Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


今年のV.D.は
娘からこんなチョコをもらいました。ホクホク
ありがとうありがとうm(_ _)m







かっこいい…
…けど、大きさといい形といい、どう食べればいいのか悩む逸品です。
こう、頭からガブっといけばいいのかな?


La Femme
LaFemme_test20190203a.jpg

はーい。
いきなりですがLa Femmeで一枚レンダリングしてみました。
いつものように文字入れ以外はノーレタッチ。
クリックすると少しだけ大きい画像が開きます。

La Femmeというのは、Smith MicroとRenderosityから依頼を受けた有名ベンダー数名が
チームを組んで秘密裏に製作し、1月末に何の前触れもなくドバーーーン!!とリリースされた
Poser11のための新作フィギュアです。

その製作陣がとても豪華で、Blackhearted氏、Rhiannon氏、RPublishingNerd3d氏、Deecey
という顔ぶれ。昔からPoserを使っている人なら「あ~」という声が出るはず。
どなたがどんな仕事を担当しているのかについては、MNEさんのブログが詳しいので
↓そちらをお読みください。
Smith Micro何の予告も告知もなく突如 La Femme発表 @Poser大好きMNE
http://mneposer.blog109.fc2.com/blog-entry-546.html


で、私が今回の画像を作るために入手したのは次の3点。

La Femme Base Figure for Poser 11
Thumb135377_207321e94225b68dc45a102cec021bf2.jpg

これがベースフィギュアなので、La Femmeを使ってみたい人には必須です。
ベンダー用のリソース(Developer Rigs)、表情、SSSなどのマテリアル、ボディと顔用のモーフINJ、
V4用の髪(Amy Hair, Evelyn Hair, Gwenith Hair, Jillian Hair)をLa FemmeにFitさせるための
INJモーフ、Lipsync用データが同梱されています。
定価$29.95で、現在は100%OFF$0.00なんですが、Renderosityの販売システムの仕様として
$0.00では購入完了できないため、$3.50以上のアイテムを一緒に購入する必要があります。


Femme Fatale HD Morphs
Thumb134938_9c127033bd143980f30a95527b001891.jpg

Blackhearted氏によるボディと顔のモーフセットです。
定価$19.99。ちょっとお高いけど、やはりこのハイクオリティ物件は見逃せない。
「サブディビで細分化されたポリゴン用の高密度モーフを利用可。低密度ポリゴンにも適用可」という
Poser11ならではの機能を利用している点も「for Poser11」の名に恥じない感じで好印象。


La Femme Body Kit MR
Thumb135148_a0827a9be9a817b38711212c420cdb78.jpg

こちらはDeecey氏によるボディーモーフ。
定価19.95と、こちらもちょっとお高いけれどマーチャントリソースということで。
新製品リリースに対するご祝儀&応援の気持ちも込めて購入しました。


レンダリングに使用した髪の毛は、ベースフィギュアに同梱されたFitモーフにあわせて
Amy Hair
thumb_amyhair.jpg


レンダラーはいつものとおりOctane
マテリアルは以前にV4用に作って保存してあったOctane用のマテリアルを流用しました。
(ちなみに、テクスチャはLa Femmeのベースフィギュアのデフォルトのものを流用しています。)
元がBlackhearted氏の個性的な造形なので、購入したモーフだけで日本人向けのデフォルメ顔を
作るのはちょっと厳しく、結局あごと頬のラインなどの修正モーフをZBrushで追加しています。


さて今後のポザ界隈ですが
汎用性の高いマーチャントリソースのスキンテクスチャが販売されることになったら、
SmithMicroが公式にアナウンスしている点から考えてもProject-EよりもLa Femmeのほうが
メインになりそうな予感がします。
実際、erogenesis氏もブログでLa Femmeに対するちょっとキツメの私見を書いているところからして
(La Femmeの性器の造形を依頼されたのを蹴ったとも書いてある)かなり意識しているようで、
たぶん内心は猛烈に煮えたぎっているのではないかと。


とはいえ、個人的には早くBlackSmith3DのV4用テクスチャをPE用に展開するプラグインが
出てくれないものかと首を長くして待ってるんですが…



Tag: <>LaFemme
Category: Poser全般

該当する記事はありません。

Poser At Renderosity Create stunning models for 3D software free