Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年を振り返って
あと20分ほどで新年を迎えてしまいますが、2015年も「振り返って」シリーズを
継続したいと思います。
過去の「振り返って」はこちら→ 2009年2010年2011年2012年2013年2014年
以上、ほぼ昨年の前文をコピペ。

まずはPoser関連。

1)PoserでV4メインのシーンを作る
2)GoZ経由でZBrushへV4と服+αを送ってモーフ&フィッティング
3)GoZ経由でPoserへ戻してライトやポーズの微調整
4)Octaneプラグインでレンダリング

というスタイルがほぼ確立した頃にPoser11のベータテスターのお話をいただき
日本語環境での動作やライブラリパレット関連を中心にバグ出ししていたら
あっという間に年末になってしまいましたの巻。
レンダロの有名ベンダーさん達が続々とGenesis3に鞍替えしていくなか、
完全に逆行しています。
のんびりしすぎです。
いいんです、それで幸せなんだから。
(いや、まったく何も気にしてないわけじゃないんだけどね^^;)


さて、昨年末に始めたプラモ作りのほうはというと… 1/700ウォーターラインシリーズの
駆逐艦「時雨」(フジミ模型)は現在こんな感じです。

shigure201512.jpg

今回も大きさの目安として一円玉さんにご登場いただきました。
マストの一部を真鍮線で作り直したり、横にぶらさがっている小型艇の一部をプラ板で
ディテールアップしたり、いろいろ頑張りましたが…
張り線(マストからアンテナなどに張られた線など)を追加する段階で止まってしまいました。
時雨の資料なさすぎ。
島風のはいっぱいあるのに。
あと、張り線用の金属糸、細すぎ。
1/700スケール用のものだと金属糸の直径が0.07mmですよ。
これでも「1/700には太め」だそうですよ奥さん。
いろいろ無理です。
…というわけで、今は保留させてください。ごめんなさい>娘

んで、今年は私の田舎の親父にもボケ防止としてプラモデル作りを薦めました。
もともと私の少年時代のプラモ作りは、親父の影響なんですよね。
だから、きっと親父も今から始めたとしても楽しんでくれるかな?と。
とりあえず今はTAMIYAの戦車を作っているようです。

で、そんな話を嫁さんにしつつ、戦車専門のプラモ雑誌を手に「これがカッコいい」
などと勝手に盛り上がっては「ダニみたいで変」などとディスられたりしてたんですが。

T55_02.jpg

すると、クリスマスに↓

T55_01.jpg

戦車のプラモデル(ダニみたいとディスられたやつ)をプレゼントされました。
まさかまさかの予想外の展開。
嫁さんカッコいい。
負けた。

そんな感じで、ちょっと酔っ払ってて頭が回ってないのでまるで話が
まとまってませんが、どうか来年もよろしくお願いします~~~(定型文)

スポンサーサイト

Category: Real Life

該当する記事はありません。

Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。