Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


シンボリックリンク!
シンボリルドルフではなく。
(競馬にはまったく興味ないけど馬の名前をちょっと知ってるレベル)

新旧Poserの共存の話を進める前に、PoserのRuntime等の共存や整理を語るうえで
是非知っておきたい&利用できるようになっておきたいシンボリックリンクのことを
紹介したいと思います。
これは以前「ジャンクション!」というタイトルでも書いたネタなんですが、私自身による
利用方法も当時とはかなり変わったので今回いろいろ書き直してみようと。
※以下は注釈がない限りWindowsのお話です。
※というか、MacOSXは最初からシンボリックリンクが使えるよね?



Windows Vista以降は、OS標準でシンボリックリンクを使うことができるようになりましたが
実際に利用するためにはコマンドプロンプトによる操作が必要なのでかなり不便。
そこで、もっと手軽に利用できるようにするためのユーティリティをいくつか紹介します。
自分の好みや環境に合せて選んでください。

1)Link Shell Extension (HardlinkShellExtension)
  http://schinagl.priv.at/nt/hardlinkshellext/hardlinkshellext.html

  私はこれを使ってます。
  Win7-64bitにもネイティブ対応。日本語表示。
  ショートカット作成と同じように右クリ+ドラッグ&ドロップするとコンテクストメニューが
  開くので、ここにリンクを作成 > シンボリックリンクを選択するだけ。
  ※選択後にユーザーアカウント制御のダイアログがでるので要承認。
  ※ジャンクションを選択した際は、ユーザーアカウント制御のダイアログは出ません。
  シンボリックリンクを削除する方法は通常のファイル削除と同じです。
  ※このユーティリティをアンインストした状態だったり、エクスプローラ非準拠のファイラーを
   使ってシンボリックリンクを削除した場合の動作は保証されていません。
  

  ファイルのダウンロードリンクは、同じページの下のほうにあります。
  インストールするファイルはOSのバージョンや32bitか64bitによって異なるので注意。
  ※XPでシンボリックリンクを使う場合は、さらに下にあるSymbolic Link Driver for
   Windows XP
から32bitか64bitを選んで追加インストールすること。
  


2)Link Creation Shell Extension
  http://sourceforge.net/projects/lnhdr/files/lnhdr/lnhdr-1.52/

  これは以前に「ジャンクション!」で紹介したユーティリティですね。
  Win7-64bitならlnhdr-1.52-x64-ja.msiをインストール。
  ファイル名に「ja」とあるように、日本語表示です。
  最終更新が2007年6月と古く、作成されたリンクのプロパティから推測するとシンボリック
  リンクではなくジャンクションのみを扱うもののようです。
  使用方法は、ショートカット作成と同じように右クリ+ドラッグ&ドロップするとコンテクスト
  メニューが開くので、リンクを作るを選択するだけ。
  ユーザーアカウント制御ダイアログも表示されません。
  シンプルさを求める人はこちらのほうがお手軽かもしれませんが、すでに開発が終了して
  しまった古いものなので安全性の保障はできません。


3)Orchis @小物創作所
  http://www.eonet.ne.jp/~gorota/
  
  T2さんに教えてもらった日本製のユーティリティで、基本はファイルランチャー。
  私は使ったことがないので詳しくはわかりませんが、右クリ+ドラッグ&ドロップの動作設定で
  ジャンクションやシンボリックリンクの作成と削除がサポートされているようです。


以下はシンボリックリンクとはなんぞや?という、もうちょっとだけ掘り下げた話。
興味のある人はどうぞ~

■READ MORE

Tag: <>HOWTO
Category: Tool

新旧Poserの共存(その1
Twitterでもつぶやきましたが、Poser10/Pro2014にはまだいろんなバグが残ってますので
旧バージョンのPoserをアンインストールするのはもうちょっと待ったほうが良さそう。

というわけで、私の現在のPoser環境は、Pro2012sr3.1とPro2014が共存しています。
この共存を実現する方法はいろいろあると思いますが、一例として私のやりかたを
Poser初心者向けっぽく説明しておきますね。
※Win7向けの解説です。Macには通じない部分もあると思いますが、基本的な考え方は
 同じだと思いますので参考にしてください。


1)Runtimeフォルダを複数に分けておく
  今、私のPCのDドライブには

   ・Poser Content
   ・Poser Pro 2012 Content
   ・Poser Pro 2014 Content

  というPoser用フォルダが3つあり、それぞれにRuntimeが入ってます。
  (※DAZ ContentというDAZ Studio用フォルダもありますが今回はスルー)

  Poser Pro 2012 ContentPoser Pro 2014 Contentは、それぞれPoser本体を
  インストールしたときに一緒にインストールした付属コンテンツですね。
  前回の記事で書いたように、PoserPro2014インストール時のSelect Content Location
  選択肢をOther locationにして「D:\Poser Pro 2014 Content」をRuntimeの保存場所に
  設定した結果がこれです。
  ぶっちゃけこのフォルダを使うことはほとんどないんですが、Poser本体を初期化した際などに
  関連するファイルが入っているので、それぞれのPoser本体のバージョンに合せて認識させた
  ままにしておきます。
  また、Poser本体のアップデート時に一緒に更新する場合もあるので、ディレクトリ構成など
  にも手を付けずにそのまんま放置プレイしておきます。
  インストール直後のライブラリ窓は↓のようになってるはず。

  

  で、使う予定で購入&入手してきたファイルをインストールしてまとめたのがPoser Content
  V4とかM4とか服とか髪などほとんどすべてがここに入っているので、基本的にすべての
  バージョンでこれを共存用Runtimeとして使いまわします。
  前述の付属コンテンツ内で「おー、これは使いそうだ」というものがあったら、こちらに
  複製移動しておくと便利かもしれません。(Propのプリミティブとか。)

  というわけで、さっそくPoser Contentをライブラリ窓に追加してみませう。

  

  ライブラリ窓の右上にある+印のあるフォルダボタンを押すと

  

  フォルダを選択するダイアログが表示されるので、Poser Contentを選びます。
  「Runtime」という名前のフォルダ(中身が空っぽでも可)が中に入っているフォルダなら
  どんなフォルダでもライブラリ窓に追加登録できますから、とりあえず空っぽの「Runtime」
  フォルダだけが入っている「Poser Content」フォルダを登録しておいてもいいし、
  旧バージョンで使っていたRuntimeの入っているフォルダをDドライブなどに丸ごとコピーして
  わかりやすい名前(Poser Contentが無難かな)に変更してからライブラリ窓に登録しても
  いいですね。
  もちろん「Runtime」の中身は後から自由に追加できます。

  

  はい、登録できましたー。
  旧バージョンで利用していたRuntimeを共存用として新バージョンのライブラリに追加登録する
  だけで、V4やM4などを再インストールせずにそのまま使えます。お手軽です。
  また、これを機にごちゃごちゃになってしまったRuntimeを整理して、共存用Runtimeとして
  作り直してみるのも一興ですね。



以上でもっとも基本的なRuntimeの共存はできたはず。
残る問題は、FavoritesとPythonですね。

というわけで、Favoritesフォルダを共存させる方法を次回説明します。




Category: Poser全般

Poser10 & Pro2014発売
てっきり日本時間の5/22昼の発売になるものと思ってましたが、5/21に発売開始とは。
いやー、びっくりびっくり^^;
以前に書いた通り、今Verでもベータテスト参加していたんですが、実際の製品版が
どんなものかをしっかり確認したいので普通にお金を出して購入しました。(前回も同様)

アップグレード購入からインストまでをザックリ解説すると

1)旧Ver.のシリアル番号を用意して、Poser10/Pro2014の公式ページ↓へ行く。
  http://poser.smithmicro.com/poser10-poserpro2014/
  現時点ではコンパラの製品ページはまだありません(たぶんすぐにできると思う)
  あと、ひとつ上のディレクトリの http://poser.smithmicro.com/ からもBuyやUpgradeの
  ページへ行くことができますが、これらのページは旧来のローカライズ版のリンクが
  中途半端な形で残っているので現時点(5/22未明)ではあまりお勧めできない。
  ※この辺の情報はまた後日整理する可能性あり。

2)所有している旧Verとアップグレード/サイドグレードしたい製品の組合せを確認し、
  ダウンロード版を購入する場合は「Buy Digital」をクリック。
  ※パッケージ版が欲しい人は「Buy Physical」を。ただしアメリカからの発送になるので
   到着はかなり後になります。

3)別窓が開いてEnter your serial numberという入力項目が表示されるので
  旧Ver.のシリアル番号を入力して「Continue」をクリック。
  ※入力するシリアル番号は「-」が付いていてもOK。

4)購入する製品名&価格のリストと住所氏名の入力項目が表示される。

  <支払いは日本円?米ドル?>
  おそらく価格が日本円で表示されてる状態だと思うので、米ドルで支払いたい場合は
  ページ右上の国名をUnited Stateに変更すること。
  ただしどちらが得なのかは為替レートや手数料の関係で変わってくるため、自己責任で。

  <Optional Extended Download Service?>
  これは、900円ほどでダウンロード期間を2年間に延長できる権利を購入するオプションで、
  購入製品のリストに最初から勝手に追加されています。
  ダウンロードしたファイルをしっかり保存しておきさえすれば必要ないオプションなので、
  いらない人はこの項目の左にあるチェックをOFFにしておきましょう。

  <住所氏名は英語で記入すること>
  日本円で支払いする場合は各種項目が日本語で表示されていますが、住所氏名は英語で
  入力する必要があります。

  <支払方法の選択>
  文字通りです。

  上記の項目に間違いがないか確認し、ページ一番下にある「次へ」(英語だとContinue)を
  クリックすると清算手続きが始まります。

5)清算完了後、SmithMicroからメールが2通届きます。
  1通は清算完了のお知らせ、もう1通はシリアル番号とダウンロードURLのお知らせです。
  後者のメールの真ん中あたりにあるSmithMicro-DownloadManager~と書かれている
  部分を見つけ、自分のOSに合せたダウンロードURL(https://~)をWEBブラウザにコピペして
  DownloadManagerをGET&インストールします。

6)DownloadManagerを起動するとシリアル番号を入力する項目があるので、先ほど見た
  SmithMicroからのメールにあるPoserのシリアル番号をコピペし、そのままOKボタン。
  認証が通るとPoser本体と追加コンテンツのダウンロードリストが表示されます。

7)Installer Download Locationを設定しよう。
  ダウンロードしたインストーラをわかりやすい場所に保存しておきたい人は、一番下の「...」
  ボタンを押して保存場所を設定しておきましょう。

8)Download Allで一括ダウンロード開始。
  ダウンロードが終わるまでしばらく待ちましょう。

9)ダウンロードが終わったら、一番上のPoser本体からインストールしていきます。
  Poser本体をインストールする際にSelect Content Locationという「Runtimeを保存する
  場所の選択肢」が表示されます。
  私のおすすめは、一番下のOther location...ですね。
  起動ディスク以外のDドライブなどをRuntimeの置き場所にしたほうがバックアップや整理が
  しやすいです。
  ※ちなみに「D:」を選ぶと「D:\Poser Pro 2014 Content」が自動的に指定されます。
  Poser本体をインストールした際に指定したRuntimeで問題なければ、追加コンテンツの
  インストールはそのまま「Next」ボタンを連続クリックして進めてしまってOKです。

今回は以上。
次回はPoserPro2014の現時点での注意点など書く予定でふ。

Tag: <>Sale <>PoserPro2014
Category: Poser全般

Poser10 & Pro2014
最新版の公式情報公開が始まりましたねー
つい先日「そう遠くないタイミングで公式の情報公開が始まると思います」と
書いたばかりなのに、早いよSmithMicro!!(w
ちなみに今回の新バージョン(Poser10とPro2014)のことをBeta段階でPoXと略称することが
しばしば目についたので、それにならって私もPoXと書かせていただきマフ。
今後一般でもこの略称が流行るかどうかは不明。

すでにPoser覚書さんがザクッとした新機能紹介を、Irydaさんが価格などの情報を…
というように様々な視点からの考察が始められてますので、私も私なりの視点でGO。

まずは基本情報。

Poser 10 & Poser Pro 2014
 http://poser.smithmicro.com/poser10-poserpro2014/
 PoX公式情報ページ(英語)です。
 新機能の紹介や価格情報など、PoXの公式情報すべてがこの1ページに書かれています。
 2分半のVideo Tourとは別に、このページの一番下にVideo Galleryという形で各新機能を
 紹介した動画(YouTube)へのリンクがありますが、パッと見どれが何の機能の紹介なのか
 わかりにくいので勝手にリストアップ。

  ・Pixar Subdivision Surfaces in Poser 10
  ・Copying Morphs from Figure to Figure in Poser Pro 2014
  ・Poser Pro 2014's new Fitting Room Part 1
  ・Poser Pro 2014's new Fitting Room Part 2
  ・New Features in the Poser 10 Morph Brush
  ・Bullet Physics Basics in Poser 10
  ・Building a Rigid Body Dynamic Simulation with Bullet inside Poser
  ・Building a Soft Body Dynamic Simulation with Bullet inside Poser
  ・The New Comic Book Preview Mode in Poser 10
  ・Setting Up and Using Compound Material Nodes in Poser 10

The Official Poser 10 / Poser Pro 2014 Forum
 http://forum.runtimedna.com/forumdisplay.php?332
 Poxの公式フォーラム(英語)です。
 Poser9/Pro2012のときと同様にRuntimeDNAのフォーラムがSmithMicroの公式フォーラム
 として利用されています。
 
公式ページの新機能リストでは触れられていませんでしたが、PoXではマルチ言語に対応
することになりそうです。これは従来の「特殊な仕様のローカライズ版」という扱いではなく、
環境設定からUIの表記言語を選択・切替できるようになるはずです。
(うーん、どこまでしゃべっていいのかまだわからん^^;)

とりあえず今回はここまで。

Tag: <>PoserPro2014
Category: Poser全般

復帰(か?)
前回3月3日のPOSTから2か月過ぎてしまいました。
で、どうせだから5月5日に更新しようかと。(自己満足の世界

さて。
実は一昨年前から町内会役員をやっておりました。
今までそういうお役目とは一切縁がなく、ぶっちゃけ「できれば関わらずに済ませたい」
と思っていたんですが、実際にやってみると大変面白く有意義な経験を得ることが出来、
会長さんを初めとした役員会のみなさんが本当にいい人ばかりで、人生の先輩方から
色々と学ばせていただきマジ感謝。
で、その役員からこの春やっと離れることができ、時間的・精神的な負担がぐぐぐっと
減りましたので、ちょっと一発Poser関連の活動に復帰しようかなーと。
そんなわけでございます。

まずは手始めに、最新版PoserのBetaテストに参加。
守秘義務により詳しいことは一切話せませんが、もうビックリするような新機能満載で
すでにワクテカ状態。
そう遠くないタイミングで公式の情報公開が始まると思いますので、みなさんお楽しみに。


Category: Poser全般

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free