Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Aikoさん
FC2のこのブログが置いてあるサーバに障害が発生^^;
推測にすぎないけど、どうやらスパムトラックバックの汚いデータが
ログを壊してしまったようで・・・
(残ってたTBの記録は文字化けしまくってた。)
FC2さんの対応が早かったので、一応ブログそのものは閲覧できるようになったけど
Aiko4の記事は復旧できなかったようなので、画像だけ再アップしておきますね。
(記事の内容はたいしたもんじゃなかったし。)

ちなみにこの全身画像はPEBにあります。
(古くなると削除されるので、見たい方はお早めに^^)


オリジナルの記事をWEB検索のキャッシュから復旧しました。




気が早いけどAiko4

mko-080115blog.jpg

この画像はAiko3^^;
全身画像はPEBのほうに貼ってありますのでそちらへどうぞ。
ちなみに背景(影を含む)はPhotoshopによる合成です。
服はフリーのダイナミッククロスを使ってます。
Aiko3本体に使用した素材等は以下の通り。

 ・Short bob (kozaburo/DigitalBabes/Free)
 ・NGM for A3 (Posermatic/Renderosity/$9.20)
 ・A3 Custum Set (Billy-T/Renderosity/$12.00)
 ・Aiko Clothpiece3 (A::D:P/ShareCG/Free)

Aiko3は、ポージングさせる関節の仕組みが古いことや口周りの表情付けが難しい
(デフォルトの笑い顔のモーフは、前歯むき出しで不気味なものになるので、
可愛く笑わせるだけで一苦労)という弱点があるにもかかわらず、おそらく日本で
一番流行ってるベースフィギュアなんじゃないかと思います。
個人的にベースフィギュアとしての出来栄えはテライさん(TY2)のほうが上だと思うんですが
Aiko3のほうが流行っているのは、やはりカスタマイズ性の高さの違いかな。

TY2はデフォルトの顔が既に個性的かつ魅力的で、下手にいじるとその魅力が半減するため
結果的に「誰が作ってもテライさん」にしかならないせいじゃないかなーと。
あと、TY2対応の服などの商品が少ないってものあるかな。
実際にはポージングやレンダリングで「この人ならでは」というテライさんの画像を作れる人も
いるんですが、それをするには技術が必要だし、お手軽さに欠けますから。

で、Aiko3のカスタムモーフといえばSarsa, Thorneコンビによる妖精っぽいシリーズ。
この最強コンビの作品愛用者もかなり多いようなんですが、これまた個性が強いことと
「妖精だからヌードでもいいよね?」的な感じが個人的にちょっと。
(・・・といいながら、正直言うといくつか購入しました^^;)
Freebee、商品ともにAiko3用のものは無数にあるので、それを組み合わせるだけでも
かなり楽しめると思います。

V4.2リリースの後にAiko4が来ると公式アナウンスがあったので、どんな進化を
遂げているのかかなり楽しみです^^

Tag: <>A3 <>A4 <>Free <>PIC
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free