Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


2016年を振り返って
2016年も「振り返って」シリーズをいってみましょう。
継続は力なり…って私が言っても説得力ないけどね!
過去の「振り返って」はこちら→ 2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年



えーっと、まず最初に当ブログの記事を見て「公式サイトがあるのでそちらにリンクを」と
コメントでご連絡くださった某社の方にお詫びを。
今年の11月頃からブログもTwitterも絶賛放置プレイ中だったためコメントをいただいていることに
ワタクシまったく気づいておらず、つい先ほど「ありゃりゃ」とorz
放置ブログとお気づきになって元のコメントはすでに削除されてしまっているようですが
該当記事を読んだ人のためにも公式サイトへのリンクはこっそり記事中に追加しておきました。



私にとって2016年最大の事件は、David Bowie氏(www.davidbowie.com)の死去でした。
英語圏以外の人が流行り言葉的に「R.I.P」という単語を使っているのを見るのが個人的に苦手。
以下、Twitterでの私のつぶやきを。



殿下ことPrince、若手俳優のAnton Yelchinの訃報にも「え、ウソだろ」と声が出るほど驚きました。
Anton Yelchin演じるオッド・トーマスやスタトレのチェコフの新作がもう観れないのは本当に残念。
他にもいろいろと思うところありますが、たぶん他の人がどこかで書いた文章と似たようになっちゃう
だろうから、この件はここまで。



自分自身の健康面は、特に悪くもなく、良くもなく。
いや、どちらかというと良いほうかな。
逆流性食道炎も痛風もアトピーも、微妙な波はあるものの基本的に小康状態でした。



プラモデルは…
インスタントコーヒーを淹れるためのお湯を沸かす待ち時間とかにパテ盛ったりサフったり
耐水サンドペーパーをかけたりするような地味で単純な作業をボチボチやってはいるんですが、
何か完成したかというとこれがまったくでorz
嫁さんと娘にせっつかれながらもマイペースを崩さない俺様。



さて、このブログの本題であるPoserについて。
触っている時間は明らかに短くなりましたが、辞めたわけではないしDAZ Studioに移るわけでもなく
気が向いたときに情報を集めたり、Poser+ZBrush+Octane Renderをいじったり。

Poser11/Pro11に関しては、我らが才女Kyotaroさんがネットに復帰してSuperFlyに関する記事
(さすがKyotaroさん!と言わざるを得ない頭の良い記事ばかりハァハァ)をバンバン出しているので
みんなそっちを読みに行くと良いぞ。

流転四界ぶろぐ
http://rutenshikai.blog63.fc2.com/


あとは、あれだ、Project E な。
CGbytes のフォーラムに行ってProject E General Discussionにザクザクっと目を通せば
わかることだけど、着々と完成に近づきつつあり、スピンオフ的に新しいチンコも完成しそうに
なっていたり…というのが現在の状況。
ていうか、作者のerogenesis氏が南アからイギリスに引っ越しちゃうという派手な動きが
年末近くになって持ち上がり、たぶん今はその関係でバタバタしてるんじゃないかと。

以前からこのブログでお伝えしている通り、Project Eがリリースされて特に問題なく
使えるようなら、それ用のキャラセットを作成&販売するつもりであることに変わりありませぬ。
んなわけで、2017年の私のPoser関連動向は、erogenesis氏次第ってことですな。
楽しめる一年になってくれることを祈りましょう。

と、これだけでは画像が一枚もないので、9月にTwitterに上げたやつでお茶濁し。

胸元が開きすぎなドレス(テクスチャは自作)は、9MBiさんの…とURLを紹介しようと思ったら、
サイトも閉鎖してるしレンダロからも全部消えていました。
あらら…
9MBiさんの服には大量のマグネットが仕込んであって、そのマグネットの適用量をFBM的に
スライダーでコントロールすることで体型にフィットさせるという、一風変わったものだったんですが
もうPoser自体やめちゃったのかもしれないですね。ちと淋しい。

髪は、Hr-092 by Aliさん名義のMankahoo氏


建物は、HONEYさんが自サイトで配布されている書院座敷(大)
HONEYさんのブログ記事→http://edogoyomi.way-nifty.com/diary/2006/12/post_6b18.html
ダウンロード場所(今は3頁目)→http://edogoyomi.art.coocan.jp/projects/3dmodels/index.html
服と同じくテクスチャは半分くらい自作のものに貼り換えてます。

障子に映った木の影は、All-Silhouettes.comからいただいてきたフリー素材のベクター画像を
利用して透過テクスチャを作り、単純な1枚板のプロップに貼って実際にライトによる影を
落としたものです。

Vector Trees



そんな感じで、ちょっと酔っ払ってて頭が回ってないのでまるで話が
まとまってませんが、どうか来年もよろしくお願いします~~~(定型文)
それではみなさん、良いお年を。

Category: Real Life

2015年を振り返って
あと20分ほどで新年を迎えてしまいますが、2015年も「振り返って」シリーズを
継続したいと思います。
過去の「振り返って」はこちら→ 2009年2010年2011年2012年2013年2014年
以上、ほぼ昨年の前文をコピペ。

まずはPoser関連。

1)PoserでV4メインのシーンを作る
2)GoZ経由でZBrushへV4と服+αを送ってモーフ&フィッティング
3)GoZ経由でPoserへ戻してライトやポーズの微調整
4)Octaneプラグインでレンダリング

というスタイルがほぼ確立した頃にPoser11のベータテスターのお話をいただき
日本語環境での動作やライブラリパレット関連を中心にバグ出ししていたら
あっという間に年末になってしまいましたの巻。
レンダロの有名ベンダーさん達が続々とGenesis3に鞍替えしていくなか、
完全に逆行しています。
のんびりしすぎです。
いいんです、それで幸せなんだから。
(いや、まったく何も気にしてないわけじゃないんだけどね^^;)


さて、昨年末に始めたプラモ作りのほうはというと… 1/700ウォーターラインシリーズの
駆逐艦「時雨」(フジミ模型)は現在こんな感じです。

shigure201512.jpg

今回も大きさの目安として一円玉さんにご登場いただきました。
マストの一部を真鍮線で作り直したり、横にぶらさがっている小型艇の一部をプラ板で
ディテールアップしたり、いろいろ頑張りましたが…
張り線(マストからアンテナなどに張られた線など)を追加する段階で止まってしまいました。
時雨の資料なさすぎ。
島風のはいっぱいあるのに。
あと、張り線用の金属糸、細すぎ。
1/700スケール用のものだと金属糸の直径が0.07mmですよ。
これでも「1/700には太め」だそうですよ奥さん。
いろいろ無理です。
…というわけで、今は保留させてください。ごめんなさい>娘

んで、今年は私の田舎の親父にもボケ防止としてプラモデル作りを薦めました。
もともと私の少年時代のプラモ作りは、親父の影響なんですよね。
だから、きっと親父も今から始めたとしても楽しんでくれるかな?と。
とりあえず今はTAMIYAの戦車を作っているようです。

で、そんな話を嫁さんにしつつ、戦車専門のプラモ雑誌を手に「これがカッコいい」
などと勝手に盛り上がっては「ダニみたいで変」などとディスられたりしてたんですが。

T55_02.jpg

すると、クリスマスに↓

T55_01.jpg

戦車のプラモデル(ダニみたいとディスられたやつ)をプレゼントされました。
まさかまさかの予想外の展開。
嫁さんカッコいい。
負けた。

そんな感じで、ちょっと酔っ払ってて頭が回ってないのでまるで話が
まとまってませんが、どうか来年もよろしくお願いします~~~(定型文)


Category: Real Life

2014年を振り返って&あけおめ
あと30分で新年を迎えてしまいますが、2014年も「振り返って」シリーズを
継続したいと思います。
過去の「振り返って」はこちら→ 2009年2010年2011年2012年2013年
以上、ほぼ昨年の前文をコピペ。

Poser関連はというと、一年間ほぼずーっとOctaneばっかり触ってた感じでしたね。
ものすごくスローペースではありますが、私自身のための忘備録の意味も込めて
Octane for Poserの機能を日本語で解説してきました。
これは2015年も続きますので、気長にお付き合いくださいm(_ _)m

プライベートでは、春頃に始まったアトピーのリバウンドの波が年末まで引かずに
続いていたので、ほぼ一年通して体調的に微妙でしたorz
で、12月に入って体調が回復した頃から、「ボケ防止のためにいいらしいよ」と
嫁さんからちょくちょく薦められていたプラモ作りを始めました^^
まぁ、PCで3DCGやってればそれだけでもボケ防止になると思うんだけどね。

プラモ作り経験は、中学生?高校生?くらいまでガンプラや戦車を、結婚直後に
嫁さんの希望でガンプラを作ってたので初めてというわけではないんですが
今回は思い切ってエアブラシ&コンプレッサーとかも購入し、かなり本格的に。

今作ってるのは、艦コレ好きの娘の希望により1/700ウォーターラインシリーズの
駆逐艦「時雨」(フジミ模型)です。

DSCN1741.jpg

一円玉と比較してもらえばわかるように、まー細かいこと細かいこと。
ルーペ常備じゃないとエッチングパーツとか扱うの無理です^^;

・・・と、文章書いてる間に年明けちゃいましたねorz
ちゅーわけで、

あけましておめでとうございますm(_ _)m

今年もよろしゅう^^

WORLD END
DSCN1656.jpg

ほぼ毎年恒例、家族で初日の出を見に行ってきました。
関東はとてもいい天気でしたね。
家族三人デジカメ(私)とiPhone(妻と娘)で初日の出をパチパチ撮っていたんですが、
私の撮ったこの画像を見た娘が「初日の出なのに、まるでWorld End」と^^
いいセンスしてるぜ(親バカ

ていうか、私が撮った写真って、知らず知らずにド安定した構図になってしまって
まったく面白味がないんだよね。
「構図は、見た人にちょっと不安感を与えるくらいがちょうどいい」ってのが私の持論
なんですが、その持論をまったく生かせない現実に絶望すら感じますorz

で、そういう構図選びも含めた写真を撮るセンスに関して私は妻にまったくかないません。
嫉妬と通り越して尊敬してしまうレベル↓
すごいぜ妻(夫バカ

IMG_9151.jpg
IMG_4536.jpg
IMG_7237.jpg



Category: Real Life

2012年を振り返って
あと数時間で新年を迎えてしまいますが、2012年も「振り返って」シリーズを
継続したいと思います。
過去の「振り返って」はこちら→ 2009年2010年2011年


まずはPoser関係。

個人的にはPoserPythonの便利小物を作った一年だったような。
例えば、IDLで光っちゃう肌対策として「MH ambientValue0」とか。
ライトをグループ化するための「MH Grouping Lights」とか。

あとは、一般公開せずに個人用として使っているカメラ切替ボタンとか
マグネットを左右対称に合せるツールとか、細々といろいろ作りました。

それから、Karlin~M3 ReBirthまでのMATをPoser9/Pro2012に対応させるべく
主にIDLとMATの相性の研究をしておりました。
これについては、ぼちぼち結論が出せた感じ
SSSは…正直あんまり興味ないんですが導入しないわけにはいかないだろうと
ちょびっとだけいじってみたり。

もうひとつ、SkinBlender2のサポートに頭を悩ませたことが多くなってきたので
従来のMATとSSS有のMATを自動判別して処理を変更するルーチンを新たに追加…
するだけで済むはずもなく、もうひとつの悩みの種だったMac版PoserとTkInter
の問題を解決すべく、現VerのPoserの標準GUIライブラリとなったwxPythonを
勉強し、それに合わせてSkinBlender2全体を書き直したり

さらについでにMiki4に対応させたり。
で、Miki4用のTanlineとTattooのサンプル画像&プロモ画像を作るために
Miki4用のスキンを新たに自作し始めちゃったりして

結果としてベンダーとして新作もアップデータもまったく追加公開できずに
1年が終わってしまいましたが、いろいろと次の一歩のための布石は積み上げて
おりますので、2013年にご期待ください。
(そんな無責任なこと言っていいのか>自分)
(あ、そういえばV4の新キャラも結局放置プレイ中になってた…)

Poser界全体の出来事して特筆すべきは、「DSON Importer for Poser」ですね。
個人的には相変わらずV4を使い続けているのであまり大きな恩恵は受けており
ませんが、「Poser9/Pro2012 SR3からPoserPythonにAdd-onのライブラリを追加
できるように仕様拡張されたこと」がとても大きな意味を持つわけで、今後の
Poserの拡張性(Octane Renderが良い例です)に激しく期待できそうです。


政治的には、言うまでもなく民主党が下野して万々歳という感じです。
なんかいろいろ言いたいことあるんだけど、2009年の政権交代前にこのブログに
書いてた自分の文章を読み返してみて、あっという間に時間が過ぎてしまっていて
「あう、もうあと1時間半で年越しじゃん」みたいな。

来年はきっと良い年になる。
いや、良い年にしようぜみんな。

Category: Real Life

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free