Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


RAM増設とSSD導入
GTX680に引き続きPC強化ネタ。

まず、RAM増設。
PC3-10600(DDR3-1333) 12GB (2GBx6)

PC3-12800(DDR3-1600) 24GB (4GBx6)
に交換。
品は、価格.comのメモリ部門で売れ筋ランキングと注目ランキングともに現在1位の
W3U1600HQ-4G。
http://www.cfd.co.jp/memory/elixir_ddr3.html
http://kakaku.com/item/K0000320521/

キャラのテクスチャをいじるときにPoserとPhotoshopを同時起動してると
12GBではすぐにメモリ不足になってしまうのが悩みの種だったんですが、
それが解消されました。
交換作業は特に問題なく、メモリテストも完走。
強いて言えば、メモリスロットの上に被っていたCPUファンを念のため取り外す作業が
思ったよりも手こずった・・・くらいかな。

で、お次はSSD導入。
選んだ品は、容量少し多めのCrucial m4 CT256M4SSD2。
http://www.crucial.com/store/partspecs.aspx?IMODULE=CT256M4SSD2
http://kakaku.com/item/K0000249207/
ここ数日でまた値段が下がって、ついに2万円を切りました。
もーびっくり。
ちなみにこの品には2.5inchドライブを3.5inchベイに取り付けるためのマウンタや、
SATAケーブルは付属していないので、要別途購入。

新規インストは面倒なので、起動用HDD内のパーティションをSSDに丸ごと移植します。
基本的な手順が知りたい人は「SSD データ移行」でググってくだちぃ。
私はこのデータ移植作業にEaseUS Partition Master 9.1.1 Home Editionという
フリーウェアを使いました。窓の社からもDLできるようだし、ググれば日本語情報も
いろいろ見つかるので、詳しくは(ry

   ※2016.12.30追記
   ※現在は日本語の公式サイトが存在しています。
   ※http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

で、実際に作業を進めていくと、いくつかの問題に遭遇しました。
以下、ずらずらっと書いておきますので、これからやってみようという人は参考にどうぞ。

1)起動用HDDに「システムで予約済み」という不可視のパーティションがある場合、
SSDにデータ移植する際にどうするか?という問題がでてきます。
(この「システムで予約済み」というパーティションの持つ役割はググって(ry )
個人的には、このパーティションは消しちゃったほうが余計なトラブルを抱えずに
済むんじゃないかと思います。(実際、残したことで余計なトラブル抱え込みそうになったし。)
とりあえず、EaseUS Partition Masterで「システムで予約済み」のパーティションも
含めてHDDのデータをSSDに移植してしまって、その後でSSD上の「システムで予約済み」を
消去してみるといいかもしれない。そのほうがリカバーきくきく。
言うまでもありませんが、消す場合は自己責任でヨロスク。

2)起動ディスクのパーティションをいじると、リスタート後に起動ディスクとして認識されなくなって
しまうことが多々あります。
そういう時はWindowsのインストールDVDもしくはシステム修復ディスクから起動して
コンピューターを修復する」を実行しましょう。

3)SSDやHDDの読み書き速度に影響を与えるパーティションアライメント
実はHDDからSSDにシステムを移植できるソフトには、このパーティションアライメント
調整を自動でやってくれるものとそうでないものの2種類があります。
私が今回使ったEaseUS Partition Master 9.1.1 Home Editionは、できない子。
仕方ないのでシェアウェアのParagon Alignment Tool 3.0を購入して調整しました。
この調整は、現在利用中の起動ディスクに施そうとしても失敗するので、必ず別のディスク
(元の起動用HDDが一番手っ取り早い)から起動してからSSDに対して実行しましょう。
パーティションアライメント調整後もSSDの4k/writeが一桁台のまま変わらん・・・という悲しい
ケースもあるようなので、シェアウェアを購入する場合は自己責任でヨロスク。
ちなみに私の場合は劇的に改善しました。
※数値が大きい方が高速。(計測にはCrystalDiskMark3.0.1cを使用)

            調整前  調整後  
seq/read290.4339.5
seq/write212231.3
512k/read328.5332.2
512k/write170.9227.3
4k/read22.3923.3
4k/write8.5465.57
4k-qd32/read125.6183
4k-qd32/write8.51132.6



スポンサーサイト

Category: etc

GeForce GTX680
2010年8月にBTO購入したPCのグラボNVIDIA GeForce GTX480は高性能ながら
消費電力が高く発熱もものすごい代物だったんですが今年に入ってからなにやら絶不調。
グラボを酷使すると冷却ファンが爆音を上げ、しばらくすると映像出力が止まってしまい、
完全にブラックアウト(PCを強制再起動しないとどうにもならない)という事態がしばしば
発生しておりました。
ちょうどNvidiaのドライバForceWareのバグ(ピンク色のモザイク状にモニタ映像が
ぐちゃぐちゃになるとか、応答停止になって一定時間映像が固まるとか)も重なっていたようで
3D関連の作業もゲームもまともにできない状態になってました。

そこで新しいグラボに早く買い替えよう!と調べていたら、ネット上の知人数名から
「あと1か月もしたらGeforceの600番台の新シリーズが出るから、待った方がイイよ!」
というありがた~~いアドバイスをいただきました。
いろいろ調べてみたところ600番台のGeForceの売りが「低消費電力、低発熱」だと知り、
これから節電が必要な日本の夏を迎えるにあたって「これしかない!」と。
GTX480では250Wだった公称最大消費電力が、GTX680では195Wですからね。

とりあえず、GTX680を購入するまでの間、昔使っていたPCから外して残しておいた
GTX285に交換して待つことに。
このGTX285も公称消費電力が204Wと、GTX480と比べると発熱もものすごく低い。
ドライバは、比較的不具合の少ないVer.295.73という古いものをインストール。
地味に使う分にはこれでも十分っちゃー十分なんですけどね^^;

で、ついにGTX680販売開始・・・されたはいいけれど、どうやら出荷数が少なかったようで
「微妙に高いし、どこも品切れ」という状況が1カ月近く続き、5月頭のGTX670と690の発表が
あってやっと普通に買えるようになってきました。

というわけで、ZOTAC GeForce® GTX 680
ドライバは301.32betaをインストールしました。
静かだし、体感レベルでGTX285よりも低発熱なのがわかるから、ホントすごいです。
OE版や4GB版の流通もぼちぼち安定してきたようだし、2GBのリファレンス版なら5.5万を
目安に探してみるといいかも。

Category: etc

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。