Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


INJポーズの簡単作成法
HEADパラメータのみ&PMDを使わないキャラのINJポーズを作る方法を説明しまーす。
(Win用に書いてますので、Macの方は自分の環境に合わせて読み替えてください)


今回は説明用ってことで、わかりやすいように「Morph++」と「A4」を混ぜつつ
使用するパラメータ少なめにしてしてみました。

Morphs | Shapes
  Morphs++
    Full Head & Face
      Young 0.5
    Eyes
      Eyeballs
        EyesCorneaBulge 0.25
      EyesHeight -0.2
  Aiko 4
    Aiko4 0.3
    EyesLowerFlat 0.25
    EyesShape2 0.2


んで、パラメータによるキャラ作りが完成したら、これを一度フィギュアとしてライブラリに保存。
名前は適当でOK。
保存する前に、Poserの設定の「その他」で「外部バイナリを使用」がOFFになっている
かどうかを確認しておいてください。
チェックがONになってると、PMDが作成されてしまうので、以下の方法は利用できなくなります。
たぶん。

次にこれを「CR2Builder」で開きます。
保存されている場所は、Runtimeを標準のまま使用してる場合は

 C:\Program Files\e frontier\Poser 7\Runtime\Libraries\Character

の中だと思います。
ファイル名は、先ほど適用につけた名前に「.cr2」という拡張子がついたものです。

開くとずらずら~~っとCR2内部のリストが表示されます。
この中で必要なのは、最上部にある「version」と中間にある「actor head:1」だけです。
上部にも「actor head:1」がありますが、これは必要ありません。
ということで、必要のない部分(図でグレーになっている部分)をシフト+クリックで
選択してざっくり消してしまいましょう。
(この削除処理にはけっこう時間がかかりますので、本でも読んで待ちましょう)



削除が終わるとこんなにスッキリ。



で、「version」を開いて「5」にサクっと書き換えて、いよいよ「actor head:1」の内部整理に。
必要な部分は「channels」だけなのでそれ以外のグレーの部分をサクっと削除。



次に「channels」の中の整理をします。
と、その前に「CR2Builder」のメニューにある「LeftPage」の「TreeView」の中にある
Remove 0 TargetGeom ALL」を実行します。



そうすると、隠しパラメータも含めて「数値が0になっている項目」が自動的に
削除されます。(たぶん。)



さて、ここからさらに整理しましょう。
まず「groups」を削除。(↓の図はすでに削除済みね)



次に「Remove 0 TargetGeom ALL」で削除しきれなかったパラメータを削除。
ちょっと面倒になるけど、各項目を開いてみて「keys」の中が「k 0 0」になっている項目を
削除していきます。



はい、ここまで整理することが出来ました。
残った項目を見るとわかるように、この記事の最初に書いた「使用したパラメータ」のみが
パラメータのツリーに関係なく、行儀よく並んでいますね。
このままでもpz2ファイルとして保存することでINJ使用することができるんですが、
もっとスリム化してみましょう。



POSEファイルの基本的な処理は、Poser上に読み込まれているデータの「変更したい部分の
書き換え」にすぎないので、「keys」内の「k 0 0」の部分を書き換えるためのデータさえ残って
いればそれで十分なんですね。
その結果、ここまでスリム化することができます。



さぁ、これを拡張子「.ps2」にして保存してしまいましょう。保存する場所は↓で。

C:\Program Files\e frontier\Poser 7\Runtime\Libraries\Pose

REMファイルを作る場合は、このファイルの「keys」を「k 0 0」にしてしまえばOKです。
BODYなどのパラメータを使った場合は、「actor head:1」を「「actor BODY:1」に読み替えて
もらえればそのまま通用するだろうと思います。


注意点ですが、この方法によるINJ作成は、OBJ等の外部モーフを使ったINJには適しません。
また、先にMorph++やA4モーフなどを読み込んでもらって使うことが前提になります。


Tag: <>HOWTO
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

CR2Builderを取り上げていただきありがとうございます。ここでつくられている pz2ファイルですが、これは元祖Poseファイル pz2ファイルだと思います。 全てのチャンネルに対する値を設定してないので、リセットというか値をゼロにしないと期待されるPoseが設定できないと思われます。
この k 0 0 以外しか指定しないタイプのPoseファイルは pmd タイプの INJection Morph だとチャンネルの名前や数が変動するので、ありだと思います。
【2008/11/27 00:27】 kim99 (URL) [編集]


Poserを使い始めたばかりという人の場合は、この形式はちょっと戸惑うかもしれませんね^^;
でもまぁ、有名ベンダーさんもけっこうこの形式でやってる人いますし、基本的な部分がこの形式のKarlin/Annyともに特にクレームは来てないんでNPかと思われまする^^
(空きチャンネルを使う場合に表示用のチャンネル名を設定したり、他のチャンネルと連動させたり、デルタを使うために最小限残しておかなければならない項目とか、ここまで単純にはできませんけどね^^;)
【2008/11/27 21:35】 ManiHoni (URL) [編集]


P4Womanや Victoria2の時代は、空チャンネルも INJectionもなかった時代のPoseファイルを調べた経験があるもので、k 0 0 にも意味を感じるわけです。 なので、V4や SimonG2, SydnyG2 から Poserに接するPoserユーザーは混乱するでしょうね、、
【2008/11/27 23:46】 kim99 (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free