Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


久しぶりに感動を味わった
なんとなくネットをうろうろしていて↓の記事を見つけました。

らばQ: 冴えない男の才能が発掘されたとき「ポール・ポッツ」(動画)

やー、本当に久しぶりに感動しましたよ。
感動巨編!てな感じのプロが計算してつくった映像とは違って、ノンフィクションのパワーというか、
「世の中ってまだまだ捨てたもんじゃないな」と素直に思わせてくれました。
日本のTVでもけっこう前に紹介されてたらしいから、たぶん知ってる人には「いまさら?」って
ネタなんだろうけどね^^;
いいんだよ!俺は感動したんだよ!

で、知らない人のために簡単に説明しておくと、ぱっと見ただけども「だめだこりゃ」な感じの
ひじょ~~~に冴えないセールスマンの男の人がイギリスのタレント発掘番組でオペラを
歌ってオーディションを勝ち抜き、優勝してデビューアルバムを出して、全世界で300万枚を
売り上げて・・というマジもんのサクセスストーリーなんだけど、紹介したサイトでは
タレント発掘番組で一番最初に歌った際の映像から優勝するまでを字幕付きでみることが
できます。
特に一番最初の動画は、ステージにおどおどしながら立っている冴えない男に審査員も会場も
「だめだこりゃ」なムードだったところが、歌声が流れ始めた途端に「え・・?」となる瞬間と、
このオーディションに落ちたら歌の夢を完全にあきらめる覚悟で望んだ男が全身全霊をこめて
歌い上げる迫力が、マジで鳥肌もんです。
ぶっちゃけ、他にもこの人の動画を探して見てみたけど、この最初の動画の歌う姿と声の
迫力が一番すごいと思ったです。

この人の略歴がウィキペディアにあるから、興味もった人はそちらもどうぞ。
ウィキペディア: ポール・ポッツ

Category: etc

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

これは凄い!マジで感動してしまいました。
「ワン・チャンス」というアルバムの話はちらっときいたことあるんですが、へえ~と思ってそのままでした。ManiHoniさんのおかげで今始めて動画を見てびっくりです。
おっしゃるとおり、一番最初の動画が鳥肌立ちますね。
いや、本物の凄さみたいな迫力、久しぶりに味わった気がします。
moebiusもそうなんですが、ManiHoniさんの感性、すごく刺激を与えてくれます。ありがとう~。
【2008/09/16 17:44】 rose (URL) [編集]


初めて知りました。テレビあまり観ないものでっ
いいもんみさせてもらいましたっ
【2008/09/16 17:45】 雪たん (URL) [編集]


私もあんまりTV観ない人でございます。
PCモニター以外は、ニュース番組を見るかレンタルDVDを観るか、というくらいですね。
最近では、オダジョーの蟲師と時効警察1&2は面白かったっす^^

「ワン・チャンス」を買って聴いたみたけど、オーディション初回の鬼気迫るような魂の叫び的なものがまったくなく、商業的に綺麗にまとめられていたのがちと残念でした^^;
【2008/09/22 08:07】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free