Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Spotsノードバグの修正
Twitterですでにポロッとつぶやきましたが、Poser9/Pro2012でHardwareShadingをONに
した際のプレビューレンダリングでのみ、SpotsノードのBase_ColorとSpot_Colorが逆転

してしまっていたバグが修正されました。
最新のベータテスター版でも修正を確認できましたので、SR1アップデート時に問題が解消される
はずです。

スポンサーサイト

Category: Poser全般

SkinBlender2.1ベータ
Poser9/Pro2012のVerアップにより、Pythonのバージョンも2.7.1(Win版の場合)に上がりました。
その結果、Pythonのファイルアクセス系・文字コード判定系のメソッドに微妙な変更が加わったようで、私のPythonツール製品である「MH SkinBlender2」も正常に動作しなくなりましたorz

そんなわけで、自分自身のPoser環境で使えるようにコードの修正を加えてからしばらく試用してみた後、Forum3Dにて公開ベータテストを行うことにしました。

Forum3D: MH SkinBlender2.1公開ベータテスト
http://www.forum3d.net/bbs/index.php?topic=1347.msg9970

具体的な修正ポイントは、ブレンド画像の読み込みやプリセットファイルの保存・読み込み時のファイルパス取得処理で、「パスの文字列がASCIIかどうか?」という分岐処理部分。
Python2.7.1になって何故か「ASCIIじゃねーぞ!」という判定を返すようになってしまったので、「ASCIIあるいはunicode」と判定の幅を広げてみた・・・という感じで。

で、ベータテストのポイントも、「Win7 64bit上でPoserPro2010と2012の両方とも動く」という私の環境以外の状況を確認するだけのつもりだったのですが、MacOSXとPoserPro2012の組合せではTkinterライブラリが使えないという非常事態が判明。
調べてみたところ、SmithMicroの公式バグトラッカーでも同様の報告がなされているので、特殊な環境に由来した問題ではないようです。
SmithMicroの開発側でPoserに修正を加えてくれればそれで万々歳なんですが、もし「それが仕様です」と宣言されちゃう事態になったら、GUIライブラリを「Tkinter」から「wxPython」に切替えないといけなくなるわけで、そうなるとコードの大部分を書き直しですよorz
うーん、申し訳ないけど、その場合はMacOSXとPoser9/Pro2012の組合せは動作対象外ということにさせてもらうかもしれません。
ごめんなさい。

Tag: <>WIP <>Python
Category: My Products

Spotsノードのバグ
Twitterでは何度かつぶやきましたが、ブログでハッキリ状況を説明しておかないと勘違い
されかねないので、あえてずばっと言っちゃいます。
9/20に公開されたPoser9&Pro2012は、率直に言って私にとって一番嬉しくないバグが残った
状態でリリースされたものでした。

このブログの前々回の記事にも書きましたが、私はベータテスターをやっていたのでリリース前
からこのバグの存在について知っていました。
で、他の人がバグレポを出さないようなので、私自身がバグレポを提出。
すると、修正の優先順位がすぐにLowからHighへ、そしてCriticalに変更されたので、
「公式リリースの際は直ってるだろう」と安心していました。
・・・が、結果はorz

実際にどんなバグかは、以下の画像を見てもらえば一発でわかると思いますのでどうぞ。
(ちょっとでかい画像ですが、バグレポに使ったものです。)

spots01.gif

spots02.gif

つまり、Poser9/Pro2012でHardwareShadingをONにした際のプレビューレンダリング
でのみ、SpotsノードのBase_ColorとSpot_Colorが逆転
してしまっているわけです。
ただし、HardwareShadingをONにした状態でも、FirFlyレンダリングは正常に行えます。
もう本当にプレビューレンダリングだけの問題です。

この症状は、私だけでなくFK-DesignさんやRebelmommyさんといった有名ベンダーさんも同様に、
キャラの肌の質感を出すためにSpotノードを利用している製品において必ず発生します。
繰り返しますが、Hardware ShadingをONにしたプレビューレンダリングのみです。

たぶん次のマイナーアップデートの際には直っているだろうと思いますが、それまでは申し訳あり
ませんが、この問題が発生するマテリアルを使う場合はHardware ShadingをOFFにするか、
あるいは見た目の悪いプレビューレンダリングを我慢して頂けるようよろしくお願いします。

とほほ。

Category: Poser全般

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。