Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


GTX280
グラボをGTX280に交換終了。
ドット欠けなども完全解消されてスッキリしました^^

GTX280は、8ピンと6ピンのふたつの電源コネクタをつなげる必要があるんですが、電源に最初から備わっている8ピンと6ピンのコードをつなげてPCを起動しようとしたところ、うんともすんとも言わない。
「やべ、もしかしてマザボ逝った??」と、かなり焦りました。
で、グラボのパッケージに入っているコード(6ピンx2を8ピンx1にまとめるコードと、4ピンx2を6ピンx1にまとめるコード)を使ってつなげなおしたところ、無事起動。
今までいくつもグラボの交換をしてきましたが、こんなに電源に厳しいのは初めてです。
9800GX2とか使った日にはどうなってしまうのだろう・・・洒落ならんっす。

グラボの不調でここ数日お休みしていたPoser活動をぼちぼち再開しようかね。


Category: etc

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

ハイエンド グラフィックスカード ってなじみがないもので、すごいとしか思えないのですけど、、、GTX280 5万円代なら安い感じはします。ケーブルの話をきくと、しっかりした電源をもってないと使えないわけで、、計画性のある気合がないと無理みたいな、、、、、でも節電型CPUと、、、
【2008/08/22 22:03】 kim99 (URL) [編集]


節電型のCPUを購入した時点では、グラボの交換考えてませんでしたからね^^;
リソキソさんに教えていただいたデータによると、GTX280の消費電力は200wということなので、消費電力のでかさの問題というよりも、コネクタ接続がシビアだと考えたほうがいいかもしれません。(9800GX2のようなGPUx2のグラボや、SLIのような2枚差しになると、800w以上の電源が必須になるのは間違いないですが。)

CPU交換に関しては、前代のPCのCPUを交換しようとしたときに、それに搭載しているマザボに対応している上位クラスのCPUが完全に市場から姿を消していたっていう経験があったので、そうなる前になんとかせねば~という焦りがありまして。

あと、3Dの作業効率の面で、納期を迫られるようなことがない趣味でやっている場合は、レンダリング速度(=CPUで処理)に対してそこまでシビアにある必要ありませんし、どちらかというとレンダリング前のリアルタイムレンダリング(=GPUで処理)の快適さのほうが重要だったりしますから。

とりあえず、マザボが逝かれない限りは今回のパーツ交換で「あと2年は戦える!」状態になったので満足しております^^
【2008/08/23 00:30】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free