Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


謹賀新年
明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年は家族総出で初日の出を見に行ってきました。
雲のほとんどない快晴で、とても清々しい^^

そんな勢いにのって、つい先ほど「MH Ash for M4」の販売申請を済ませました。
大晦日はなんだかバタバタと忙しくて、年越し頃にはもう眠くてしょうがなくなってしまい
「レンダロ時間なら日本が年明けてもまだ31日だし~」などと思いつつ眠りにつきました^^;

さて、去年一年を振り返ってみると、Poserをメインの趣味にしたことが一番大きかったですね。
何より「趣味の3Dでお金を稼ぐこと」の道が開けたことが一番の収穫でしょう。
3Dをはじめて10年くらい経ちますが、同じ趣味で3Dをやっている友人知人達がCG雑誌に
コラムを掲載したり3Dを使ったゲームやアニメを仕事にしたりする姿を見て、「私自身のリアルの
仕事に影響が少ない形&ペースで気楽に3Dで金を稼ぐのは難しいな」と思っていました。
もちろん当時も3DデータをWEB上のマーケットで販売するようなシステムは存在しましたが、
そもそも趣味の3Dでは「自分で作る」ことがメイン(少なくとも私自身の感覚ではそう)なので
「いったい誰が買うというのだろう?売れてもたかが知れているんじゃなかろうか。」という
認識しかありませんでした。
ところが、Poserの場合はその辺が根本的に異なるわけで、「他人の作成したデータを購入
することで成り立っている趣味」なんですね。

Poser自体の存在はPainterのバンドルソフトの時代から知っていましたが、SLのアニメーション
データを作るために無償公開されていたPoser5を使いはじめるまでは「自分とは関係ないソフト」
だと思っていました^^;
ところが、Poser5を使うためにWEBでいろいろ調べているうちに「おお~こんな画像も作れるんだ」
「面白そうじゃないか^^」という興味がふつふつと沸いてきて、あれよあれよという間にいっぱしの
Poser使いへと。(ブハハ

そんなわけで、今年もお気楽ペースでPoserと関わっていこうかなと考えておりますので
みなさんよろしく^^ノシ

Category: etc

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。