きました。このメールに「先日より、本人確認手続きのお願いをEメールにて差し上げておりますが」とか「初回の本人確認手続きのお願いのメールを受信された日から、45日以内に本人確認手続きが完了しない場合」という文面があったので、「初回のメールってどれだ?」という焦りモードへいきなり突入。今思うと、このメールが「初回」だったわけですが、そのときは本気でちょっと焦りましたよまったくもう。



<「ポリシー更新」のお知らせ設定はONになっているか?>
そもそもPayPalのポリシー更新があった場合、そのお知らせメールを受け取ることができるはずなんですが、過去に受信したお知らせメールが2011年11月29日付のものが最後で、それ以降のものが私のメールソフト内に残っておらず。あらためて2011年11月29日付のものを見ると、送信者などのヘッダは間違いなくPaypalのものだったが文面的にちょっとスパムっぽいので、状況によってはスパムとして処分してしまう可能性もあるなぁと思った・・・が、念のためPayPal公式でお知らせメール受信関連の設定を確認してみることに。

 マイアカウント>個人設定>通知の「更新」

はい、しっかり「ポリシーの更新 」の通知がOFFになってましたorz
自分でOFFにしたのかもしれないが記憶にない…orz
ということで、ONに変更しておいた。
「ポリシー更新とかのお知らせなんて届いてないよ?」という人は、この辺の設定を要再確認。
ちなみに前述の「[PayPal] 重要: 本人確認手続きのお願い(略」というメールは、この設定とは関係なく送られてきます。



<なぜ本人確認手続きが必要なのか?>
PayPal公式サイトのトップページ下部にある「規約」>「ポリシーの更新」と、同ページから飛べる「これまでのポリシーの更新を表示」を見てみる。
今回の本人確認手続きに関連ありそうな規約変更は、2012年7月1日発効分と2012年9月30日発効分の2件らしい。

私のアカウントはずっと「パーソナルユーザー」だったので、まず2012年7月1日発効のアカウント残高の件で「プレミアユーザーとして御登録ください」という規約改定にまず引っかかっていたっぽい。
次に2012年9月30日発効の「パーソナルユーザーは利用限度額が10万円」という規約変更については、2012年10月1日からの累積がまだ5万円くらいにしかなっていない(私の場合、一番頻繁なレンダロでのお買い物はベンダーの売り上げから差っ引かれていて、PayPalからの支払いはDAZとRDNAに限られている)ので、お知らせの対象にはなっていないっぽい。
つまり、私に求められていた本人確認手続きは、厳密に言うと「パーソナルユーザーからプレミアユーザーへのグレードアップ」のためのものだったようで、「利用限度額10万円」というのもこの際だからついでに済ませちゃおうという感じです。

ちなみに、最初からアカウントが「プレミアユーザー」になっている人も「利用限度額10万円」の件で本人確認手続きが必要になるようです(T2さん談



<実際の手続きの流れとコツ>
Poser関連のオンラインショップを利用するためにPayPalアカウントを持っている人の大半は、私と同様に「名前と住所をローマ字で登録してる」んじゃないかなーと思うので、それを前提に説明。

 1)名前と住所をローマ字表記から日本語表記に変更する。
 2)本人確認のための書類をオンラインで提出する。
 3)PayPalから書留郵便で暗証番号が送られてくる。
 4)暗証番号を入力して本人確認手続き完了。
 5)名前と住所を日本語表記からローマ字表記へ戻す。

これがザッした流れ。

<表記変更について>
1の理由 = 本人確認書類とPayPalアカウントの名前&住所の表記を一致させるため。
5の理由 = 海外のオンラインショップ利用時のトラブルを避けるため。

ということなので、どちらにも該当しない場合は、表記変更はしなくてOK。
で、変更が必要な場合でも、「住所の表記変更」はPayPalサイトのマイアカウント>個人設定の該当項目をオンライン編集するだけで簡単に済むので、面倒なのは「名前の表記変更」だけです。

==================================================
<2013.01.25加筆>
スカボローフェアは聴き飽きた—PayPal本人確認書類の提出— | 英語 de eBay
http://eigoeb.com/blog/entry-2527.html

T2さんがTwitterで紹介していた↑のページの「漢字表記への変更は意外と簡単」という節によると、1の本人確認書類提出時にオンラインで「ローマ字→漢字」に変更する手続きができるケースもあるようです。
ただ、同ページの次の節「名義変更に伴う手続は、接続環境による?」というケースもあるようで、実際私も本人確認書類提出時にオンラインで「ローマ字→漢字」に変更する手続きができるページを見た記憶がない(単に見落としていた可能性もあるけどね)ので、困ったときは電話で問い合わせが一番強力な方法であることに変わりないようです。
==================================================


具体的な名前の表記変更方法ですが、一番タイムロスが少ないのは「電話での問い合わせ」
PayPalにログインして、ページ下部にある「お問い合わせ」から「電話で問い合わせる」を選ぶと、フリーコールの電話番号と一時お問い合わせ用番号が表示されます。実際に電話をかけると自動音声案内に従ってプッシュホン操作することになり、一時お問い合わせ用番号もその際に入力する必要があるので、メモっておくように。
で、オペレーターが出るまでしばらく待たされます。
短ければ1~2分、長いと20分待たされることもあるようです。
オペレーターには、「本人確認手続きのため」というような理由と合わせて「名前を日本語表記(ローマ字表記)に変更したい(以下略」と告げればOK。ヘルプなどには書いてありませんが、名前の表記変更(日本語からローマ字orその逆)に本人確認書類は必要ありません。
特に最初の「ローマ字から日本語への変更」に関しては、「PayPal側が本人確認手続きを進める際に一緒に表記変更処理もします」というようなことを説明してくれるはずなので、日本語表記に変更されるのを待たずに本件(プレミアユーザーへのアプグレ用もしくは利用上限額解除用)のための本人確認用書類をアップロードしてしまってOKです。

電話はちょっと嫌だな…という場合は、「お問い合わせ」から「メールで問い合わせる」で。
トピックを「マイアカウント」、サブトピックを「名前の変更」に。
「新しい名前」という項目もありますが、対応するオペレータによっては、その「新しい名前」の項目を無視して「希望するローマ字表記をご連絡ください」というとぼけた返事をくれることもあるの(実際、私はそういう返事をもろた)ので、メッセージにもハッキリと「xxxxx xxxxxxx という日本語(orローマ字)表記に変更お願いします」と書いておいたほうがいいです。
このメールフォームのリアクション(返事や手続き)には24時間くらいかかります。

一番避けたほうがいいのは、マイアカウントの個人設定から名前を「変更」する方法
ファイルのアップロードやFAX用紙のプリントアウト&送信といった手続きを急いで済ませても、「受領確認」のメールが来るまでに3~4日ほどかかります。また、前述した「名前の表記変更(日本語からローマ字orその逆)に本人確認書類は必要ない」という説明も一切書かれていないので、放置されたページっぽい印象が強いです。


<本人確認書類のアップロードとか暗証番号とか>
PayPalのマイアカウントの概要にある「支払/引出限度額」の「限度額を表示」を表示すると、「支払い」項目の右側に「本人確認」のボタンがあります。
これをクリックして説明通りに手続きを済ませていけばOK。特筆すべき注意点も特にないので、粛々と手続きを済ませてください。おそらく翌日には暗証番号の書かれた書留郵便が送付された旨のお知らせメールが届くはずです。書留郵便自体は翌々日には届くはず。
暗証番号の入力方法は前述の「書留郵便送付のお知らせメール」内で説明されているため(ry
(うん、ごめん、そろそろ文章打つの疲れたんだパトラッシュ)




以上、スムーズに事が運べば、手続き開始から完了まで最短で3日かな。
何か書き漏らしたことがあるような気もするけど、だいたいこんな感じです^^
質問がある場合はコメントよろしゅう。
スポンサーサイト

Tag: <>HOWTO
Category: etc

近況的な。
ブログの前回更新からもう1ヶ月?
つまりこの1ヶ月間はほとんどPC周りをいじってたってことになるなぁorz

前回のPC増強からちょうど半月後くらいにSSDが認識されなくなるトラブルが発生。
PCの起動ボタンを押してBIOSが立ち上がってSATA3のドライバが読み込まれ、システムが入っているSSDがさくっと認識されてOSがすばやく立ち上がる・・・・・・という起動プロセスのはずが、SSD認識の段階でプロセスがストップ。

で、SATAケーブルの接続を再確認してみたり、システムをバックアップしておいたHDDから起動してSSDの接続を確認してみたり、Win7インストールディスクの「コンピューターを修復する」を実行してみたり・・・という場当たり的な対処でなんとかこのトラブルを解決。
念のため、SATA3のドライバやSSDのファームウェアも更新。

・・・が、このトラブルが原因なのかどうかもわかりませんが、システムが露骨に不安定になっちゃいましたorz
例えばDiablo3をやっていると、わりと頻繁にシステムが1~2秒固まるのがわかるレベル。実際にシステムのイベントログを見ると、SSD認識トラブル以降のエラーや警告の数がものすごい。
そもそもこのSSDに入ってるシステムは「以前の起動パーティションを丸ごと移植」という代物なので、OS関連ファイルとレジストリがボロボロになっていることは容易に想像できたわけで、こりゃOSを新規インストールしないとダメだなーという感じ。

んで、前回購入したCrucial m4 CT256M4SSD2の直輸入品が保証期間6か月で18800円になっていたので、これを新規購入。
あと、旧SSDのほうを起動可能な外付けディスクとして使うためにeSATA接続可能なケース「シンプルBOX2.5 USB2.0+eSATA(CSS25EU2BK)」も購入。先に書いておくと、このケースはマザボの「Asus P6X58D Premium」との相性が悪いので、eSATAでの認識不可でした。USB接続は可。
(念のため書いておきますが、Asus P6X58D PremiumにはeSATA接続用のアダプタが最初から付属していて、私が所有している別のeSATA接続HDDケースはしっかり認識されているので、今回購入したケースとの相性が本当に悪かったんだろうと思います。ちなみにeSATAが普及しない理由として「接続の相性問題」を挙げる人がいるくらいに、eSATAの相性問題は一般的なもののようです。)

商品到着後、まず最初におにゅーのSSDを外付けケースに入れてeSATA接続・・・するのは前述のとおり無理だったので、PC内のケーブルに直接つないで対処。(SSDは軽いし振動もないから、これでもまったく問題ない。)
次におにゅーのSSDを旧SSDのシステムからフォーマット&Win7新規インストール。
が、これが実は新たなトラブルの元。
旧SSDのシステムから新SSDをフォーマットしたので、新SSDのドライブレターがHになってしまっていたのに、気にせずそのままWin7を新規インストールしちゃったんですね。
こうなると、新SSDは「起動ディスクなのにドライブレターがH」という状態になってしまって、これをスマートにCに戻す方法がない。WinXP時代の対処方法を試してみたら、案の定OS起動中にストップしてしまい、にっちもさっちもいかなくなってしまいました。
仕方ないので、旧SSDのシステムから新SSDを初期化しなおして、Win7ディスクからPCを起動させて新SSDに起動用パーティッションを作るところからやりなおしました。
その後のOSの新規インストール&Windows Updateは順調に終了。

必要があれば旧SSDからも起動できるし、設定ファイルなどの移動もSSD-SSD間でサクッと終るので、OSの新規インストールの作業も比較的楽しくできました。
今は2D・3D・ビジネス関連などなど必要なソフトはすべてインストールし終えて、非常にすっきりした状態です^^
えがっだえがっだ。

Category: etc

RAM増設とSSD導入
GTX680に引き続きPC強化ネタ。

まず、RAM増設。
PC3-10600(DDR3-1333) 12GB (2GBx6)

PC3-12800(DDR3-1600) 24GB (4GBx6)
に交換。
品は、価格.comのメモリ部門で売れ筋ランキングと注目ランキングともに現在1位の
W3U1600HQ-4G。
http://www.cfd.co.jp/memory/elixir_ddr3.html
http://kakaku.com/item/K0000320521/

キャラのテクスチャをいじるときにPoserとPhotoshopを同時起動してると
12GBではすぐにメモリ不足になってしまうのが悩みの種だったんですが、
それが解消されました。
交換作業は特に問題なく、メモリテストも完走。
強いて言えば、メモリスロットの上に被っていたCPUファンを念のため取り外す作業が
思ったよりも手こずった・・・くらいかな。

で、お次はSSD導入。
選んだ品は、容量少し多めのCrucial m4 CT256M4SSD2。
http://www.crucial.com/store/partspecs.aspx?IMODULE=CT256M4SSD2
http://kakaku.com/item/K0000249207/
ここ数日でまた値段が下がって、ついに2万円を切りました。
もーびっくり。
ちなみにこの品には2.5inchドライブを3.5inchベイに取り付けるためのマウンタや、
SATAケーブルは付属していないので、要別途購入。

新規インストは面倒なので、起動用HDD内のパーティションをSSDに丸ごと移植します。
基本的な手順が知りたい人は「SSD データ移行」でググってくだちぃ。
私はこのデータ移植作業にEaseUS Partition Master 9.1.1 Home Editionという
フリーウェアを使いました。窓の社からもDLできるようだし、ググれば日本語情報も
いろいろ見つかるので、詳しくは(ry

   ※2016.12.30追記
   ※現在は日本語の公式サイトが存在しています。
   ※http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

で、実際に作業を進めていくと、いくつかの問題に遭遇しました。
以下、ずらずらっと書いておきますので、これからやってみようという人は参考にどうぞ。

1)起動用HDDに「システムで予約済み」という不可視のパーティションがある場合、
SSDにデータ移植する際にどうするか?という問題がでてきます。
(この「システムで予約済み」というパーティションの持つ役割はググって(ry )
個人的には、このパーティションは消しちゃったほうが余計なトラブルを抱えずに
済むんじゃないかと思います。(実際、残したことで余計なトラブル抱え込みそうになったし。)
とりあえず、EaseUS Partition Masterで「システムで予約済み」のパーティションも
含めてHDDのデータをSSDに移植してしまって、その後でSSD上の「システムで予約済み」を
消去してみるといいかもしれない。そのほうがリカバーきくきく。
言うまでもありませんが、消す場合は自己責任でヨロスク。

2)起動ディスクのパーティションをいじると、リスタート後に起動ディスクとして認識されなくなって
しまうことが多々あります。
そういう時はWindowsのインストールDVDもしくはシステム修復ディスクから起動して
コンピューターを修復する」を実行しましょう。

3)SSDやHDDの読み書き速度に影響を与えるパーティションアライメント
実はHDDからSSDにシステムを移植できるソフトには、このパーティションアライメント
調整を自動でやってくれるものとそうでないものの2種類があります。
私が今回使ったEaseUS Partition Master 9.1.1 Home Editionは、できない子。
仕方ないのでシェアウェアのParagon Alignment Tool 3.0を購入して調整しました。
この調整は、現在利用中の起動ディスクに施そうとしても失敗するので、必ず別のディスク
(元の起動用HDDが一番手っ取り早い)から起動してからSSDに対して実行しましょう。
パーティションアライメント調整後もSSDの4k/writeが一桁台のまま変わらん・・・という悲しい
ケースもあるようなので、シェアウェアを購入する場合は自己責任でヨロスク。
ちなみに私の場合は劇的に改善しました。
※数値が大きい方が高速。(計測にはCrystalDiskMark3.0.1cを使用)

            調整前  調整後  
seq/read290.4339.5
seq/write212231.3
512k/read328.5332.2
512k/write170.9227.3
4k/read22.3923.3
4k/write8.5465.57
4k-qd32/read125.6183
4k-qd32/write8.51132.6




Category: etc

GeForce GTX680
2010年8月にBTO購入したPCのグラボNVIDIA GeForce GTX480は高性能ながら
消費電力が高く発熱もものすごい代物だったんですが今年に入ってからなにやら絶不調。
グラボを酷使すると冷却ファンが爆音を上げ、しばらくすると映像出力が止まってしまい、
完全にブラックアウト(PCを強制再起動しないとどうにもならない)という事態がしばしば
発生しておりました。
ちょうどNvidiaのドライバForceWareのバグ(ピンク色のモザイク状にモニタ映像が
ぐちゃぐちゃになるとか、応答停止になって一定時間映像が固まるとか)も重なっていたようで
3D関連の作業もゲームもまともにできない状態になってました。

そこで新しいグラボに早く買い替えよう!と調べていたら、ネット上の知人数名から
「あと1か月もしたらGeforceの600番台の新シリーズが出るから、待った方がイイよ!」
というありがた~~いアドバイスをいただきました。
いろいろ調べてみたところ600番台のGeForceの売りが「低消費電力、低発熱」だと知り、
これから節電が必要な日本の夏を迎えるにあたって「これしかない!」と。
GTX480では250Wだった公称最大消費電力が、GTX680では195Wですからね。

とりあえず、GTX680を購入するまでの間、昔使っていたPCから外して残しておいた
GTX285に交換して待つことに。
このGTX285も公称消費電力が204Wと、GTX480と比べると発熱もものすごく低い。
ドライバは、比較的不具合の少ないVer.295.73という古いものをインストール。
地味に使う分にはこれでも十分っちゃー十分なんですけどね^^;

で、ついにGTX680販売開始・・・されたはいいけれど、どうやら出荷数が少なかったようで
「微妙に高いし、どこも品切れ」という状況が1カ月近く続き、5月頭のGTX670と690の発表が
あってやっと普通に買えるようになってきました。

というわけで、ZOTAC GeForce® GTX 680
ドライバは301.32betaをインストールしました。
静かだし、体感レベルでGTX285よりも低発熱なのがわかるから、ホントすごいです。
OE版や4GB版の流通もぼちぼち安定してきたようだし、2GBのリファレンス版なら5.5万を
目安に探してみるといいかも。

Category: etc

2010年を振り返って
去年2009年の大晦日にも「2009年を振り返って」を書いたんで、今年も^^

まず、このブログの投稿件数。
2010年はこの記事も含めて38件でした。
2009年の126本と比べて3分の1以下orz

これはTwitterを本格的に始めた影響ってのが、まずひとつ。
TwilogのArchivesを見るとわかるように、Twitterを導入したのは
2009年の暮れですが、本格的に始めたのは2010年になってからです。

もうひとつの理由は、猛暑でクーラーが壊れてしまったため
PCのある自室がサウナ化してしまったこと・・・これがデカイ。
ちょっとメールをチェックするために自室で1時間作業するだけでも
汗ダラダラになってしまって、もうやってらんね~~~という状態が
2~3ヶ月続きましたからorz
この影響はTwilogのArchivesにもハッキリと表れてますね。
PCの前に座ってらんない=Poserやってられない、ってことで
2010年のPoser製品の新作は↓のSkinBlender2のみとなっちゃいましたし。
(ちなみに↓は現地時間2011年1月2日まで50%OFFになっとりま。)


さらにもうひとつの理由は、体調関連。
2009年末の吐血から始まった一連の体調不良が秋頃まで続いて、まさに後厄。
おまけに猛暑がそれに追い討ちをかけてた感じ。

・・・と2010年を振り返る意味でTwilogのArchivesを読み始めたら
「あ~、そういえばこんなことつぶやいたっけ」としみじみ面白くて
時間が過ぎてしまう。イカンイカン

 純粋に愉しむために始めた趣味を仕事化・義務化して
 無駄なストレスをためるような真似をしない


という私の人生における基本姿勢を崩すつもりはないので
無理に「ブログ更新しなきゃ~」的なことは今後もしませんが、
Twitterのつぶやきでは足りないような「記事として残しておきたい」
と思えるような出来事が2011年には増えるといいなぁ~と願っております。

それでは、良いお年を^^ノシ

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。