Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっと真面目な話
「日本は侵略国家であったのか」 田母神俊雄
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf

賛否両論はあるにせよ、日本人として一度目を通したほうがいいと思うよ。

外交上の配慮から現政府がこれを全面的に肯定する姿勢を出すことが難しい(・・・というか、
学術論文ではなく個人的考察の域をでない文章なので、政府がそのまんま肯定するのには
ちょっと無理がある)のは仕方ない。
しかし、防衛省航空幕僚長という立場で田母神氏がこの論文を発表することは、すなわち
日本政府の外交姿勢のひとつとして諸外国から認識されてしまうことになりかねないから、
それを避けるためになんらかの処分が必要となってしまった・・・というところでしょう。

しかし、

・防衛省航空幕僚長という立場でこの論文を発表することの是非



・この論文の内容に関する是非

は、まったく別なんだよね。

間違ってもやってはいけないことは、「衛省航空幕僚長という立場でこの論文を発表すること」が
NGだから「この論文の内容」もNGというような単純な発想。


Category: Real Life

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

自分の部下に国の為に死んでくれと言う立場の人であるなら、部下がお国の為に死ねるように尊敬できる国家観を作ることは組織内部に対しては自然なことだと思う。
尊敬できない国家観いつまで日本はつづけるのだろう?

政府が踏襲する村上談話はなんだったのか?憲法九条と自衛隊とか、、戦場らしきところで死ぬ(労働災害に遭遇する)かもしれない公務員の気持ちを無視できる行政なら、切り捨OKな派遣労働者は基本的人権は保障されてるという解釈は、憲法9条に矛盾しない自衛隊解釈とにている。

政府が踏襲する村上談話を作り出した首相をおくりだした社会党はこのありさまだ。
まにほにさんは、キャラクター(顔)を作っていて、、、政府というか行政には顔がないように感じるコントラストが、、
麻生太郎という仮面をかぶった顔の無い行政に、そこはかとない不安を感じる。
銀河鉄道999の車掌さんとか、、メゾン一刻の音無総一郎さんとか、顔が潰れてるキャラっていました。Poser的には、顔がないけど体がなにか言ってるキャラクターってアリです。
【2008/12/20 08:02】 kim99 (URL) [編集]


村山談話の内容については「日本の自虐史観丸出しでいかがなものか」という一言につきますが、あの談話の政治的ポジションとして「一部の国からそれ以上の突っ込みを避ける」という役割を果たしているという解釈もあるようですね。(といいますか、何の調査もせずに圧力に負けて「言っちゃった」感の強い河野談話のほうがもっと問題なわけですが。)
どちらにせよ、発言力がある人の発した言葉は、その内容の是非とは別の意味を持つってのが非常に「なまぐさい大人の世界」って感じですねぇ

まぁ、政治に関していうと、むしろ「顔」のような表面的なものよりも真の意味での「中身」のほうが大事なわけですが、意図的なミスリードと揚げ足取りに終始するマスコミとそのマスコミに踊らされる一般大衆という最強タッグの前では、表面的なお涙頂戴的キレイ事を言ったほうが勝ちというのがもうね^^;
【2008/12/20 09:46】 ManiHoni (URL) [編集]


立場によって言う事(言える事)が変わるということ理解できない(無視する)人が多いことにはいつも驚かされます(笑)。

この場合も最大の問題は”論文を発表”したことではなく、”無断”で発表したことだと思います。その職務を辞めてからであれば問題は無かったはずです。
ざっとよんだ限りでは、内容もとくに間違ったことは書いて無いようですが目新しいことも無いようです。出来れば、当時の国際法、国際(国内)的政治状況、国際(国内)経済状況、マスメディアからのプレッシャーなどから何故戦争になったのかという点もソース(文献)と共に多面的に提示されていればもう少し興味深いものになったのでは無いでしょうか

個人的には麻生首相の政策は現状に対して非常に現実的なものだと思います。IMFへの資金に関しても通常は使用できない外貨準備の投資先としては堅実なものです。(IMFは慈善団体ではなく借金の取立屋です。確実に利息込みで回収してくれます。)韓国との二国間スワップもFRBと同じ四月末までに限定して期間延長等の言質を取られるような公式発表は(少なくとも日本側からは)されていません。

現在の政府や政治状況は我々の選択の結果です。与党も首相も選挙の結果誕生したものですし、現在の問題は過去に我々が選んだ代表者の政策の結果です。投票の時にはよーく考えましょう。
勿論日本人を止めるという選択肢も常にありますが(笑)。
【2008/12/20 14:37】 T2 (URL) [編集]


ある程度自分で情報を集めて分析するクセがついている人にとっては確かに目新しさのない文章ですが、そうじゃない人にとっては案外目新しい(そして、とっつきやすい)内容だったりするかもしれませんね。
ハルノートの存在とか、知ってる人は知ってて当たり前のものだけど・・・みたいな。

これが仮に某国達を一切刺激しないような内容だったとしたら、無断であろうとなかろうと、果たして彼は処分を受けることになったかどうか・・・
そういう意味で、「あの文章をあの立場で発表」したことがNGだった、と私は解釈しとります。

麻生さんに対する評価は私もT2さんと同じく^^
表面的な揚げ足取りや意図的なミスリードが満載のマスコミはなんとかしてほしい・・・
TVで報道番組とか見てると食事がまずくなるorz

>勿論日本人を止めるという選択肢

ガクガク
【2008/12/21 05:30】 ManiHoni (URL) [編集]

つーか、これ論文の体をなしてない…
えーと…間違いだらけ。論文の体をなしてません。

この人、ちゃんと一次資料を引いて論文書いてませんので、その段階で0点です。内容について語る段階に至っておりません。

この論文について考えを巡らせるならば、まず一次資料でどんな一次資料があるのかを調べてからにすることを強くお勧めいたします。
【2008/12/23 20:47】 近代歴史が趣味の人 (URL) [編集]

追記ですが
まあ2ちゃんねるのスレのQAですが、少なくともあの論文まがいよりはよほどマシかと思います…
【2008/12/23 20:57】 近代歴史が趣味の人 (URL) [編集]


意外な人物から意外なリアクションが^^

>これ論文の体をなしてない

まったくそのとおりで、私もこのエントリー自体に書いてますが「学術論文ではなく個人的考察の域をでない文章」だと思ってるわけでして。基本的にあの文章をみなさんは「論文」という名目で扱っていますから、それに習ったまででございます。
といいますか、私がこのエントリーで言いたかったことは「田母神氏の発表した文章自体の正誤や価値」ではないんですけどね^^;;

紹介していただいた軍事板の田母神氏問題のまとめはまだザッとしか目を通してませんが、そこからリンクされていた↓のブログの評が特に面白かったです^^

田母神論稿の「正しさ」と「愚かさ」
http://sessai.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-6d76-1.html
【2008/12/23 23:30】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。