Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近のPoser界隈2015
久し振りにPoser界隈に関する私なりの憶測をどべべーっと書いてみましょうか。

一応SmithMicroのベータテスターをやってはいますが、すべての情報をフォロー
しているわけでもなく、RenderosityやDAZやRDNAのフォーラムのチェックに至っては
ほとんどやっていませんから、くどいようですがあくまでも「憶測」です。
「妄想」と言っても過言ではないかもしれませんので、そこんとこひとつ。



Poser11開発中

ベータテスターをやっているが故にむしろ細かいことを一切書いてはいけない状態なんですが
現在SmithMicroがすごい勢いでPoser11を開発していることは事実です。

で、どんな感じになるのかは、RDNAにあるPoser公式フォーラムの

Poser 11 Sneak Peek
http://forum.runtimedna.com/showthread.php?99944-Poser-11-Sneak-Peek


で先行情報公開されてます。(英語ですが

一番の目玉は、BlenderのPBRエンジン「Cycles」をベースにした新しいレンダラー
「SuperFly」
でしょう。やはり。
DazStudio4.8には既に「iRay」というPBRエンジンが導入されているので、微妙に
遅きに失した感はありますが^^;
ただ、現在公開されている情報によると、Psoerの「SuperFly」は従来のPoserの
マテリアルをそのまま利用できるということなので、その点においてはReality、Octane、
そしてDazStudioのiRayから半歩・・・もないな・・・1/4歩くらいリードしているかもしれません。

RDNAやRenderosityのフォーラムでも疑問が飛び交ってますが、「SuperFly」に関して
一番気になる点は「GPUレンダリングできるのか?」でしょうね。これに関しては
大きな声では言えませんが心配しなくても大丈夫じゃないかなと憶測する次第です。
はい、憶測です。憶測ですよ?

ちなみに「PBR」とは「Physically Based Rendering」の略で、日本語で言うと
「物理ベースレンダリング」ですね。
文字通り「物理」的に光の粒子と波長をシミュレーションしたレンダリング技術なので
適切なマテリアルの設定と光源の配置をすることで、とてもリアルな画像を得ることが
できます。実際にどんな具合の画像を得られるかは、Poserの開発者がRDNAで公開した
テスト画像を見てみてください↓

superfly_test.jpg

余談になりますが、Poser11の開発に先立ちPoserの有名ユーザーだったNerd3Dさんが
SmithMicroの開発チーム入りしたのは私も知っていたのですが、T2さんのツイートによると
Poser10まで開発チームのメインで活躍されていた2名が退社してしまったようで、
その影響がどのような形ででてくるのかがちょっと楽しみでもあり、怖くもあり。
(ああ、細かいことを話せないのが辛い・・・)



Genesis 3

購入したGenesis2のアイテムをゆっくり触る前に、もうGenesis3が来ちゃいました。
Victoria7も来ちゃったし、フィギュアの技術的にGenesis2よりもベンダーフレンドリーに
なったようだし。
この勢いとかセンスとか、SmithMicroに分けてあげてください、ホントに。
Genesis2までは本腰入れていなかったRenderosityの有名なベンダーさん達も
一挙にV4からGenesis3に移行してるようなので、たぶんこの流れは止まらない
だろうな~と思います。

まず、ベースフィギュアのGenesis 3 Femaleは、無料のDazStudio4.8に付属しているので
欲しい人はそちらをGET。
daz-studio-4_8-pro.jpg


Genesis3もGenesis2と同様に男女別々のベースフィギュアが用意されていて、
現時点(2015.08.30)ではまだ女性のGenesis 3 Femaleのみのようです。

んで、Genesis 3 Femaleにベースとなるキャラ付けをするモーフファイルとして

Victoria 7
victoria-7.jpg


はい、お約束のVictoriaシリーズです。
単品の定価が$44.95もするので、本日30%offで$31.47。
DAZ強気です。
50%offでも$20越えちゃうので、75%offとかになるまで待ったほうがいいかもしれない。

V7以外にもベースのキャラ付けモーフとして

Eva 7
eva-7.jpg


Bethany 7
bethany-7.jpg


Karen 7
karen-7.jpg


というちょっと濃い目のラインナップがすでに出てたり。
お値段はV7と同じでちょっとお高い設定なので、安売り狙いでGO。
あと、お子様系として

Skyler Character and Hair for Genesis 3 Female(s)
skyler-character-and-hair-for-genesis-3-female-s.jpg

なんてのも出てます。



Genesis 3 Female to Poser 2014
https://www.youtube.com/watch?v=PNHx4DqAFeA



一応↑の動画で解説されているようにひと手間かけることでDSON経由でPoser10/Pro2014にも
読み込めるようですが、このフィギュアの良いところを最大限に引き出すためには
DazStudioでいじったほうがいいですよね、やっぱり^^;



個人的には、Poser Pro 2014 + ZBrush + Octane + V4 でかなり満足しちゃってるんで
iRayにもGenesis3にもそこまで購買意欲を感じないんですが、Renderosityのベンダー勢の
潮流に乗り遅れすぎるのもいかがなものかと思わざるを得ないわけで・・・

ていうか、今からDazStudio用のモーフとかマテリアルとか覚えるのしんどいですorz
トホホホホ



Category: Poser全般

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free