Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マウスがががが
そろそろマウス買い替え時期っぽい。

現在使用しているマウスは ロジクールLX7 Cordless Optical Mouse っていう
コードレス&オプチカルの4つボタンマウス。

私はADBコネクタしかなかった頃のPPCMac時代から4つボタンマウス信者で、
Kensington Thinking Mouse というのをこよなく愛しておりました。
当時Macでは1つボタンが当たり前でしたが、MacOS8.0から登場したコンテクストメニューも
このマウスなら右ボタン一発で呼び出せました。(当時のMacユーザーとしては画期的。)
さらに基本的にコピペはすべてマウスのオプションボタン。
こんな感じの非常に凝ったドライバがついていたので、使用しているアプリによってボタン割り当て
を切り替えたりとか、もうやりたい放題で楽しかったものです。(遠い目

で、現在使っているマウスの話に戻りますが、1回クリックしたのにダブルクリックしたような
挙動を示すようになりました。
中を開いてみると、マウスボタンの裏のプラスチックパーツがクリックした際に接触するスイッチ
部分の形に削れちゃってます。
この削れちゃってる部分を今まで何度か補強をしてごまかしごまかし使っていたんですが
もうそろそろ限界のようです。

で、次のマウスをどうするか・・・・私は左利きなので左右対称デザインのマウスしか使えません。
正直言って、これが非常に腹立たしいんだけどね。右利き用マウスはあるのに、左利き用マウス
ってほとんどない。
まぁ、コスト的に採算が合わないってのは理解できますが、それでも「左利きは冷遇かよ!」と
思っちゃいます。スミマセン。
コードレス&オプチカルというのも毛がふさふさしてるワンコを室内飼いしてる環境では必須。
それから、私にとってボタンが4つ未満とかありえないので、当然4つボタンマウスを探します。
結果として、次のターゲットは LX8 Cordless Laser Mouse ということになりそう。

・・・でも、このLX8ってオプションボタンがマウスの真横についてるんだよね・・・・
なんでこんな中途半端なデザインにするんだろ?
使い慣れることが出来なかったら別のマウスを探すしかないかな・・・

上の条件に合うような「これオススメっすよ!」というマウスがあったら是非ご紹介くださいm(_ _)m

P.S.
というわけで、Poserのパラメータダイアルをクリックすると詳細ダイアログが毎回表示されるような
状況下でM4キャラを作るのはとても無理な状況っす^^;;

Category: etc

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。