Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Octane:RenderTarget
※UIやフォルダ名などは、すべて2014.5.27時点(ver1.50.22)のものです。
※ボタン名等は、公式のオンラインマニュアルの表記に従っています。



Render Options List
Settingsタブの中段にある「Render Options List」では、OctaneRenderの
カメラ、環境光、レンダリング方法など、様々な要素を設定できます。
Poserとは異なる用語がたくさん出てきますので、ひとつひとつ解説していきます。

octane150_renderoptionslist.png



RenderTarget

Render Options Listを構成するツリーの一番上層のノードで、無理やり日本語に訳すると
「レンダリングの方針」ということになるかな。
要するに、レンダリング設定のことですね。
ノード(Node)とは「ツリーを構成する要素」のことで、Octane Renderでは頻繁に
この単語がでてきますが、あまり難しく考えずに「項目」とか「要素」という意味で
とらえておけば問題ないでしょう。

さて、実際にレンダリング設定を変更・調整するノードは、ひとつ下の階層にある「camera」や
「resolition」「environment」などになるので、このrendertargetノード自体には
ウィンドウ下部のNode Informationで変更・調整する項目がありません。
(※一応プルダウンメニューは表示されますが、「Rendertarget」以外の選択肢が存在しないので
  グレーアウトされた状態になっています。)
しかし、全ノードに共通する操作として存在する右クリックで表示されるコンテクストメニュー
rendertargetにもしっかり用意されています。

octane150_renderoptionslist_rightclick.png

rendertargetのコンテクストメニューで主に使用する項目は、次の6つです。

 ・Save as Default
  現在のrendertargetツリー内のすべての値を初期設定として記録する。
  ※この初期値は、新規シーンでOctaneを起動した場合などに自動的に適用されます。
  ※任意のファイルとして保存するわけではなく、Poserの設定ファイルと同じ場所に
   「defaultrendertarget.por」として自動保存される。

 ・Load from Default
  「Save as Default」で記録した初期設定をロードする。

 ・Export Rendertarget Settings
  現在のrendertargetツリー内のすべての値を任意の名称の設定ファイル(.por)として
  保存する。

 ・Import Rendertarget Settings
  「Export~」で保存した設定ファイル(.por)を任意に選んで読み込む。

 ・Load Background Image
  Viewportに背景画像(JPEG,GIF,PNGといった一般的なフォーマットの画像)を読み込みます。
  読み込んだ画像を表示するためには、karnelalphachannelEnable (デフォルトでは
  Disable)にする必要があります。
  octane150_kernel_alfachannel_on.png
  画像の位置やサイズの調節はできないようなので使いどころが難しそうですし、
  上述の方法でアルファチャンネルをONにして保存した背景画像なしのレンダリング画像に
  Photoshopで背景画像を後処理で合成したほうがむしろお手軽かもしれません。

 ・Export Scene to OCS
  Octane用のシーンファイル(ocs, orbx)を保存する項目がVer1.50で追加されました。
  この項目を選択すると、さらに次の選択肢が表示されます。
  octane150_scenefile_format-.png
  OCSは、テクスチャファイルを含まないシーンファイル、
  ORBXは、テクスチャファイルも含んだシーンのパッケージファイルです。

この他には、Expand(ツリー展開)とCollapse(ツリー縮小)、Print Save Info
(「Save as Default」や「Export Rendertarget Settings」で記録・保存する内容をPoserPythonの
テキスト出力ウィンドウで表示する)、Print Node Treeの4つがありますが、前述の6つを
覚えておけば充分でしょう。





Tag: <>Octane
Category: Octane Render

Octane:Configuration
※UIやフォルダ名などは、2014.5.13時点(ver1.50.0.22)のものです。


Ver1.20までは項目数も少なく特に説明も必要なさそうだったのですが、Ver1.50で
一気に項目数が増えたので、単独記事ページを作りました。
以下のキャプチャは現在(2014.5.13)私の利用している設定状況です。
参考にどうぞ。

octane150_configuration.jpg



Refresh Time(ms)

初期値=200(200ミリ秒=0.2秒)
Viewportを最新のレンダリング結果に書き換えるタイミングを変更できます。
例えば10000にすると10秒毎の書き換えに。
この設定の変更を反映させるためには、Viewportを開きなおす必要があります。
レンダリング速度にはほとんど影響しないようなので、初期値の200のままでいいでしょう。



Video Card

Render View SettingsのImage File Statistics、およびViewportのStatus Window
表示される「Octaneで利用可能なテクスチャの枚数・容量の制限」に影響します。
自分が利用しているグラボに見合った設定になっていればOKです。



Allow Scaled Poser Cameras

初期値=OFF
OctaneRenderはPoserのCameraのScaleと連動していないため、
PoserのCameraの値が「100(%)」以外のときにVewportを開こうとすると
「The scale of the camera must be 100%」というエラーメッセージが表示されます。
この項目をONにすることでエラーメッセージが表示されなくなりますが、
PoserとOctaneのCameraのScaleが連動するわけではありませんのでお間違いなきよう。

※OFFに設定している場合でも、Viewportが開いている状態でPoserのCameraのScaleを
 変更してもエラーメッセージは表示されません。
 エラー判定はViewportを開く際に行われるだけです。



Poser to Octane Scale Factor

初期値=2.62128
Poser独自の長さの単位(Poser native units)の数値を、メートル(Octaneは長さの単位)に
換算するための値です。これを変更する必要はありません。



Expert Mode

初期値=OFF
マテリアル編集時の確認メッセージの表示非表示を切り替えます。
…というか、ぶっちゃけその確認メッセージの有無を気にした覚えがないので、
初期値のOFFのままでいいと思います。



Convert Specular Maps

初期値=ON
Poserのマテリアルで使用されているスペキュラ用テクスチャをOctaneでも利用するか
どうかを決定します。初期値のONのままでまったく問題ありません。



Convert Transparent to Specular

初期値=OFF
ONの場合、値が1で透明度マップを持たないPoserの透明度(transparent)マテリアルは、
OctaneのSpecularマテリアルに変換されます。
OFFの場合は、OctaneのDiffuseマテリアルに変換されます。
これも初期値のOFFのままで問題ありません。



Keep Materials from Invisible Items

初期値=OFF
通常(初期値OFF)は、Poser側でVisibleがOFFになっているオブジェクトはOctane側に
読み込まれず、OctaneのMaterialsのリストにもそのオブジェクトは表示されません。
ONにした場合は、透明なオブジェクトとしてOctaneに読み込まれることになるので、
その分だけVRAMが消費されます。
何か特別な理由でもない限り、初期値のOFFのままでいいでしょう。



Mousewheel Moves Sliders

初期値=ON
マウスのホイールでOctaneの各種スライダーを調節することができます。
この設定はお好みで。



Smooth Default

初期値=ON
ONの場合、PoserのプロパティでのSmmoth polygonのON/OFFにかかわらず、
OctaneのマテリアルのSmoothがON(Enabled)になります。
OFFの場合はその逆。
通常はONのままがいいでしょう。



Smoothing Angle

初期値=0.0
Smoothingをおこなう角度を指定します。「0.0」のときは、PoserのSmooth polygonの
設定が適用されるようです。通常は初期値の「0.0」のままでいいでしょう。



LiveDb Texturemap Folder

LiveDBで利用したマテリアルのテクスチャやOctane付属のPythonツール
「Compress Texture Maps」による圧縮後のテクスチャが格納される場所です。
Octane Ver1.20まではこの格納場所を変更することができませんでしたが、
Ver1.50からは任意の場所に変更することが可能になりました。

Windowsの場合、初期値としてPoserの設定フォルダ(例 C:\Users\username\AppData\
Roaming\Poser Pro\10)がその格納場所に指定されているので、
LiveDBなどを多用するとPoserの設定フォルダがどんどん肥大化していきます。
できれば別の場所に指定しなおしておいたほうがいいでしょう。



Confirm on Viewport Close

初期値=OFF
Viewportのウィンドウを閉じる際に確認ダイアログがでます。お好みで。





Category: Octane Render

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free