Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


再)エラーエラーエラー
問題が発生したため、Poser executable file を終了します。
ご不便をおかけして申し訳ありません。


はい、このエラーに悩まされてる人、手を上げて~~~~~
というわけで、英語版のPoser7に変えてもたまにこのエラーが発生してますorz

このエラーの原因は、私の環境の場合「nvoglnt.dll」ですね。
まず間違いない。
名前からしてOpenGL関連なわけですが、どうやらPoserを終了したときに
VRAMのキャッシュ辺りのパージがきちんとできてないクサイです。

これはNVIDIAのドライバ「ForceWare」に含まれているもので、ドライバの
バージョンによっては激しく不安定(=エラーでまくり)になります。
私はGeforce7900GTXを使ってるんですが、これに対応したドライバは
169.38で今のところ打ち止めぽい。
170番以降は、GeForce8シリーズ用って感じですね。(プンプン

まぁ、何度も同じエラーに遭遇してるとエラーが出るパターンというか
(その場しのぎの)対策も見えてくるわけでとりあえずなんとかなってます。

1)PC起動後にPoserを使う。(特に問題は発生しない)
2)Poserを終了する。
3)再度Poserを起動してデータを読み込むと、ロード後にエラーで落ちる。

ということになるので、このエラーが発生したときはとにかくPC再起動をして
VRAMをクリアしてしまう
しかなさそうです。
めんどくさいけど、これでエラーをほぼ回避できるはず。
ただ・・・どうもデータが重くなるとPC再起動でもどうにもならない場合がある。
そういうときは、データを読み込み終わったら速攻でメニューの

Display > Preview Drawing > Sreed software

を選択してプレビュー方法を変更。
表示はOpenGLと比べるとかなり悲惨(汚い&遅い)だけど、OpenGL関連のエラーは
出なくなるので、必要な部分を残して不要なデータを削れば、なんとかレスキューできます。

スポンサーサイト

Tag: <>ERROR
Category: Poser全般

A4キャラメイキング(分析編その1)
はーい、予告どおりパラメータの分析などをやってまいりましょう。
ただし、パラメータ数が尋常じゃないのである程度系統立ててやる必要が。
かなりスローペースで進めます。
(そして途中で止める可能性大。そのときは見なかったフリをプリーズです。)

それから、この分析編の大前提として、「Aiko4」ベースを直接ロードしたものを対象にします。
V4.2にA4を後からINJしたものとどう違いがあるかどうかわかりませんが、一応そういうことで。



キャラメイキングで一番重要なのは頭部です。
てか、顔ね。顔。
てなわけで、「HEAD」にどんなパラメータがあるか簡単な一覧を・・・と冷静に見てみたら
HEADだけで洒落にならない数でしたorz
気づいたのは、以下の3点。

 1)V4.2のBaseモーフは最初から入っている。
 2)V4.2のBaseモーフとA4モーフでは、名称が重複しているものがある。
 3)「Visemes(発音するときの口の形状)」は、V4.2のものがそのまま使われている。

まずA4に含まれているV4.2Baseの分析から始めないとニッチモサッチもいかないようなので、
仕方ないのでそっちから片付けてみることにします。
2に関しては、今後A4の固有モーフとの比較もやってみないとね。
あと、3は意外だったんだけど、リップシンクもV4.2のものをそのまま流用できるってことかな。
(どうしても英語圏っぽい口の動きになるから、日本ではあまり使われてないけどね^^;)

下の図は、A4ベースに含まれているV4.2Baseの部分だけ抜き出したもの。





いろいろいじる前に、「いじってて苦にならない状態」に持っていくことにします。
A4ベースをロードしたままの素の状態だと、ハッキリ言って怖いです。
まず、レンダリングしないと目のテクスチャがちゃんと表示されてない(なんでだろ?)ので
Madisonさんの目のMATポーズを使わせていただくことにしました。
頭の形もアニメ調にデフォルメされすぎているので、HEADの

 「Marph|Shapes」>「Aiko 4」>「Aiko4」

を調整します。
好みにもよると思いますが、Aikoっぽさを残すことを念頭に「0.6」にしてみました。





今回の記事の最後に扱うパラメータは

 「Marph|Shapes」>「Aiko 4」>「Hair」
 「Marph|Shapes」>「Aiko 4」>「Male」

です・・・・が、これ普通使わないっすよねorz
てことで、サクッと画像を出して終了~~~~~~~~~~~~




Tag: <>A4
Category: Poser全般

A4キャラメイキング(ご休憩編)


難しい話ばっかりじゃアレなんで今回はご休憩ということで^^

Aiko4
 しばらくA4主体で行く予定。

・FrejaさんのFR-Madison
 http://market.renderosity.com/mod/bcs/index.php?ViewProduct=62467
 Frejaさんのテイスト好きです^^

Natsumy Hair for V4
 http://www.daz3d.com/i.x/shop/itemdetails/-/?item=4849
 どんな髪にしようか相当悩みました。毎回Brooke Hairでもなんだし、できれば少し
 立体的な髪にしようかと。んで、DAZでこれが$1.99で売ってたので買っちゃいましたorz
 A4 Magnet Fit は使わずにスケール調整などでおおまかにあわせて、生え際や
 全体の立体感をモーフパテでぐにぐにいじってあります。

Kunoichi for A4/V4
 http://www.daz3d.com/i.x/shop/itemdetails/-/?item=6039
 髪が和風テイストとなると衣装もそっち方向で・・・と思ったら、A4V4に着せられるのって
 ほとんどないのねってことで、DAZで見つけたこれを買っちゃいましたorz
 (あんた金使いすぎだよ)
 衣装のデザイン的にも予想つくけど、胸元ががばっと開くモーフとかが入ってました^^

・Billy-TさんのV4 Denim Mini Setのネックレス
 http://market.renderosity.com/mod/bcs/index.php?ViewProduct=57541
 首がさびしいなぁ~と、以前(パンツの食い込みモーフを見たくて)買ってあった
 Billy-TさんのMiniデニムセットに入っていたネックレスを使用。

・PosermaticさんのNatural Gravity Morphs for V4
 http://market.renderosity.com/mod/bcs/index.php?ViewProduct=56699
 これはこのブログでは説明不要だよな兄弟。


Tag: <>A4 <>PIC
Category: Poser全般

A4キャラメイキング(模索編)
A4はV4のモーフという扱いのキャラなので、A3に慣れている人ほど
苦戦しているようですね^^;
特に顔。
A4の素の状態から自分好みの顔を作るのは、V4慣れしてる人のほうに
アドバンテージがあるみたいです。(V4 Morph++の扱いとか)
しかし、V4 Morph++に慣れるまで・・・なんてそんな悠長に構えるよりも
もっと手っ取り早く「それっぽい顔」にする方法があります。



まず、重要なのは「V4のキャラモーフをそのまま使える」という点。
これを利用しない手はありません。


1)A4をロード
2)V4キャラモーフを読み込む(頭部のみのほうが扱いやすいかも)
3)「HEAD」のパラメータにある「Morph | Shapes」>「Aiko4」を開いて、Aiko40.5に。
4)同じく「HEAD」のパラメータにある「INJection Channels」の中にあるキャラモーフを0.5に。

  ※販売元によってキャラモーフのパラメータは「DAZ」か「Community」のどちらかに入るか
    変わってくるので、自分で確認してください。

あとは、そのキャラモーフのスキンをそのまま使ってもいいし、別のV4のスキンを使ってもOK.
(もちろんA4用の別スキンでもいいっすよ。)


目の大きさが少し大きい気がしても「Realistic」や「RealisticClassic」はいじらずに
この段階では無視して、上述した2と3のパラメータを使って顔の基本形を調整します。
※やってみればわかりますが、「Realistic」系はいじってもあんまりいいことありません。

次に、上述の2のAiko4パラメータと同じ場所にある目のパラメータをいじります。
あまり細かい調整はできないので、だいたいの方向性を決めるくらいの感覚で。

てことで、衝動買いしてほとんどいじってなかったV4キャラMadisonさんを利用してみました。
http://market.renderosity.com/mod/bcs/index.php?ViewProduct=62467
いじったパラメータは以下の通り。
Aiko4 0.460
Madison 0.480
EyesLowerFlat 0.07
EyesShape2 0.50
IrisHuge 0.16

(うーん、これはこのままでもいいかも)


そして最後にV4 Morph++を利用して調整します。
・・・が、A4をロードしただけだと、V4 Morph++はINJされていないはず。
ライブラリのPoseの中から探し出しましょう。
デフォルトだと、「Pose」>「DAZ's Victoria 4」>「Morph Injections」かな。
※ちなみに私は別のフォルダに移動して整理しちゃってます。
※V4のBase Morphは、A4に最初から入ってます。

V4 Morph++の個別INJは、なんの意地悪かわかりませんが、デフォルトの状態では
330個のINJがすべて「Morphs++」フォルダに入っているため目的のモーフを探すのは
至難の業です。
とりあえず「Morph Injections」フォルダ直下にある「INJ Morphs++ V4」で一発INJ
してしまいましょうか。(かなり時間かかるけどね^^;)

V4 Morph++のINJが終わったら、あらためてHEADのパラメータを見てみます。
「Morph | Shapes」の「Morphs++」の中にある「Eyes」「Ears」「Nose」「Mouth」などが
使えるようになっているはずです。
細かいキャラの煮詰めはこれを利用しましょう。

以上、現時点での模索した結果をお伝えしました。

Tag: <>A4
Category: Poser全般

NGMとAiko4(検証編)

※クリックすると少し大きめな画像が別窓で表示されるのでご注意を。


Aiko4のボディのパラメータを一切いじらずにNGM for V4を適用した場合の検証画像です。
とりあえずType-Aとtype-Gのみですが、破綻してる感じは一切ありません。
Typeによっては、よく見ると谷間の部分がほんの少しだけゆがんでいる場合がありますが
V4morph++で修正できる範囲内なので問題ないかと。

NGM for A3の場合、微妙にアニメっぽくデフォルメされていた印象があるんですが
NGM for V4はリアルなV4用に作られたものなので、ひたすらリアル感があります。
まぁ、V4morph++でいじればデフォルメっぽくもできるはずだし。

てことで、NGM for A4待ちなどと言わずにすぐ導入するように^^>リソキソさん

<追記2015.06.13>
コメントにある「Gwenith Hair」のV4用のものは、現在
http://www.runtimedna.com/Gwenith-Hair-Vol-I-A3-V3-V4.html
で購入可能です。$3.90。




Tag: <>NGM <>A4 <>PIC
Category: Poser全般

NGMとAiko4(実践編)
とりあえず1枚作ってみますた。


※デカイ画像は、レンダロのギャラリーへどうぞ。→ココ

■READ MORE

Tag: <>NGM <>A4 <>Free <>PIC
Category: Poser全般

NGMとAiko4
全国のNGMファンのみなさんコンバンワ。

Aiko4がリリースされてもっとも気になる点、それは言うまでもなく
「V4版NGMがそのまま使えるのか?それともA4版リリース待ちなのか?」
というところだと思います。
私も気になりました。
で、さっそく試してみました。


■READ MORE

Tag: <>NGM <>A4
Category: Poser全般

Poser7英語版を安く入手する方法
コンパラ(英)のニュースメールからの情報~
パスポート会員限定でPoser6(英語版)を$2.29で販売中です。3/3まで期間限定。
コンパラの日本サイトのほうではやっていない?ようです。


■READ MORE

Tag: <>Sale
Category: Poser全般

Aiko4きました~~
来ましたよ奥さん!!
一部のみなさんの「きっと2月内に来る!」という予想通りの結果となりました。

まず、Aiko4の一番重要なポイント。
V4.2のモーフという扱いになっている。
(=V4.2Baseが必須。)

つまり、ベースフィギュアというものが存在しないので、Morph++も存在しないようです。
プラチナ会員は普通に無料で入手可能となってます。(2/26まで)
ちなみに、V4.1からV4.2というようなマイナーバージョンアップではないので、
購入履歴をリセットしてもダウンロードリストには現れません。
完全に新商品扱いです。


■READ MORE

Tag: <>A4 <>Sale
Category: Poser全般

Poser素材を探すとき
<2013.08.15確認>
この記事で紹介しているサイトはすでに別の業者にアドレスを買われてしまっていて
3Dとはまったく関係ないものになっています。
アクセスした結果として何か不利益が生じたとしても当方は一切の責任を負えませんので
記事中のURLも削除しておきました。



とても便利なサイトがあります。

  Whatever3d

このサイトは、Renderosity、PoserPros、Runtime DNA、DAZ 3d、XFX3d(ここ知らない)、
Content Paradise、そしていろんなFreeStuff(ShareCGも含む)を通し検索してくれます。
メンバー登録しても特に検索オプションが増えるわけでもないので、気にせずそのまま
使ってOKです。(ていうか、メンバー登録するメリットがなんなのかわかりません^^;)



■READ MORE

Category: Poser全般

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。