Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Project Eの続報3
最近のPoserで個人的に気になってるネタはこれ一点のみって感じで。

実は、Renderosity発のPoserネイティブフィギュアの新作情報っぽいものも
入ってきてはいるんですが、どこまで書いていいのかわからない&申し訳ないけれど
正直言ってほとんど興味が持てないのでまったく情報を追ってません。
ごめんなさい。(誰にあやまってるんだか)
あ、MNEさんが最近チェックしているMankahoo氏Bellaさんとは別物です。

image20170804_bella_beta.jpg
http://www.mankahoo.com/index.php?l=product_detail&p=37



さて、Project Eの話。

先月末ごろにCGBytesのフォーラムにあったProject E専用のカテゴリが
ざっくり全部消えてしまっていて「なんだなんだ何事だー、いやまさかプロジェクトそのものが
消えてしまったなんてことは…」と動揺しまくっておりました。
(ログインせずにフォーラムへ行くとエラー吐かれるっていうのがもうなんとも。)

心配になっていろいろググってみるとSmithMicroのフォーラムに「Project e」というスレッドが
あってerogenesis氏がかなり活発に発言しているご様子。
うーん、確かにCGBytesのフォーラムはほぼ停止してるような感じだったから仕方ないか。


image20170804_sm_forum.jpg
Project e | Smith Micro Graphics Forum


そんななか、本日erogenesis氏ご本人のブログが更新されました。

image20170804_erogenesis.jpg
Erogenesis Art: He finally did it!!

(18禁のブログなんでそのつもりでGO)

ブログ記事の前半はUKへの引越しや元住所のマラウイ(?)での生活が大変だったこととか
続報2で書いたTaB!のD|S対応&サポートがえらく大変だったこととか
俺様はDAZ Studio使ってないし、今後も使う予定ないから」とか
コンテンツ戦争めんどくせー!!とか、そんなerogenesis節が炸裂しております。

で、Project Eですよ。

現在の優先順位的に最上位にあって、リグとUVは完成したので次はモーフだ!
TaB!のDSサポートでグッタリしちゃったんで、Project EはやっぱりPoserに重点を置いてやるぜ!
DSユーザーの友人も多いから、オプション的には扱うけどね!

ということのようです。
一安心だぜコノヤロー!!




スポンサーサイト

Category: Poser全般

Dimension3D氏、死去
Poser Pythonの巨匠Dimension3DことRalf Sesseler氏がお亡くなりになりました。

Legend Dimension3D Ralf Sessler passed away.
https://www.renderosity.com/mod/forumpro/?thread_id=2913745


erogenesis氏により6/4にこの第一報がありました。
Dimension3D氏は雲の上の存在というか、まさに「Legend」な存在でした。

Dimension3D氏のツールは、私がPoserを扱う際になくてはならない必需品ばかり。
私がこのブログで紹介している自作以外のPythonツールはほぼすべて氏のものです。
うーん…
Poser File Editorの修正依頼を後回しにしてしまったことが本当に悔やまれます。

このブログを「Dimension3D」で検索↓した結果を表示
http://manihoni.blog103.fc2.com/?q=Dimension3D

Dimension3D氏のツールは、私に限らず多くのPoserユーザーにとって必需品で
ありつづけることでしょう。
天国のDimension3D氏に深く感謝。



Tag: <>Python
Category: Poser全般

Project Eの続報2
私個人としてはけっこうな大ネタなんですが、一般的なPoser界隈ではたぶん小ネタ。

Project E は、いったいどうなっちゃったのよ?

とお嘆きのみなさん(かなりマイナー)に最新情報をお届けしませう。
まぁ、本気で気にしてる人は自分でCGbyteのフォーラムをチェックしてるんじゃね?
という気もしますが。
Project Eの動向=erogenesis氏の動向というわけで、ザザッといきます。


・作者のerogenesis氏は南アからUKへお引越し完了。

・お引越し直後ロチカでTaB!販売開始。
 新旧&男女様々なフィギュアに対応したチンコです。
 Poser用は、M4, V4, James, Rex, Paul, Pauline, G2M, G2F
 DAZStudio用は、M4, V4, G2M, G2F もしくは M4, V4, G3M, G3F
 ソフトと対応フィギュアによって3種類のコアパッケージがありますね。
 興味がある人はご自分の目でお確かめください。
 http://www.renderotica.com/content-artists/Erogenesis/689

・現在はTaB!のサポートをしつつ、Project Eの開発に奮闘中。
 フォーラムでの本人の言葉を読む限りでは、意欲はまったく衰えておらず
 「金稼ぎのためにフィギュアをコロコロ変える大会社から、マーケットを俺たちの手に
  取り戻そうぜ!(思いっきり意訳)」的な気炎をあげております。


以上、時系列やらなにやら私が勘違いしてる部分もあるかと思いますが
たぶん大筋は間違ってないはず。
マッタリ待つでござるよ。



Category: Poser全般

ERCとクロストーク
前々回の記事「スーパーコンフォーミング服をコンフォーミング服に戻す」で
「後日何か書くかも」と言っていたアレです。
みなさんご存知のように私の書く解説は「私はこう覚えてるよ」という勢いだけのものなので
もっと正確な技術情報を知りたい方は、これを手がかりにご自分でお調べください。


さて、さっそくモーフを連動させる仕組みのERCについて。
Enhanced Remote Controlの略で、簡単に言うと「パーツAのモーフをパーツBのダイアルで
遠隔操作できるようにしましょう」という仕組みです。
erc.png

FBM (Full Body Moprh) はこの仕組みを利用して、各パーツにちらばっているモーフ群を
すべて連動させて、Body階層のダイアルで一括操作できるようにしたものです。
詳しく知りたい人は↓のページをどうぞ。(英語です)

 ・ERC (Enhanced Remote Control)
     http://www.rbtwhiz.com/rbtwhiz_ERC.html


次にクロストーク
元々は同一フィギュア内で作用する仕組みだったERCが、記述の一部をちょっと変えたら
別のフィギュアにも作用させることができました、というちょっとイレギュラーなERCの効果を
指すものだと私は認識しています。
例えば「フィギュアAの足のモーフダイアルをいじったら、フィギュアBの足が変形しちゃいました」
というような感じ。
このクロストークがどのような記述でどのように発現するのかは、Poserのバージョンによっても
変化しますし、当然DAZ Studioとも異なります。

スーパーコンフォーミングは、前述のクロストークを人体フィギュアと
コンフォーム服の間に狙い撃ちで発生させる仕組みで、限定的で洗練されたクロストークの
使い方だと考えるとわかりやすいかと思います。

クロストークとスーパーコンフォーミングについてさらに詳しく知りたい人は↓のページをどうぞ。
(最後のだけ英語のサイトです)

 ・操・活・解 モーフのクロストーク その1:仕組み
     http://kotozone.blog55.fc2.com/blog-entry-171.html


 ・Poserとの互換性について: 豆腐アラモード
     http://tofusan.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/poser-7c3c.html


 ・流転四界ぶろぐ |フィギュア番号と連動記述
     http://rutenshikai.blog63.fc2.com/blog-entry-192.html


 ・スーパーコンフォーミング化について
     http://www.forum3d.net/bbs/index.php?topic=536.0


 ・Nerd3D - Using Super Conforming Figures
     http://www.nerd3d.com/modules.php?name=Content&pa=showpage&pid=12




今回は以上ですー

Tag: <>HOWTO
Category: Poser全般

スーパーコンフォーミング服をコンフォーミング服に戻す
前回ラストの予告どおり、スーパーコンフォーミング服をコンフォーミング服に戻す方法
について書きますね。
細かい理屈を書き始めると本当にきりがないので、実践的な作業を最優先に説明します。

素材は、Poserユーザーにはお馴染みのBasicwear for V4 Unimesh
ここしばらくずっと無料(たぶんプラチナ会員じゃなくても)なので、もしまだ未入手だ
という人はこれを機会に入手しておきましょう。

Basicwear_V4 Unimesh @ DAZ3D
http://www.daz3d.com/basicwear-for-v4-unimesh
basicwear_V4_unimesh2.jpg


スーパーコンフォーミング服とコンフォーミング服の違いは、ERCの連携先の記述だけです。
ERCについては今回説明しません。後日何か書くかも。)
実際にBasicwear for V4 UnimeshのBikini Top.cr2Poser File Editor 3
開いて見るとこんな感じ↓

edit_cr2_01b2.png

普通のテキストエディタで同じ部分を表示させるとこんな感じ↓

edit_cr2_01c.png

Poser File Editorのほうが圧倒的に要素&構造を把握しやすいことは一目瞭然でしょう。
有料版を買うのはちょっと…という人でもDEMO版を入手しておいて損はないですよ。
(Poser File EditorのDEMO版のことはまた後日。)
で、実際に書き換える部分は↓

edit_cr2_02b.png

上図のとおりactorの番号を参考に、actor BODY:1なら

  Figure → Figure 1 (半角スペース+数字)
  BODY → BODY:1 (「:」+数字)

とするだけです。
もちろんERCがスーパーコンフォームに設定されているパラメータすべてで
数字の書き加えをする必要があるので、手作業で全部やるのはちょっと大変です。
そこで、複数行を検索・置換できるツールを活用します。
(この複数行という点が重要です。)

Devas
http://gimite.net/pukiwiki/index.php?Devas#content_1_0


正規表現による複数行のテキスト検索・置換が可能な日本製ソフト(無料)です。
検索でヒットした行がリスト表示されるので、書き換えが必要な場所のサーチに最適。

devas01.png

・対象ファイル/フォルダ :ファイルやフォルダを直接ドロップして指定可能。
・対象ファイルの条件   :対象ファイルを拡張子で絞り込み可能。「*.*」ですべてのファイル。
・検索文字列        :正規表現を使えるので複数行の検索も可能。

edit_cr2_03.png

で、今回はこのキャプチャ画像の93337~93338行目をヒットできるように
検索文字列に \t\t\t\tFigure\n\t\t\t\tBODY\n と入力。
どういう意味なのかを分解して説明すると、

  「\t\t\t\t」は特殊文字タブが4つ
  「Figure」は文字通り
  「\n」の改行、で1行目おわり。
  「\t\t\t\t」で2行目の特殊文字タブが4つ
  「BODY」は文字通り
  「\n」の改行、で2行目おわり。

ということに。
いざ検索を実行…してみると、なぜかヒット数が0。
なんでじゃ~~!!と思ってよくよく見てみると…

edit_cr2_04.png

「Figure」と改行の間になんと半角スペースが。
あるんですよ、こういうことが。困ったもんだ。
んで、他のERCの連携先を指定する行を確認してみたところ、このCR2のFigureの後にはすべて
半角スペースがくっついていることが判明。
仕方ないので、この半角スペース込みで検索して、書き換え時に修正する方向で
\t\t\t\tFigure \n\t\t\t\tBODY\n と入力して検索実行。

devas01.png

はいドーン!
117件見つかりました!
置換文字列に \t\t\t\tFigure 1\n\t\t\t\tBODY:1\n
入力して置換を実行したら完了です。
あ、最後の置換を実行する前に、必要に応じてバックアップを取っておくように。
(Devasにもバックアップの機能はありますが、設定次第では日付やサイズによって
 古いファイルから削除されてしまうので注意。)

念のため、Poser File EditorやテキストエディタなどでCR2ファイルを開いて、
正しく書き換えできているのかどうか自分の目で確認してください。

edit_cr2_05.png

確認が済んだら、加工済みだということが一目でわかるようにファイル名を
Bikini Top_mod.cr2」のように変更しておきましょう。
サムネイル用PNG画像のファイル名も一緒に変更しておくことを忘れずに。

=====================

ついでにPoserのPreview画面の左上などで表示されるアイテム名(フィギュア名や
プロップ名)を変更する方法も解説を…と思ったけど、それはまた後日。

=====================
以上、スーパーコンフォーミング服をコンフォーミング服に戻す方法について
の解説でした。

念のため補足しておきますが、一般的なスーパーコンフォーム服なら今回のように
ERCの連携先を服側のBODYに書き換える作業を済ませてしまえば終了なんですが…
今回使ったBasicwear for V4 Unimeshは、通常ならBODYと連携するはずの
ERCをなぜかchestに連携させてあったりと、ちょっと変な部分が残っています。
実際に使ってみて「あれ?スーパーコンフォームが残っている?」と気づいたら、
今回の記事のやり方を応用して自分なりに書き換えてみてください。
(くどいようだけど、要バックアップ)

何か質問があったらコメントへよろすく。



Tag: <>HOWTO
Category: Poser全般

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。