Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年を振り返って
あと数時間で新年を迎えてしまいますが、2012年も「振り返って」シリーズを
継続したいと思います。
過去の「振り返って」はこちら→ 2009年2010年2011年


まずはPoser関係。

個人的にはPoserPythonの便利小物を作った一年だったような。
例えば、IDLで光っちゃう肌対策として「MH ambientValue0」とか。
ライトをグループ化するための「MH Grouping Lights」とか。

あとは、一般公開せずに個人用として使っているカメラ切替ボタンとか
マグネットを左右対称に合せるツールとか、細々といろいろ作りました。

それから、Karlin~M3 ReBirthまでのMATをPoser9/Pro2012に対応させるべく
主にIDLとMATの相性の研究をしておりました。
これについては、ぼちぼち結論が出せた感じ
SSSは…正直あんまり興味ないんですが導入しないわけにはいかないだろうと
ちょびっとだけいじってみたり。

もうひとつ、SkinBlender2のサポートに頭を悩ませたことが多くなってきたので
従来のMATとSSS有のMATを自動判別して処理を変更するルーチンを新たに追加…
するだけで済むはずもなく、もうひとつの悩みの種だったMac版PoserとTkInter
の問題を解決すべく、現VerのPoserの標準GUIライブラリとなったwxPythonを
勉強し、それに合わせてSkinBlender2全体を書き直したり

さらについでにMiki4に対応させたり。
で、Miki4用のTanlineとTattooのサンプル画像&プロモ画像を作るために
Miki4用のスキンを新たに自作し始めちゃったりして

結果としてベンダーとして新作もアップデータもまったく追加公開できずに
1年が終わってしまいましたが、いろいろと次の一歩のための布石は積み上げて
おりますので、2013年にご期待ください。
(そんな無責任なこと言っていいのか>自分)
(あ、そういえばV4の新キャラも結局放置プレイ中になってた…)

Poser界全体の出来事して特筆すべきは、「DSON Importer for Poser」ですね。
個人的には相変わらずV4を使い続けているのであまり大きな恩恵は受けており
ませんが、「Poser9/Pro2012 SR3からPoserPythonにAdd-onのライブラリを追加
できるように仕様拡張されたこと」がとても大きな意味を持つわけで、今後の
Poserの拡張性(Octane Renderが良い例です)に激しく期待できそうです。


政治的には、言うまでもなく民主党が下野して万々歳という感じです。
なんかいろいろ言いたいことあるんだけど、2009年の政権交代前にこのブログに
書いてた自分の文章を読み返してみて、あっという間に時間が過ぎてしまっていて
「あう、もうあと1時間半で年越しじゃん」みたいな。

来年はきっと良い年になる。
いや、良い年にしようぜみんな。
スポンサーサイト

Category: Real Life

Miki4用の商用リソース
さて、今回のネタはMiki4用のマーチャントリソースです。
ていうか、Miki4のUVはMiki3のUVと完全に同じで、しかも現時点でMiki4用として
リリースされているマーチャントリソースはひとつもないので、今回紹介するものは
すべてMiki3用として販売されているものになります。
みなさんの想像通りだろうと思いますが、Miki3とMiki4はまったくと言っていいほど
流行っておらず、その当然の結果としてマーチャントリソースもたった3つしか
リリースされていません(当社調べ)。

Miki 3 Merchant Resource @コンパラ
Miki3 Merchant Resource @RDNA
Sakura- Character and Merchant Resource for Miki @コンパラ


詳細やURLに関しては、お馴染みForum3Dの人体用マーチャントリソースの
コーナーに書き込みしておきましたので、そちらをご覧くださいm(_ _)m
http://www.forum3d.net/bbs/index.php?board=36.0

そもそも私がなぜMiki4用のマーチャントリソースに手を出したのかと言うと

 SkinBlender3をMiki3&4に対応させた
      ↓
 Miki3&4用のブレンド画像を作らないと・・・
      ↓
 あああ、プロモ画像も必要になるから自分で納得して使えるレベルの
 Miki4用の皮が欲しい
      ↓
 売ってないなら作るしかない

という、とてもとても遠回りな展開でして。
実際にもうMiki4用の皮作りは開始してるんですが、モチべがねぇ・・・
モチべがあがらんのです。困ったもんだ二。

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。