Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Octane:Settings
※UIやフォルダ名などは、2014.4.6時点(ver1.50.0.22)のものです。
※ボタン名等は、公式のオンラインマニュアルの表記も参考にしています。



Render View Settings

プラグインを起動すると最初に開くのが、Octane Render Setupの一番左にある
Settings」タブです。このタブにはいろんな設定要素が詰まっているので、
まず一番上にある「Render View Settings」から説明します。

octane150_renderviewsetting.jpg

Open Viewport (ボタン)
  文字通り、Viewportを開きます。

Use Poser Focus (ボタン)
  octane_eye_on.jpg OFF octane_eye_off.jpg ON
  Poser上のMain Cameraのfocus_Distanceの値をOctaneでも使用する場合はON
  使用しない場合はOFF

  OctaneRenderは被写界深度ありのレンダリングがデフォルトになっているので
  「ピントを合わせる深度」をきちんと決める必要があります。
  そこで、このボタンをONにしてPoserのカメラの被写界深度の値をOctaneに流用しよう!
  …と言いたいところですが、Poser使いの大半は被写界深度をOFFして使っているでしょうし、
  Octaneにはこのボタンとは別に「Viewport上でクリックした場所にあるオブジェクトの
  表面にピントを合わせる
」という設定方法があるので、特にPoserのカメラ設定に
  こだわりがないのなら、このボタンはOFFのままでいいだろうと思います。
  ※Octaneの被写界深度の設定の詳細については、別の記事で触れる予定です。

Progressive Save (ボタン)
  octane_progressivesave_off.jpg OFF octane_progressivesave_on.jpg ON
  レンダリングの進行度(サンプル数)毎に画像保存したい場合はON
  保存の必要がない場合はOFF

  OFF状態のボタンをクリックすると、次のダイアログが表示されます。
  octane_progressivesaveoptions.jpg
  Output Folderは、PoserのTEMPフォルダがデフォルトで設定されています。
  Save Filenameは、デフォルトで「Octane」。
  実際に出力すると「Octane samples 515 elapsed 00-00-09.png」というファイル名に
  なりました。フォーマットはPNG。
  Save Interval(samples)は、画像保存する間隔をレンダリングの進行度(サンプル数)で
  指定するものです。(秒や分といった時間単位ではありません)
  ※サンプル数は、Viewportの最下部に「878/16000」というように表示されている数値です。
   左の数値が進行度(現在いくつのサンプルをレンダリングしたか)、右の数値がゴール。
  OKボタンをクリックすると、Progressive SaveボタンがONになります。

  Progressive Saveボタンをクリックすると、ON・OFFやサンプル数に関係なく
  Save Filenameで設定されているフォルダにレンダリング画像がクイック保存されます。
  ファイル名やフォーマットは前述の設定に従ったものです。

  Progressive Saveボタンをクリックすると、Save Filenameで設定されている
  フォルダが開きます。


Full Scene Refresh (ボタン)
  octane_fullscenerefresh.jpg クリックのみ
  後述するAuto RefreshOFFの場合、PoserからOctaneへの自動同期できるのは
  カメラとライトの変更点のみです。
  また、Auto RefreshONにしている場合も、Poserのシーン上への新たなPropや
  フィギュアの追加、シーン上のPropやフィギュアの全体もしくは一部を表示・非表示
  といった変更点については、PoserとOctaneの自動同期ができません。
  そのような場合は、このボタンを押すことによってシーン全体の同期をしてください。

  ※Poser上で非表示(PropertiesのVisibleをOFF)にしたオブジェクト(全体もしくは一部)は、
   Octaneとの同期の際にMaterialsのリストからも消えるので、レンダリング対象から
   完全に除外することができます。


No Changes (ボタン)
  octane_nochanges_off.jpg OFF octane_nochanges_on.jpg ON
  これをONにすることでPoser・Octaneどちらの変更点もViewportに反映されなくなり、
  レンダリング途中での意図せぬ変更やリスタートを防ぐことができます。


Resolution Lock (ボタン)
  octane_resolutionlock_off.jpg OFF octane_resolutionlock_on.jpg ON
  Viewportをドラッグすることで解像度(画像の縦横サイズ)を変更したい場合はOFF
  数値で指定・固定したい場合はON

  ONにした場合、Node Informationで次のような入力が可能になります。
  ※Resolutionの数値入力については、別記事で解説します。
  octane150_resolutionlock.jpg


Setup (ボタン)
  Configurationダイアログを開きます。
  このダイアログの詳細は別ページで解説します。  
  Octane:Configuration
  http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-425.html


Image File Statistics (ボタン)
  このボタンを押すと、Settingsタブの下部に次のような情報が表示されます。
  octane_imagefilestatistics2.jpg
  一行目の「Total LDR RGBA textures (max = 144): 11」というのは、「このグラボで
  扱えるLDRRGBAテクスチャ(一般的な低ダイナミックレンジのアルファチャンネル付き
  カラー画像)は最大144枚で、現在11枚使用中」という意味。

  二行目を見たらわかるように、透明度やバンプ用のGrayscale(グレースケール)テクスチャ
  も別枠で保持できます。
  また、このリストには表示されていませんがHDR(高ダイナミックレンジ)のテクスチャも
  RGBAとGrayscaleを数枚ずつ保持できるようです。
  ※原因はわかりませんが、HDRのテクスチャを使用してもLDRとしてカウントしてしまうようです。
  ※max(最大保持枚数)は、前述のConfigurationダイアログにあるVideo Cardの設定が
   反映されます。

  三行目は文字通り、テクスチャが占めているグラボ上の使用メモリ量です。
  Octaneでのレンダリングが重すぎる時などは、テクスチャの枚数と使用メモリ量を確認し、
  部分的に非表示(Poser上でVisibleをOFFにする)することでOctaneにロードさせない、といった
  対策を必要に応じて取るようにしてください。
  ちなみに、読み込んだテクスチャの枚数や使用メモリ量がグラボの限界を超えてしまった場合、
  Image File Statisticsボタンが赤くハイライトするようです。

  OctaneRender for Poser の製品には、Poser上で利用できるPythonスクリプトがいくつか
  付属しています。(Scriptメニューの「OctaneRender for Poser」の中にあります。)
  この中にPoser上にテクスチャの枚数や使用メモリ量をカウントするツールや、テクスチャを
  圧縮するツールがありますので、試してみてもいいでしょう。
  ※私が使った限りでは、正しく動作しているとは言い難い感じでした^^;


Auto Refresh : ON/OFF (ボタン)
  ONの時、Poserのシーン上のPropやフィギュアに移動やモーフィング等の変化が加わると
  自動的にOctane上の情報が更新されます。

  また、このボタンを右クリックするとFull Scene Refreshボタンと同様の効果があります。



次回は、Settingsタブの中段にある「Render Options List」について解説します。


スポンサーサイト

Tag: <>Octane
Category: Octane Render

Octane:Cuda Devices
※UIやフォルダ名などは、2014.462時点(ver1.50.0.22)のものです。



Cuda Devices

CUDAとは、Nvidiaが開発した「GPU向けプログラミング環境」及び「GPUに搭載された
並列計算アーキテクチャ」のことです。

 CUDA - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/CUDA

 並列プログラミングおよびコンピューティングプラットフォーム(Nvidia公式)
 http://www.nvidia.co.jp/object/cuda-jp.html

簡単に言うと、CPUじゃなくてグラボのGPUで高速計算させることができる仕組み。
OctaneはこのCUDAを利用して高速なフォトリアルなリアルタイムレンダリングを
実現しています。

octane_cudadevices.jpg

Octane Render Setupの右から2番目にある「Cuda Devices」タブでは
グラボの選択やCUDAによる計算の優先度を設定することができます。
以下、私が複数のグラボを搭載したPCを所有していないため、実際にどのように表示
されるのか等を確認できない項目もありますので、間違ってる部分に気付いた方は
コメントでご指摘くださいm(_ _)m

Active(チェックボックス)
  複数のグラボを搭載している場合、計算に利用するグラボを選ぶ。
  ※グラボが1枚の場合は、最初からそれにチェックが入っているが
   OFFにしてもそのグラボが使われるっぽいのであまり関係ないかも。
   まぁとりあえずONにしたままのほうが無難。

Use Priority(チェックボックス)
  下記のRender Priorityで選んだ優先度設定を適用する。
  ※OFFの場合は、Render PriorityをHighに設定したときと同じ
   優先度になるっぽい。(今実際に検証した限りではそうなった。)
  Cuda Devicesタブの一番下から4~5行目の英文には、「手動で
  優先度を設定したいデバイスのチェックボックスをクリックします。」
  と書かれています。

Render Priority(プルダウン)
  GPUによるレンダリング計算の優先度を「High・Medium・Low」の3種類から選ぶ。
  Lowだとレンダリングは遅いが、他の処理の描画等への影響が少ない。
  Cuda Devicesタブの一番下から1~2行目の英文には、「1枚のグラボを
  モニター表示とレンダリングの両方に利用する場合は、Lowに設定しましょう」
  と書かれています。

Apply(ボタン)
  ActiveやPriorityを変更しても、このボタンを押すまで適用されない。

Reset
  グラボ交換等をしたときにCuda Devicesをリセットする。

Show Log
  不具合が発生した場合などに、開発者へこのログを提供したり。




Tag: <>Octane
Category: Octane Render

Octane:Account
※UIやフォルダ名などは、2014.4.6時点(ver1.50.0.22)のものです。



Account

メインウィンドウの「Octane Render Setup」の一番右のタブが「Account」です。
このタブは、一番最初の起動時に設定しておけば、それ以降放置してOKです。

octane_account.jpg

OctaneLive UserIDとPasswoadは、購入時に届いたメールにも書いてある通り、
Octane公式サイト(http://render.otoy.com/)のユーザーページ(Customer Area)に
Standalone版とプラグイン版がそれぞれ別にありますので、プラグイン版だけでなく
Standalone版のほうもアクティベートしておきましょう。

ちなみに、OctaneRenderを利用する際にオンライン環境が必須となるのは、この
アクティベーション時とLive DB(無料で使えるマテリアルの共有データベース)
へのアクセス時のみです。

Octaneのプラグインを起動する際に認証処理を示すダイアログが表示されますが
これはすでにオンライン認証済みであることを記録したオフラインのデータを
確認しているだけなので、ネットへのアクセスは発生していません。

octane_account2.jpg



Tag: <>Octane
Category: Octane Render

Octane:基礎知識
今回は「DEMO版も無事に動き、購入も済ませてインストール完了」という段階まで
進んだ人を対象にした記事です。
※2014.4.5付でver1.50にあわせて内容更新しました。
※UIやフォルダ名などは、すべて2014.4.5時点(ver1.50.0.22)のものです。

octane150_20140405s.jpg




PoserからOctaneRenderプラグインを起動する

起動方法は、Renderメニューの一番下のほうにある「OctaneRender」を選ぶだけです。

octane_menu20140203.jpg

OctaneRenderは過去にレンダリングを行ったシーンの設定についてある程度記憶して
くれるので、逆に新規のシーンの場合は「このシーンの設定がありません」という
ダイアログが表示されます。これはそのまま「OK」ボタンを押して問題なしです。
また、少し大きなシーンになると起動中などにPoserからOctaneに転送されるデータを
カウントするダイアログ等がしばらく表示されている場合もありますが、簡単な
シーンではその手のダイアログは一瞬で消えます。

<2014.02.05 追記>
Octaneのシーン設定(RenderTarget)は、そのシーンを一度でもOctane Renderプラグインで
開いておけば、例えOctaneのメインウィンドウを閉じたとしてもシーン自体を閉じるまで
Poser上のシーンのデータ内にOctane用の裏パラメータとして保持され続けます。
この裏パラメータは、Poserで保存するシーンファイル(pz3)にも記録されるので
Octaneのシーン設定(RenderTarget)に変更を加えたらそのシーンをPoserからファイル
保存しておくことで同じ設定を次回も自動的に再利用することができます。
また、このOctaneのシーン設定(RenderTarget)は、Octane上からも独立した設定ファイル
(.por)として保存・読み込みすることも可能です。


octane_info01_20140203.jpg

<2014.02.14 追記>
Octane用の裏パラメータが保存されたシーンファイルを開いた際には上記のダイアログは
表示されず、その代わりにシーンファイルに保存された裏パラメータの内容をチェックして
いることを示す次のダイアログが表示されます。


octane_checking.jpg


起動すると、メインウィンドウの「Octane Render Setup」のみが開きます。
プラグインの環境設定、レンダリングオプション、Octane用マテリアルの設定など
PoserとOctaneRenderを連携して使うための設定はすべてこのウィンドウ内で行います。

octane150_rendersetup.jpg

Octane Render Setup」のSettingsタブにある「Open Viewport」ボタンを押すと
リアルタイムにレンダリング結果を見ることができるViewportウィンドウが開きます。

このViewportウィンドウは画面サイズ(縦横の解像度)を数値指定することも、
ドラッグして自由に解像度を変更することもできます。

octane150_viewport20140406.jpg





作業の主な流れ

1)Poser上でシーンを用意する。
  ※フィギュアのポージングなどもある程度この段階で済ませます。
  ※必要に応じてライトの選択や変換もこの段階で行います。
  ※今回サンプルシーン内で利用している無限遠光(Infinite)タイプのライトは
   事前に変換処理をしなくてもそのままOctaneに反映されます。

2)OctaneRenderプラグインを起動し、「Viewport」ウィンドウを開く。
  ※以下は主に、Viewportを見ながらの作業になります。

3)「Octane Render Setup」でレンダリングオプションや被写界深度などを調整する。

4)「Octane Render Setup」でライトやマテリアルの再設定や調整をする。

5)Poser上でカメラやライトの位置、フィギュアのポーズなどを調整する。
  ※Poser上での変更がそのまますぐにViewportに反映されます。
  ※プロップの追加などもOctaneRenderを閉じずに行うことができます。

6)3~5を必要に応じて繰り返しながら試行錯誤。

7)一時停止ボタンを押さない限りViewportは常にリアルタイムレンダリングを
  続けている(荒い状態から徐々に精細なレンダリングとなっていく)ので、
  シーン作りや各種設定・調整に満足した時点でVViewportを数分放置しておけば
  完成画像を得ることができます。

8)満足できるレンダリング結果となったら、その時点で一時停止ボタンを押し、
  画像を保存します。
  最大サンプル数(初期設定で16000)に到達するまで待つ必要はなく、精細化は
  画面全体で同時に進んでいくので「この部分だけまだ荒い or まだ真っ黒」
  というような待たされ方をすることもありません。




予備知識:付属マニュアルPDFの場所

英語が苦手な人でもマニュアルの画像を眺めるだけでも何かしらの発見があるはずなので
マニュアルがどこにあるのかを知っておいて損することはありません。

Poser用プラグインのマニュアルPDF
 Windowsの場合、Poserがインストールされている場所にあるDocumentationという
 フォルダ内に「OctanePoser Plugin v1.0 Manual.pdf」があります。
 このマニュアルの内容はPoserプラグインのUIやPoserとの連携に関する説明が主で、
 Octaneならではのマテリアルの設定については概略が記されているだけです。

OctaneRender Standalone版のマニュアルPDF
 Windowsの場合、 Standalone版がインストールされている場所(Program File/OTOY/
 OctaneRender 1.20)の中に「OctaneRenderUserManual.pdf」があります。
 Octaneのマテリアルに関する解説はこちらのほうが充実しています。




次回はもう少し具体的にPoser用プラグインの環境設定について解説します。
(ライトやマテリアルはその次以降で^^;)



Tag: <>Octane
Category: Octane Render

Octane:動作環境
※2014.04.05 … ver1.50にあわせて内容更新しました。



いつOctaneの記事を書こうかな…と思いながら後回しにしていたんですが、gravityさんから
コメントを頂いたこともあり、前記事からまた一ヶ月放置してしまっていたこともありorz…で、
とりあえずこれからOctane Renderを始めてみようかな…と考えている人向けにザックリ説明
する記事を書いてみました。
※公式サイトやフォーラム等の既出リンクは過去記事を参照して下さい。

Karlin_promo_mod20140201b.jpg

この記事に一枚くらい画像を載せとこうかなーと思い、Karlinのプロモデータをちょっと
いじってOctane1.20でレンダリングしてみました。(クリックで少し大きな画像が開きます)
レンダリング時間は約5分。
画像のサイズを70%縮小&文字入れをした以外は、トーン調整も色相調整もレタッチも
一切やっていません。
元のテクスチャのリアルさが足りない分だけ非リアルな仕上がりになってますね。
ライトはSpotライトを3灯(をPythonで変換したエミッターオブジェクト)のみです。



基本構成

Poserの外部レンダラーとして利用するためには、Poser用のプラグイン
OctaneRender Standalone版の両方をインストールする必要があります。



動作環境

現時点(2014.04.05)では、以下の条件が揃っている動作環境がOTOYによって
公式サポートされています。

 (A) WindowsXP以降
 (B) Poser 9/Poser Pro 2012 SR3.1 (32および64bit版)以降
 (C) 1GB以上のメモリ(VRAM)を搭載したCUDA対応のNvidia製ビデオカード

まず(A)について。
OctaneRender Standalone版は公式リリースされたMac版が既にありますが、
Poser用プラグインのMac版は、DEMO版・製品版ともに公式の製品ページに記載
されていません。

ただし、公式サポートフォーラムではすでにMac用の安定版(STABLE)が公開されて
ライセンス所有者はダウンロード可能となっています。
(ちなみに、購入したライセンスにOSの制限はありません。)

また、Poser用プラグインの開発者であるFace off氏自身が「製品ページの更新が
遅れている
」とMacユーザーからの質問に答えていますので、おそらく近いうちに
DEMO版・製品版ともに公式の製品ページからダウンロードできるようになるはずです。


(B)について。
Poser用プラグインはPoserPythonのAdd-on(拡張ファイル)として動作するため、
その拡張と利用メモリ制限解除が施されたPoser 9/Poser Pro 2012 SR3.1以降の
Poserでなければ正常に動作しません。
また、プラグインとStandaloneの両方に32bit版と64bit版が用意されているので
自分の環境にあったものを利用することができます。

(C)について。
Octane Renderは、そのレンダリングにNvidia製ビデオカードのメモリとGPUを
利用しているため、動作の可否や処理速度はビデオカードのスペックによって
異なります。
スタジオ撮影のピンナップ的シーン(人物1体+シンプルな背景)の場合は
おそらく1GBのメモリでも大丈夫だろうと思いますが、人物が複数になったり
複雑な背景を利用するような場合は、2GB以上のメモリが欲しいところです。
また、CUDA対応のGPUが必須となるため、Nvidia製ビデオカードでも古いものは
動作しない可能性があります。

参考:Nvidiaが公開しているCUDA対応GPUを搭載したグラボのリスト
https://developer.nvidia.com/cuda-gpus




DEMO版を使ってみる

Octane Renderは現在 329EUR。
1EUR=140円で計算すると約46000円。
ただレンダリングをするためだけの外部ソフトとして買うには少しお高く、
レンダ計算にCUDA対応のGPUを利用するためビデオカードとの相性なども
無視できません。
「買ったはいいけど動かなかった」ではシャレになりませんから、
必ずDEMO版を入手して自分のPCで問題なく動くかどうかを確認して下さい。

DEMO版をダウンロードできるページ
http://render.otoy.com/downloads.php




ライトやマテリアルの互換性

DEMO版を触ってみて最初に気付くことは、ライトとマテリアルがPoserとは
かなり異なった状態でレンダリングされてしまうことでしょう。
マテリアルの違いについてはある程度予測していた人でも、ライトに関しては
ビックリしてしまうかもしれません。
実際、ライトに関しては、Octane Renderを利用することを前提としたライトの
種類選択や配置、Pythonツールによる変換などをPoserでシーンを作る段階で
行う必要があり、マテリアル(特に人体)に関しては、Poser用プラグイン上で
マテリアル設定を調整する必要があります。
…と言われるとかなり面倒そうな気がしますが、どちらも一度やり方のコツを
掴んでしまえばそれほど難しくありませんし、特にマテリアルに関しては
一度設定したOctane用マテリアル設定を再利用するための方法がいくつも用意
されているので、使えば使うほど手間を減らすことができます。

さらにもう一言。
私が実際に使ってみて「Octane Renderのここがすごい!」と感じる一番の点は、
ライトやマテリアルの変更がリアルタイムでレンダリング結果に反映されるので、
「手間をかけて調整したけどレンダリングしてみたらまったくダメダメだった」
というようなガッカリ感を味わうことが一切ないところです。



以上、ちょっとほめ過ぎのような部分もありますが、実際にどうなのかは
DEMO版を自分で使って実感してみて下さい。

今後もこのブログではOctane Renderのライトやマテリアル設定方法などに
ついて触れていきますので、ご意見ご質問をコメントよろしゅう。


Tag: <>Octane
Category: Octane Render

Octane Render 1.50
2014.3.26に Octane Render for Poser 1.50 の安定版がリリースされました。
また、スタンドアローン版のOctane Render 1.50 も同月20日に正式リリースされてます。
バージョンアップは無料。

Poserプラグインの公式フォーラムには、MacOSX版の1.50安定版(STABLE)プラグインの
スレッドがあり、そこから同インストーラも入手可能となっていますが、どうやらまだOTOYから
公式認証を受けていないようで、公式から入手・購入可能なDEMO版製品版ともに現時点では
Win版プラグインのみとなっています。
(スタンドアローン版はWin・MacOSX版ともに入手・購入可能。)

変更点に関してですが、特にPoserに関連のある部分に関してはビックリするほどの変化は
感じられませんでした。

ただし、ベースとなるスタンドアローン版でテクスチャのスケーリングに関するシステムの
変更により、Poser用プラグインでのテクスチャの扱いやUIにも少し変更が加えられたため、
1.20以前のバージョンで保存したOctaneの裏パラメータを含むPoserのシーンデータを
1.50がインストールされたPoserで読み込もうとすると次のような警告ダイアログが
表示され、テクスチャのスケールに関するデータ等が初期値にリセットされます。


octane150_warning01.jpg

もし自分でテクスチャのスケールに手を加えている人は、そのつもりで手直し&再保存
してください。

ちなみに、公式では次期Ver2.0の仕様に関するアナウンスがすでに始まっており、
ディスプレイスメントマップに対応することなどが発表されています。
ていうか、まだディスプレイスメントに未対応だったんかーーーい!ていうビックリ感。
まぁ、Poserでディスプレイスメント必須なアイテムっていうと、Alfaseed改めAeon-Soul氏の
服くらいしか思いつきませんし、そのAeon-Soul氏もOctane使いになってるんで、今後の
氏の製品のディスプレイスメントの扱いがどう変化していくのかちょびっと気になります。
(それ前に「名前変えすぎです先生!」っていうツッコミを入れるのが先か。)

ということで、当ブログのOctane関連記事を1.50仕様に変更する作業を始めないと。
ぎゃぎゃぎゃ。









Tag: <>Octane
Category: Octane Render

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。