Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Copy Values
今回はPoser11/Pro11に標準装備されているPythonツール「Copy Values」
紹介と簡単な解説です。
(※Dimension 3Dさんのサイトで無料配布されているものと中身は同じです。)

これは、以前このブログで紹介した「モーフの値をコピーする」ことに特化したCopy Morphs
後継にあたり、「フィギュアの様々なパラメータの値をコンフォーム服にコピーする」ことが
できるようにと豊富なオプションが追加された便利なツールです。

copyvalues_01c.png

…が、この豊富なオプションが逆に敷居を高くしてしまったところも正直ありますので
Poser初心者さん(いるのか?)のためにも、基本的なところから説明しませう。

<このツールの特徴>

・スーパーコンフォームやPoserの自動同期設定を利用しない(できない)状態を
 前提にしたツール。(モーフの自動同期については前記事を参照のこと。)

・コンフォーム服にモーフデータを自動生成できるツールではありません
 あくまでも「パラメータの値(ダイアルの数値)」をフィギュアから服にコピーするだけです。

パーツ名(Body, chest など)とパラメータ名(Young, WaistWidth など)が
 両方とも一致したパラメータのみ、その値がコピーされます。

マグネタイズできます。


パーツ名に関しては、例えばコンフォームタイプの髪の場合、頭部に関連したモーフ(PHM)の
納まっている場所が人体フィギュアと同じ「Head」ではなく「Hair」だったり「Neck」だったりと
パーツ名が一致しないケースが多々あるので、仮に後述するHead Morphsのオプションを
ONにしたとしてもパラメータの値のコピーが空振りすることが多いです。
大文字小文字の違いは気にする必要ありません。(これはパラメータ名でも同様)

パラメータ名に関しては、内部名称(InternalName)と外部名称(Name)の2種類の
どちらかが一致していれば同じ名称ということになります。
OptionのPartial MatchをONにした場合、完全に一致しなくても名称の大半(細かい条件
までは未確認)が一致していたらこのツールは動作するようです。(詳しくは後述)

マグネタイズに関しては、過去記事「超初心者向けV4解説」の「Q2:モーフで
変形させたV4に、服を一発でフィットさせる方法は?」をご覧ください、

<基本操作>

1) V4などの人体フィギュアに服をコンフォームさせる。
  (フィギュアのパラメータを変更するタイミングはコンフォームの前後どちらでも可。)

2) Copy Valuesを起動する。
  (「Scripts」メニューから「Partners」→「Dimension3D」→「Copy Values」を選ぶ。)

3) PoserのPreviewで人体フィギュアかコンフォーム服を選択する。
  (部位はどこでも可。Copy Valuesを起動前に選択しておいても可。)

4) Copy Valuesの「Init」ボタンを押す。
  (3で選択したものに応じたコンフォーム服のリストが表示される。詳細はボタンの解説で。)

5) 値をコピーしたいコンフォーム服をリストから選択する。

6) オプションを確認する。
  (各オプションの解説は後述。)

7) Copy Valuesの「Apply」ボタンを押す。


これはあくまでも基本なので、実際に操作してみると順番が前後してもなんとかなる
ことが多いです。極端な例で言うと、Copy Valuesを起動した後にコンフォーム服を削除したり
別のコンフォーム服を追加してもまったく問題なく動作します。

あと、操作対象はだけじゃなく、コンフォームできるものならでもでもOKです。

<ボタン>

Init
 基本操作3の「PoserのPreviewで選択」したものに応じたコンフォーム服のリストを表示する。

  ・人体フィギュア(=コンフォーム元)を選択 → すべてのコンフォーム服のリスト
  ・コンフォーム服を選択 → そのコンフォーム服のみ
  ・コンフォーム元・コンフォーム服のどちらでもない → 空欄

Apply
 リストで選択されたコンフォーム服にオプションで設定されたパラメータの値をコピーする。

Test
 ログ関連のオプション(Log Morph Transfer、Log Missing Morphs)がONになっている場合、
 パネル下部にテスト結果のログのみ表示される。
 コンフォーム服へのパラメータの値のコピーが実際におこなわれるわけではないので
 Previewでの変化はなく、ログ関連のオプションがOFFの場合は何も表示されない。

Clear
 パネル下部のログを消去する。


「このコンフォーム服だけ処理したい」という場合は、「Init」ボタンの説明で書いたように
基本操作3でコンフォーム服を選択したほうがリスト操作を省けてラクです。

次はオプションについての説明…なんですが、最初のこのツールの特徴でも挙げたように
スーパーコンフォームやPoserの自動同期設定を利用しない(できない)状態を前提
した内容ですので、その点をご留意ください。

<オプション>

Body Morphs
 体型などを変更するFBMPBMなど、Body階層で操作できるモーフの
 値のコピーを許可します。これは基本ONでしょう。

Head Morphs
 Body階層で操作できるモーフの値のコピーを許可します。服の場合は基本OFFで。
 コンフォーム髪の場合はこれをONにしないと意味ないですね。

Actor Morphs
 Poserのフィギュアに関連して「Actor」という場合、NeckやChestといった各パーツのこと
 を指します。つまり、このオプションをONにすることですべてのパーツのモーフの値がコピー
 されることになるわけです。
 人体フィギュアも服もBody階層でモーフを調整する方法が基本であることを考慮して、
 私はOFFのまま使うようにしています。

Joint Control Morphs
 服によってはJCMの値を調整することで関節等の破綻を防いでいることもあったはずなので
 人体フィギュアの値をコピーしてしまうとよろしくないかも…と考えて私はOFFにしてます。

Body Scaling
 身体全体のスケール。これは当然ONで。

Actor Scaling
 各パーツに個別設定されたスケール値をコピーします。
 私はStephanie 4のBody階層にあるProportionsの各パラメータをよく利用するのですが、
 このProportionsはジオメトリではなく各パーツのスケール値を上手い具合に変更するための
 パラメータなので、このActor ScalingをONにするだけで対応できちゃうんです。
 
Deformers
 人体フィギュア側の隠しマグネットの影響がコンフォームさせた服にも及ぶようにします。
 要するにマグネタイズです。
 このオプションをONにすることで、「マグネタイズ用のPoseファイルを探してクリックして…」
 という作業が今後一切不要になります。
 PoserPro11の場合は、迷わずONでいいと思います。
 …が、通常版のPoser11の場合は、ちょっと問題が発生してしまうんだなぁorz
 詳しくは後述のHide Deformersの項目を読んでください。


<オプションのOptions>

Partial Match
 パラメータ名が完全に一致しなくても名称の大半(細かい条件までは未確認)が
 一致していたらコピーが実行されるようになります。
 実際に試してみたところ、「Voluptuous」から「Voluptuous_B」へのコピーは実行されましたが
 「FBMVoluptuous」から「Voluptuous」へのコピーは実行されませんでした。
 想定外の誤動作をする可能性もゼロではないので、ONにする人はそのつもりで。

Include Hidden
 人体フィギュア側の隠しパラメータ(モーフとスケール)の値をコピーの対象にします。
 V4などのPoserで一般的に使うフィギュアでそういう値を服にコピーしなければならない
 ケースがあるとは思えないのでOFFで。
 でもまぁ、こういうオプションがあるということは、それを必要とする特殊なフィギュアが
 実際にあるということなんでしょう。
 うーん、ONにしてもたぶん弊害はないはずなんで、正直どっちでもいいかな。
 
Hide Deformers
 コンフォーム服にある「マグネットの影響度を調整するダイアル」をすべて非表示にします。
 前述のDeformersオプションをONにしてこのツールを実行すると、コンフォーム服側に
 マグネタイズされたマグネットの影響度調整ダイアルがずら~っと表示されてしまうことに
 なるので全部非表示にしてしまおう、というオプション。
 一度ONで実行して非表示になってしまうと、OFFにして再実行しても表示状態には
 戻らないので注意。

 問題は、表示させたままにしたいマグネットの影響度調整ダイアルが既にあるケース。
 PoserPro11ならオプションONにして全部非表示になってしまっても、パラメータパレットの
 右上の▲から「Show hidden parameters」をONにして隠しパラメータを全表示させた後、
 表示させたままにしたいパラメータをWクリックしてParameter Settingダイアログを表示させ
 HiddenのチェックボックスをOFFにすることでまた表示状態に戻すことができます。

 …が、通常版のPoser11の場合はこの手が使えないんですよねorz
 エディタなどを使ってサクサクとHidden属性の書き換えができる人なら問題ないと思いますが
 そうじゃない人はDeformersHide Deformersの両オプションともOFFにして
 通常のマグネタイズ用ポーズでやっつけたほうがいいかもしれません。

Log Morph Transfer と Log Missing Morphs
 パネル下部のログを有効にします。
 前者はコピーに成功したモーフ名と値、後者はコピーに成功しなかったモーフ名。
 Testボタンを使う際にもこのオプションのONは必要なので、迷わずONにしておきませう。
 


ということで、このツールについてみなさんご理解いただけましたでしょうか?
私自身ちょっと知識的にあやふやな部分もありますので、「そこは違うぞ、こら!」という
箇所がありましたら、ツッコミコメントをいただけると幸いです。

次は、スーパーコンフォーミング服をコンフォーミング服に戻す方法でも書きましょうかね。
お疲れ様でしたm(_ _)m

Tag: <>Python
Category: Tool

Marvelous Designer
今更ですが、本年もよろしくお願いしますm(_ _)m

さて。
PoserやDAZ Studioで服を作ることに興味がある人ならたぶん知っているであろう
Marvelous Designerというソフト。
実際の服飾製作と同じように型紙状の布をポリゴンで揃えて縫製してシミュレーションして
3Dの服を作ってしまおうという、実にユニークな韓国産のソフトです。

2011年2月末、まだVer2の頃に$99.99(当時は民主党政権の超円高時代)で購入したは
いいけれど、約10日後の東日本大震災で「趣味の3Dやってる場合じゃない」という時期が
しばらく続いて、ほとんど使わずにHDDの肥やしと化してしまい
アプグレのお知らせが届くも放置しておりました。
…が、kobamaxさんのブログなどを拝見してたりすると、やっぱり気になっちゃうんですよね。

で、2016年末。
Marvelous DesignerのVer6がSteamで販売されるという記事に目が留まりました。
Steam版はアプグレ不可だけど公式サイトでの通常ライセンス販売よりも安価。
いろいろ情報を集めてみると、30%OFFセール(Steamでの期間限定。すでに終了)
で購入しておけばいろいろ安上がりらしい。
それじゃあ久々に買ってしまおうかと。

Marvelous Designer 6 For Steam
http://store.steampowered.com/app/528100/


md6_sitetop.jpg
この画像は公式サイト(http://www.marvelousdesigner.com/)のもので、$59.99というのは
月払いのサブスクリプション制のライセンスの価格です。
ライセンスと価格の違いは以下の通り。

MONTHLY SUBSCRIPTION … $59.99 (1年間の合計$719.88)
  ※月払いのサブスクリプションライセンス@公式サイト。

ANNUAL SUBSCRIPTION … $720.00 (この記事執筆時は50%OFFの$360.00)
  ※年払いのサブスクリプションライセンス@公式サイト。

PERPETUAL … $ 550.00 (昨年末セール時は30%OFFの$385.00)
  ※1回払いの永続ライセンス@公式サイト。次期バージョンへのアプグレ可。

For Steam … $320.00 (昨年末購入時は30%OFFの$224.00)
  ※1回払いの永続ライセンス@Steam。次期バージョンへのアプグレ不可。

というわけで、今後メモ代わりにMarvelous Designerの記事を書くことになるかもしれません。


Tag: <>MarvelousDesigner
Category: Tool

シンボリックリンク!
シンボリルドルフではなく。
(競馬にはまったく興味ないけど馬の名前をちょっと知ってるレベル)

新旧Poserの共存の話を進める前に、PoserのRuntime等の共存や整理を語るうえで
是非知っておきたい&利用できるようになっておきたいシンボリックリンクのことを
紹介したいと思います。
これは以前「ジャンクション!」というタイトルでも書いたネタなんですが、私自身による
利用方法も当時とはかなり変わったので今回いろいろ書き直してみようと。
※以下は注釈がない限りWindowsのお話です。
※というか、MacOSXは最初からシンボリックリンクが使えるよね?



Windows Vista以降は、OS標準でシンボリックリンクを使うことができるようになりましたが
実際に利用するためにはコマンドプロンプトによる操作が必要なのでかなり不便。
そこで、もっと手軽に利用できるようにするためのユーティリティをいくつか紹介します。
自分の好みや環境に合せて選んでください。

1)Link Shell Extension (HardlinkShellExtension)
  http://schinagl.priv.at/nt/hardlinkshellext/hardlinkshellext.html

  私はこれを使ってます。
  Win7-64bitにもネイティブ対応。日本語表示。
  ショートカット作成と同じように右クリ+ドラッグ&ドロップするとコンテクストメニューが
  開くので、ここにリンクを作成 > シンボリックリンクを選択するだけ。
  ※選択後にユーザーアカウント制御のダイアログがでるので要承認。
  ※ジャンクションを選択した際は、ユーザーアカウント制御のダイアログは出ません。
  シンボリックリンクを削除する方法は通常のファイル削除と同じです。
  ※このユーティリティをアンインストした状態だったり、エクスプローラ非準拠のファイラーを
   使ってシンボリックリンクを削除した場合の動作は保証されていません。
  

  ファイルのダウンロードリンクは、同じページの下のほうにあります。
  インストールするファイルはOSのバージョンや32bitか64bitによって異なるので注意。
  ※XPでシンボリックリンクを使う場合は、さらに下にあるSymbolic Link Driver for
   Windows XP
から32bitか64bitを選んで追加インストールすること。
  


2)Link Creation Shell Extension
  http://sourceforge.net/projects/lnhdr/files/lnhdr/lnhdr-1.52/

  これは以前に「ジャンクション!」で紹介したユーティリティですね。
  Win7-64bitならlnhdr-1.52-x64-ja.msiをインストール。
  ファイル名に「ja」とあるように、日本語表示です。
  最終更新が2007年6月と古く、作成されたリンクのプロパティから推測するとシンボリック
  リンクではなくジャンクションのみを扱うもののようです。
  使用方法は、ショートカット作成と同じように右クリ+ドラッグ&ドロップするとコンテクスト
  メニューが開くので、リンクを作るを選択するだけ。
  ユーザーアカウント制御ダイアログも表示されません。
  シンプルさを求める人はこちらのほうがお手軽かもしれませんが、すでに開発が終了して
  しまった古いものなので安全性の保障はできません。


3)Orchis @小物創作所
  http://www.eonet.ne.jp/~gorota/
  
  T2さんに教えてもらった日本製のユーティリティで、基本はファイルランチャー。
  私は使ったことがないので詳しくはわかりませんが、右クリ+ドラッグ&ドロップの動作設定で
  ジャンクションやシンボリックリンクの作成と削除がサポートされているようです。


以下はシンボリックリンクとはなんぞや?という、もうちょっとだけ掘り下げた話。
興味のある人はどうぞ~

■READ MORE

Tag: <>HOWTO
Category: Tool

Poser File Editor
Poser関連ファイルをいじるためのメインエディタとして、かれこれ1年半ほど使っているのが
Dimension 3Dさんの Poser File Editor
2012.2.1にアップデートされた3.3が現時点での最新バージョンです。
Win版のみ。(Macの人ごめん^^;)

今までいくつかのエディタを利用してきましたが、ファイルの読み込みや処理速度、安定性、
覚えやすい操作方法、といった面で私個人で一番使いやすいですね。
(あくまでも私の主観。このツールが客観的に一番優れてるかどうかは知らない。)

=========================
まずファイルの読み込みや処理速度。
小さいファイル(例えば10MBくらい)の場合はどのエディタでも読み込み&処理速度に大きな差は
ないんですが、100MBを超えるサイズのファイルを扱う場合に差が出てきます。
ちなみに120MBのpz3を開いた結果は次の通り。

・Poser File Editor 3.3 → 約1.5秒(起動一瞬)
・PhilC PZ3editor 2.0.1 → 約1分20秒(起動20秒を含む)
・CR2Builder02150408 → 約8秒(起動一瞬)

Marphs++やA4をINJしたフィギュアファイル(cr2)やシーンファイル(.pz3)なんてすぐに100MBくらい
越えちゃうんで、その中からデータの一部を抽出する作業を頻繁に繰り返すような人にとって、
この違いは重要だったりします。
あと、起動とファイルの読み込みが速いので、Poser関連ファイルをPoser File Editor
にOS的にすべて関連付けしておくと、エクスプローラ上で間違ってWクリックしてしまっても
「Poserが立ち上がってイライラ」というのがなくなります。
もちろんPoserファイルをWクリックで開いて編集することも普通にできます。
(こういう「普通に」ってのが重要。)

=========================
安定性。
Poser File Editorで大きなファイルをわりと乱暴に編集してても固まったり落ちたりした記憶は
ないです。もちろん他のエディタが落ちやすいという意味ではないんですが、大きなファイルを
扱っている際に読み込み途中なのか固まってしまったのかわからない状態に陥ってしまうことが
稀にでもあると、作業の流れが止まってしまうので。
前述のファイル読み込みテストで190MBのファイルでも試してみたんですが、Poser File Editor
以外はメモリ不足でエラーダイアログが表示されました。
私のPCはRAMを24GB載せてるんで物理的なメモリ不足ってことじゃないと思うんですが、原因は
よくわかりません^^;

=========================
覚えやすい操作方法。
Poser File Editorで開いたファイルのアイテムをドラッグ&ドロップで移動やコピーできるのが
何よりうれしい。
「ああ、こういう操作をしたかったんだ」っていう感じ。
複数の編集ウィンドウを同時に開き、そのウィンドウ間でドラッグ&ドロップすることも可能なので
テンプレ的な空っぽのINJポーズファイル(pz2)を開いて、FBMなどを作成しておいたフィギュア
ファイル(cr2)から必要なアイテムだけをドラッグ&ドロップで移動するっていう作業も簡単に
できます。

ドラッグ&ドロップの際に押されているキーによってドロップした際の処理が異なります。

・何もキーを押さない → ドロップ先のアイテムの真下(同じ階層)に移動
・Shiftキー → ドロップ先のアイテムの中(下の階層)に移動
・Ctrlキー → 移動ではなくコピー。Shiftキーと同時押しOK

ドラッグしている最中に押しているキーを変更しても問題ないので、わりと適当な記憶でもOKです。

=========================
普通にアンドゥができるのが嬉しい。
これはもうそのまんまです。

=========================
特殊だなーと思う操作。
「複数アイテムを選択する方法」として一般的なドラッグによる複数選択やShiftやCtrlキーを
押してクリックする方法が使えません。
その代りとして、「Shiftキーを押しながらアイテム名にカーソルで触れる」という方法が導入
されています。
これは文字通り「カーソルで触れる」だけなので、Shiftキーを押した状態でクリックせずに
複数のアイテム名を上をカーソルですーっとなぞるだけでOKです。
非選択の場合は、Ctrlキーを押しながら。
メニューのSelectionから全選択や全非選択、子階層のみ選択、選択反転などが可能です。
選択/非選択は、アイテム名の左にあるにチェックが入っているかどうかで判別します。

慣れると「単一アイテム選択」と「複数アイテム選択」が明確に分かれていることの利点を理解&
納得できるんですが、最初は確実に戸惑うでしょうね^^;

とりあえず今回はここまで。
リクエストがあったらまた続きを書きますねぃ。




Tag: <>HOWTO
Category: Tool

MH PBMCC Checker
TwitterでごにょごにょしてたPythonツールができたのでフリー配布しまーす。

これはフィギュアのPBMCCチャンネル(ユーザーがINJで追加できるように用意されたチャンネル)
の何番が使用中or未使用なのかをチェックするツールです。
Poser上のフィギュアの気になるBody or パーツを選択した状態で、Pythonメニューから
実行してください。
PBMCCが存在するフィギュアなら、服でもなんでも勝手にPBMCCの状況をリスト表示します。
マジでリスト表示するだけです。

MH PBMCC Checker.zip (2kb)
http://www.manihoni.net/dl.php?dl=MH-PBMCC-Checker

※某所でリンク切れが指摘されていたので確認&修正しておきましたー

V4にNGM→Aliceの順でINJすると、かぶった番号のチャンネルがAliceで上書きされちゃってる例。
リスト項目は、左からチャンネル内部名(PBMCC_01~50)、パラメータダイアルの表示非表示(ox)、
最後がチャンネル外部名(ハイフンのみは原則として空きチャンネル)となってます。
例えば、PBMCC_37~39を見るとINJ済みだけど非表示(x)になってるのがわかりますね。
こういうのを手軽に確認したいなぁ~という当初の目的は達成できました。
PBMCC-Checker.gif

Tag: <>Python <>Free
Category: Tool

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free