Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SmithMicroDLM
<追記2013.12.07>
SmithMicroDLMの問題解決済みの新バージョン(1.0.3.26177)がダウンロード
できるようになっています。詳しくは下記の新記事でご確認ください。

  SmithMicroDLM:解決
  http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-410.html



<追記2013.12.01>
Mac版のSmithMicroDLMにはシステムロケールの問題は発生しない件と
PoserFusion2014はSR2のときのまま変わっていないという件を
sugarさんがコメントで報告してくださいました。
深く感謝m(_ _)m

<追記2013.12.01>
かぶきさんのPoser覚書の該当記事が更新され、解決方法が記載されています。
原因はこちらのコメントになんてこったさんが報告してくれた通り「日本語OSでは
正常にSmithMicroDLMが動かない」ということで、OSのロケール設定を「日本」から
「英語(米国)」に変更する
ことでこの問題は解決できるとのこと。
詳細や注意点については下記URLのかぶきさんの記事でご確認ください。

<追記2013.12.01>
SmithMicroの公式バグトラッカーにこの問題をレポートしておきました。



SmithMicro Download Manegerのエラーについて。
かぶきさんのPoser覚書にこの件の記事がポストされていたので反応してみました。

Windows7 Pro 64bitでsmithmicroのダウンロードマネージャで
Unexpected response from server - Poser覚書

http://zenryokuhp.com/poser-oboegaki/archives/2013/11/windows7_pro_64.html




先日PoserPro2014と一緒にPoserFusion2014のSR3アップデータの入手手続きをしたら
PoserPro2014 sr3がインストーラを直接ダウンロードするタイプだったのに対し、
PoserFusion2014 sr3はDownload Managerを使ってダウンロードするタイプでした。

このDownload Manager、正式名称は「Smith Micro Download Manager」。
「SMDM」と略したり、EXEファイル名と同様に「SmithMicroDLM」と略したり。
ここでは後者を採用します。

さて、SR3リリースと同時に公開されたSmithMicroDLMのバージョンは、
1.0.3.25988。SmithMicroDLMのインストーラのファイル名も
SmithMicro-DownloadManager-Win-1.0.3.25988.exeとなってます。

SmithMicroDLMのインストール自体はするっと簡単にできます。
ところが、SmithMicroDLMのHelpメニューのAboutを開いてみると、なぜか
1.0.0.25988
プログラマーのうっかりミスだと思いますが、たしか前バージョン以前も同じミスを
していたはずなので、次回はこんなことがないようにお願いしたいところ。
(細かいようだけど、信頼性ってのはこういう部分から揺らいでいくものです。)

smdm_about.gif

で、さっそくPoserFusion2014 sr3をダウンロードしようと、PoserFusion2014の
プラグインのひとつのシリアル番号を入力し、OKボタンを押してみたところ
次のようなダイアログが表示されました。

smdm_unexpected.gif

ダイアログは、

 Error getting file list
 ファイルリスト取得エラー

 Unexpected response from server:
 サーバーからの予期しない応答

となっています。
PoserFusion2014ではなく、PoserPro2014のシリアル番号を入力しても
同様のダイアログが表示されます。

smdm_vailed.gif

ちなみに間違ったシリアル番号を入力すると↑のようなダイアログが
表示されるので、今回の問題は入力ミスとは関係ないようです。

で、「Unexpected response from server」が出たので「しばらく待ってまたダウンロード
を試してみよう・・・」と思ったまま、実は本日まで放置してました^^;
冒頭で触れたようにかぶきさんところで記事になってなかったら、まだしばらくは
放置していた可能性大。
ぶっちゃけPoserFusion2014は使ってないから^^;;;



あらためてかぶきさんの記事を見てみると、Poser10を購入したばかりの人にも
この問題が発生しているようで。
確かにPoser本体がダウンロードできないのは洒落にならないので、なんとか助け舟を
だせないかと、私も今回記事に書いてみました。
少なくとも私、かぶきさん、かぶきさんへの相談者の3人はこの症状に遭遇してる
ことになりますね。

しかし、私の場合はダウンロード有効期限がとっくに
切れているので、症状は同じでも原因は別のように思える。


と、かぶきさんはおっしゃってますが、私の記憶が間違っていなければSmithMicroDLMが
導入されて以降はPoser本体やアップデータに関してダウンロード期限というものはなく、
SmithMicroDLMが正常に動いていたら自分のローカルPCにあるインストーラのバージョンと
SmithMicroのサーバにあるインストーラのバージョンを照会して、その状況に応じた
リストを表示する仕様になっているはずです。

エラーメッセージにもあるように、なんらかの理由でサーバからファイルリストが正常に
送られてこない(あるいは正常に受け取れない)、という症状だと考えて間違えないと
思います。

念のため公式のバグトラッカーに同様のエラー報告があがっていないどうか確認して
みましたが、今のところまだないようです。
もうちょっと情報を収集してみて、もし必要なら私がバグトラッカーに報告をあげても
いいし、かぶきさんか相談者さんがサポートに連絡を入れてもいいかもしれませんね。

<追記2013.12.01>
バグレポしておきました。

とりあえず以上です。



<追記:2013.11.30>
※以下、Windowsでしか確認していませんのでMacOSXの場合は不明です^^;

SmithMicroDLMは、Preferncesでダウンロード先として指定したフォルダを
後で別フォルダに変更すると、「前に指定したフォルダ内にあるもの」を
「後で指定した別フォルダ内」に移動(コピーではなく、移動)させる
という動作をします。
ちなみに、SmithMicroDLMが扱うフォルダは

content
install
installed
PSFU
PSXP
SMDM

の6つなんですが、一番最初に指定したフォルダが上記の6つのフォルダだけを納めた
独立したフォルダではなく、他のファイルやフォルダもまざっているようなフォルダ
(例えば「マイドキュメント」のような汎用フォルダ)だと、設定変更後の別フォルダに
他のファイルやフォルダも一材合切全部移動させられてしまうことになる、という
かなりトンデモな仕様・・・というか粗雑な作りになっています。
移動させるフォルダ名を固有名称でチェックする処理を挟むだけで済むのに、いったい
何をやってるんだオイオイ、という感じ。

もしあなたが使っているSmithMicroDLMの設定で現在指定しているフォルダに
他のファイルやフォルダが混ざっている場合、今後のことを考えると別の新規フォルダへ
上記6フォルダを移動させておいたほうがいいんですが、単純にPreferncesで別のフォルダへ
変更すると面倒なことになりかねないので、次の方法のどちらかを試してみて下さい。

A)元のフォルダに入っている上記6フォルダ以外のファイルやフォルダを手作業で別の場所に
  退避させてから、Preferncesで別のフォルダを指定する。
  SmithMicroDLMの処理が終了したのち、退避させたファイルやフォルダを元の場所へ戻す。
  ※ファイルやフォルダの数が膨大だと、退避や元に戻す移動処理に長時間必要です。

B)手作業で上記6フォルダを別の新規フォルダ内へ移動させた後、レジストリエディタで該当する
  設定を変更する。具体的には、regeditで「SmithMicroDLM」の検索をかけ、
  HKEY_USERS\~\Software\SmithMicroDLM という場所を見つけ、DownloadFolderという
  キーの値を新しいフォルダの場所に書き換えます。
  ※レジストリエディタに慣れている人にはこの方法のほうがお手軽ですが、
   最悪の場合はシステムを破壊する可能性もあるので自己責任でお願いします。
   
うーん、この問題についてもバグトラッカーに報告すべきかなorz

スポンサーサイト

Tag: <>ERROR
Category: Poser全般

Poser10&Pro2014 SR3
Poser10/Pro2014の最新アップデータSR3が11月20日付でリリースされています。
細かいVerは、10.0.3.26066。

この記事を書いてる時点では、FaceBookのPoser - 3D Figure Design
TwitterのPoser® 3D Softwareには告知なし。
日本での第一報は、TwitterでのT2さんによる11/22のつぶやきかな?
さすが情報通のT2さん。恐るべし。
ちなみに私は本日届いたベータテスター向けのメールで一般公開されたことを知りました。

今回のアップデートは、FaceRoomのマイナーな修正のみだったSR2.2とは違い、
ほぼ全機能に修正が施されているのでアップデートすることをおススメします。
修正内容の詳細(英語)は10/Pro2014の各頁からDLできるReadMeを参照してください。
いまだにReadMeをリッチテキスト形式(.rtf)で配布するのはいかがなものかと思うが。

アップデータの入手方法などはSR2とまったく同じなので↓の記事を参考に。

Poser10&Pro2014 SR2
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-400.html



↑の記事にある「シンボリックリンクを使ってPythonフォルダやCollectionsフォルダを
別バージョンのPoserと共有している場合」に関する記事は↓


新旧Poserの共存(その1
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-387.html


シンボリックリンク!
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-388.html


新旧Poserの共存(その2
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-389.html


新旧Poserの共存(その3
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-390.html




<追記2013.12.01>
下記の11/30付の追記に「PoserFusion2014のSR3」と書きましたが、SmithMicroDLM
のコメント
でsugarさんにご指摘いただいた通り、実際にダウンロードしたインストーラを
確認してみたところSR2のまま変わっていない(インストーラのプロパティの更新日時は
8月11日、Ver.10.0.2.25473)ということがわかりました。
確かにベータテスター向けの今回のメール告知にもPoserfusion2014のアップデートに
関してはまったく触れられてませんでしたから、完全に私の勘違いですね^^;
ただ、欲を言わせてもらえば、公式のアップデータ関連のページにリリース履歴などの
日付がわかる記述をしてくれよオイオイ、と。

<追記2013.11.30>
PoserFusion2014のSR3をSmithMicro DownloadManegerでダウンロードしようとすると

 Error getting file list
 ファイルリスト取得エラー

 Unexpected response from server:
 サーバーからの予期しない応答

というエラーが発生し、ダウンロードできません。
Poser10/Pro2014を新規購入された方も同様のエラーでつまづいているようです。
この問題については、かぶきさんのPoser覚書にも該当記事があります。

Windows7 Pro 64bitでsmithmicroのダウンロードマネージャで
Unexpected response from server - Poser覚書

http://zenryokuhp.com/poser-oboegaki/archives/2013/11/windows7_pro_64.html


また、当ブログにも30日付でSmithMicroDLMという記事をポストしましたので
そちらも併せてご覧ください。

<追記2013.11.24>
PoserPro2014sr3アップデータのインストーラを起動すると、なんと日本語表示の
ダイアログ&ReadMeになってました。
・・・が、そのReadMeをよく見てみると「Smith Micro Poser Pro 2012 README v 1.0.2」と
なっていて内容も全部Pro2012のものなので、イーフロンティアから提供された日本語訳の
古い文章を間違って使ってしまった可能性が高いですね。
これは憶測にすぎませんが、Poser9/Pro2012当時の状況から察するとイーフロンティア
のスタンスが「英語版のアップデータが出揃うまで日本語版リリースを待つ」というものに
なっている可能性が高く、今回のインストーラが日本語表示されていることからしても
イーフロンティアから日本語版Poser10/Pro2014がリリースされる時期がそろそろ近づいてきた
のかもしれませんね。

Tag: <>PoserPro2014 <>HOWTO
Category: Poser全般

今M4関連を揃えるなら
今さらM4?と思っちゃう人もいるかもしれませんが、Poserに直接読み込めるGenesisの
後継シリーズがDAZ3Dから出るまで(もしくは別の会社からでもいいけど)、Poserの
男性フィギュアはM4が主流で居続ける可能性が非常に高いっす。

というわけで、以前書いた「今V4関連を揃えるなら」のM4版いってみましょう。
※Sale Priceは、Platinum Club会員用の価格です。



PoserでM4関連のキャラセットを使うために最低限必要なアイテムは

 Michael 4 Base

 Regular Price: $29.95
 Sale Price: $20.96 (30% off)



 Michael 4 Morphs++

 Regular Price: $29.95
 Sale Price: $20.96 (30% off)

ですね。
Michael 4 Baseは、基本の3D形状となるベースフィギュア
Michael 4 Morphs++は、そのベースフィギュアを変形させるためにDAZ3Dがリリース
している公式の拡張モーフです。
DAZやレンダロで販売されているM4用キャラセットの多くは、この2つがあれば使えます。



公式の拡張モーフは他にも以下のようなものがあります。


 Hiro 4 Base

 Regular Price: $24.95
 Sale Price: 17.46 (30% off)

 略称 H4
 Aiko4の対となるアニメ系男性モーフですね。
 M4の公式拡張モーフの定番中の定番で
 私の「MH Zowie for M4H4」も
 これをベースにしています。



 The FREAK 4 Base

 Regular Price: $29.95
 Sale Price: $20.96 (30% off)

 略称 F4
 She Freak V4の対となるマッチョ系。
 DAZのショップなどでF4ベースのなかなか
 味のあるおっさんキャラが売られてますね。
 F4をさらにクリーチャーっぽくするための
 F4 Creature Expansionという製品
 もあります。



 Michael 4 Muscle Morphs

 Regular Price: $13.96
 Sale Price: $19.95 (30% off)

 筋肉質な味付けをするために使うモーフ。
 これを単独でベースにしてるキャラセットが
 あるのかどうか不明。
 V4用のVictoria 4.2 Muscle Morphsもある。



 M4 Elite Body Shapes

 Regular Price: $29.95
 Sale Price: $20.96 (30% off)

 V4 Elite Body Shapesの対となる体型モーフ。
 使われてるのを見たことはあまりないかも。
 このシリーズには顔のバリエーションを増やす
 M4 Elite Ethnic Facesという製品もあり。



 Aged for V4/M4

 Regular Price: $13.97
 Sale Price: $19.95 (30% off)

 M4とV4を老人化するためのモーフと
 テクスチャのセット。



 Michael 4 Creature Creator Morphs

 Regular Price: $13.96
 Sale Price: $19.95 (30% off)

 Victoria 4.2 Creature Creator Morphs
 の対となるクリーチャー化するためのモーフ。
 尻尾や角を追加するためのアドオンとして
 Michael 4 Creature Creator Add Ons
 という製品もある。

 ※M4用とV4用のクリーチャー化拡張モーフと
  アドオンをすべてセットにしたバンドル品
  M4/V4 Creature Creator Bundleもある。



これらのベースフィギュアと拡張モーフをそれぞれ単品購入で揃えていっても
もちろん構わないわけですが、まとめてさらに値引きしているバンドル品を狙う
という手もあります。

で、V4の場合はVictoria 4.2 Starter Bundleという定番のバンドル品を買えば
V4のベースフィギュアとMorphs++だけでなくBasicwear for V4 Unimeshという
定番の水着も手に入ったわけで、M4の場合も同様にMichael 4 Starter Bundle
おススメしたいところなのですが、正直言ってベースフィギュアとMorphs++以外の服や
髪が非常に微妙でHDDの肥やしになるのがほぼ確定してしまう代物なんですよね^^;

というわけでおススメしたいのが↓


 Super-Physical Male Bundle

 Regular Price: $149.95
 Sale Price: $104.97 (30% off)

 これにバンドルされている品は
 Michael 4 Base
 Michael 4 Morphs++
 The FREAK 4 Base
 Michael 4 Muscle Morphs
 M4 Elite Body Shapes
 Michael 4 Creature Creator Morphs
 Michael 4 Creature Creator Add Ons
 というM4の拡張モーフてんこ盛り。
 Hiro 4 Base以外はほぼ全部入りです。



V4にも同様にSuper-Physical Female Bundleというバンドルセットがありますが、
M4と違って拡張モーフの種類が多いためこのバンドルから漏れている拡張モーフが
Aiko4Stephanie 4 Elite Basethe Girl 4 Baseと3つもあるため、逆にあまりおススメ
できない感じ。

本日は以上で。
今V4関連を揃えるなら」のようにまた追記するかもしれないけど期待はしないよーに。




Tag: <>MENS
Category: Poser全般

MH Sample Viewer 1.2
拙作のPoser用無料Pythonツール「MH Sample Viewer」の最新版です。

MH Sample Viewer ver1.2 (1.5MB)
http://www.manihoni.net/dl.php?dl=MH_Sample_Viewer_v1_2


前Ver1.1に「データサイズが大きいシーン上で使用するとエラーを起こして
Poserが完全に固まってしまう」という問題があることを見つけたので
その対策を施してあります。
前Ver1.1をご利用の方は、「~.cr2」と「~.py」をこのVer1.2に差し替えてください。
(前Verと同様に、差し替える前の「~.py」内のモニター解像度の数値書き換え推奨)

どんな問題だったのかは、2013.9.30に公開した前記事「MH Sample Viewer」に
追記してありますのでご確認を。
基本的な使い方も前記事とほとんど同じなので、そちらを参照して下さい。

変更点は以下の通りです。



・エラーの原因が「DeleteCurrentFigure()」だったので、この命令を使わずに済む方法を
 探して試行錯誤していたところ、「シーンにフィギュアが存在しないときにライブラリから
 Pythonを起動する方法がないため、一旦ダミーフィギュアを作成し、Python起動直後に
 それを削除する」という旧来のやり方(レンダロで売られているWetSkinなどがこの方法を
 とっていた)が、現在のPoserPro2014では必要なくなっていたことが判明。
 そこで「ダミーフィギュアを作らない=DeleteCurrentFigure()を使わない」という
 とてもスマートな方法で解決することができました。

・上記の変更により、このツールを構成するファイルの記述内容が一部変わり、
 ファイル名変更時に利用者自身が手を加える必要がある「~.cr2」の次の記述が
 24行目から6行目に移動しました。

   runPythonScript ":!!!!!sample.py"

 「~.py」内のモニター解像度を指定する行数には変更ありません。

・Ver1.1ではViewerウィンドウのタイトル部分にファイル名が表示されるだけでしたが、
 きちんとVer1.2に差し替えられたかどうかを確認できるようにするため同タイトル部分に
 「MH Sample Viewer Ver.1.2 : 」という文字列を加えました。



以上です。
  

Tag: <>Python <>Free
Category: My Products

またあっという間に(ry
いやはや。

書きたいことや解説しておいたほうがいいかなーということなど多々あるんですが
今ここで書くわけにはいかない情報だったり、あるいは書くのにものすごく労力を
使いそうな解説だったりするのですんなり新記事をポストすることができない、
という状況だったりします。

とりあえず「先月にPoser絡みで興味深い依頼がエンタメ方面からありました」
くらいは言っておいていいかもしれない。うん。
最終的に形になるまではどう転ぶかわからないのがその業界の常なので
きちんとした報告をここでできるのはまだちょっと先になるか、あるいは報告
しないままになるか、神のみぞ知るっていうことでよろしいでしょうか閣下。

解説のほうは、某掲示板でネタになった「Copy Values」とかその辺りで。
「Fitting Room」も自分でちょっといじってみたんですが、まだ何か解説できるほどは
習得できてないっす。

以上、ぞろぞろっと。
また後で追加したり修正したりするかもしんない。



Category: Poser全般

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。