Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○△□
年末に○△□のテクスチャ&マテリアル。
M4系のマーチャントリソースで○△□用に使えそうなものはほとんどないので
3d.skまで遠征してきたわけですが、鬼のようにデカイ○△□の画像を何枚も
表示させているとさすがに精神的ダメージでかいですorz

DAZでもっとも売れているであろうM4キャラのLR Jayden for M4の○△□を参考に
しようと見てみてら無毛だったわけですが、確かにそのほうが楽ですorz
・・・でもやっぱ完全にツルツルは気持ち悪くないか??

というわけで、職人としては手を抜くわけにもいきませんから、UVマップをにらんだり
マテリアルがどんなグループ分けになっているかを分析したりして、だいたいの
目処は立ちました・・・

・Gen Skin (竿と巾着の部分)
・Invis (胴体との接合部分)
・Glans (先っぽ)
・Pubic Hair (毛)

Jaydenの場合は「Invis」が完全に透明になっていて、胴体とのつなぎ目を滑らかにするための
透明マップのグラデーションが「Gen Skin」部分に来ていました。
それもそのはず、「Invis」部分は「これならGen Skinと一体化したほうが良くない?」という
くらいに狭い。・・・が、Jaydenと同じ手法をとるとOpenGLの透明度マップに関する仕様制限
によってPoserのプレビュー画面で○△□の一部が透明になったりするわけで。
プレビューでそういう状態って気持ち悪いでしょー。
少なくとも私は納得いかない。
てなわけで、しっかり「Invis」を活用してつなぎ目を作成し、毛の部分の作成もほぼ終了。

前日に目のテクスチャの作成とマテリアルの見直し(Karlin&Annyの目のマテリアルに
かなりの修正を加えました)も終了したので、次はサムネイルとプロモ画像の作成かな。

Tag: <>MENS
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

お・・お疲れ様です・・
販売キャラ作るのって、大変なんですね。表から見えない(?)部分まで作りこむのは、さすが職人と思いました。Ash君が、早くレンダロに並びますように。
【2008/12/28 19:08】 ぱいん (URL) [編集]


ぱいんさん、いらっしゃいませ~
年が明けてちょっとしてから販売開始になると思います~~^^
【2008/12/30 22:19】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。