Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


6月から医薬品のネット販売が禁止になりそう
私は今でこそ普通に外出して買い物したりお酒を飲んだりできますが、数年前まではアトピー
(というより日本の皮膚科で一般的に処方される治療薬による副作用)のために外出すること
が困難な日々が続いていました。
詳しい人ならわかると思いますが、いわゆる「ステロイドの副作用」ってやつです。

この日本的な治療方法による「ステロイドの副作用」にうんざりして、海外の情報などを
調べてサプリメントや非ステロイドの塗り薬などによる治療(いわゆる脱ステ)に切り替えた
わけですが、脱ステによってボロボロになった身体をひきずり、精神的にも肉体的にも苦痛を
覚えながら外出して薬局に行っても「この地域の取次ぎ店(=問屋)がその薬を取り扱って
いないから、取り寄せることすら不可能です」と言われる始末。
ステロイドを含んだ薬ならいくらでも売っているのにね^^;

もしこのときネットで必要な薬を購入できなかったら、今でもステロイドの副作用に苦しんで
いたかもしれない・・・と思うとゾッとします。



で、しばらく前からこのブログの右メニューの一番下にひっそりと貼っていた↑のバナー。
これは今回話題にする「薬事法施行規則等の一部を改正する省令案」に反対する署名を
集めようというもので、5月10日現在で約138万9千件の署名が集まっているようです。
100万件越えてるってすごいと思いませんか?
この署名の一部が公開されているので読んでみると、離島や過疎地域の方、ご自身が障害を
お持ちの方、介護のために外出が困難な方などが、この規制によって生活を脅かされる
危機感をもっていることがよくわかります。

・・・でも、残念なことに「薬事法施行規則等の一部を改正する省令案」が6月に施行される
方向のまま突き進んでいるようです。

5月12日から5月18日まで厚生省がパブリックコメントを募集するということなので、
最後の望みの綱として私もコメントを送ろうかと思っています。
みなさんも興味があったら、ぜひよろしく。

ヘンテコな規制を変えよう!-【ケンコーコム】

パブリックコメントの送り方の説明 (Web屋のネタ帳)

※この件に関する経緯や詳細がわかるリンクなどもあります。

厚生労働省:パブリックコメント受付



Category: Real Life

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
ムゥ...(-ω´-考)・・・
manihoniさん、こんばんわ。

酷い目にあってたんですねえ・・・ヽ(´Д`;)ノアゥア...

医薬薬メーカーに長年勤務してた私には、厚生労働省の思惑が分からないでもないです。(ハッキリ書くと問題があるので、モゴモゴw)

ただ、今頃になって何故?と言う感は強いですね。

薬局で対面販売と言っても、ちゃんと説明できてるお店など殆ど無いです。

お客様に聞く気が無い(時間が無かったり、体調が悪かったり)のも問題ですが、私は意地悪なので、聞きます。

しかし、的確な回答があったためしがないです。(特に私の生息地では・・・皆無!)

ムゥ...(-ω´-考)つ【御上のする事は、謎だらけ!】~☆



アトピー性皮膚炎の治療にステロイド剤のお医者様・・・まだ居るのか?

ムゥ...(-ω´-考) 居るのかも知れない・・・

アレルギー専門医は、他の物を使ってました。(もはや薬効の無い物だったりしますw一部薬価がついてましたが・・・とても安いw)

( *・ω・)ノでわっ
【2009/05/12 21:58】 rdouraku (URL) [編集]


rdourakuさんの意外な側面が^^

今回の規制には「薬剤師不在の店頭販売」を薬事法違反とするなどの強化もされているようなんで、従来の店頭販売を比較対象に規制反対の声をあげてもあまり意味がないようなんですが、「じゃあ、薬剤師がいて対面で説明したら、厚生省が望む安全性を本当に確保できるのか?」ってのは、やっぱ疑問が残りますよね。

素人なりにいろいろ調べてみると、厚生省の望んでいるのは

1) 薬害が発生するリスクを下げる
2) 違法な販売を取り締まりやすくする
3) 医薬品を自殺などの目的で購入する機会を減らす

の3点なんじゃないかなーと。

1に関していうと「口頭での説明」と「文字での説明」の有効性の差なんて、購入者次第ですし、薬の組み合わせに関する警告はしっかりとしたデータベースによって運営されたネット販売のほうが信頼性が高いんじゃないかと。そのための設備が不備なところはネット販売させないっていうのなら、私も納得できるんですけどね・・・

2に関しても、販売者・購入者ともに追跡可能な記録がハッキリと残るネット販売のほうが、明らかに有利。

3に関しては、店頭だろうとネットだろうと複数店舗を利用することでいくらでも薬は入手可能なんだから、規制理由としては無意味に近い。

もちろん、素人にはわからないもっと深い理由があるのかもしれませんが、もっと納得のいく説明がない限りは、この規制で日常生活に支障をきたすことを恐れている人たちは絶対に納得できないですよ・・・

・・・とrdourakuさんに愚痴をこぼす感じで自分の考えを少しまとめてみました^^;
【2009/05/12 23:03】 ManiHoni (URL) [編集]

納得できないですー
こんばんはー
私もさっきposerじゃない方のblogに記事を書いたばかりです

今回の改正は誰得?というのが正直な思い(^^;)
ネットで出てくるのは反対派の「規制されて困る人の話」が多いので
規制推進派の「一般人」の話が聞きたいなーと思ってしまいますねー
前回のパブリックコメントも出したんですが
今回もまじめに出してみようと思ってます
【2009/05/13 00:53】 pino (URL) [編集]

┴┬|ω'*)゚.:。+゚
>薬害が発生するリスクを下げる
 薬害の場合、特に怖いのがアレルギーです。
 これは、どんな名医でも予測不可能です。
 よって、説明でリスクは減りません!(★-`ω-)bキッパリ!

確か確率的に0.01%以下ですが・・・あたれば100%!(尊敬する医師の言葉w)

飲む量や回数は、書いてる通りに飲みましょう。(沢山飲んでも効果が上がる事は無い!)
子供の場合、体重などで細かく計算された物(とても繊細)でないと危険です!
小児科にかかるのは、必須です。(特に15歳以下)
親がアバウトで飲ませては、いけません!(★-`ω-)bキッパリ!

まあ、飲んで湿疹が出たり発熱があった場合は、即座に飲むのを止めてなるべく早く医師の診察を受けましょう。(早ければ早いほど良い)
病院行く時は、飲んでた薬と添付文章持参する事です。(処置がより正確になります)
市販薬が無くなるまで、外箱・中に入ってる一杯字が書いてる紙捨てないように!
赤字で書いてるのは、特に注意しましょうw

予断ですが・・・
薬を飲む時は、飲酒は駄目ですよお~!
内服薬は、必ず肝臓で代謝を受けて効果を発現します。
お酒が入ると肝臓は、アルコールの分解を優先フル回転状態になり副作用の発現率を上げます。

さらに!
医師の処方した薬は、飲みきりましょう。
もし残ったら、捨てましょう。
その方の症状や体調・体質を医師が診てその方専用の薬を処方してます。
医師の処方した薬は、たとえ家族でも飲まないことです。
お子様に処方された風邪薬を飲んだお父さんが、大変な事になったケースもあります。(実話)


>違法な販売を取り締まりやすくする
 バイアグラとかハルシオンとか?(; ̄ω ̄)ゞ
 医師の処方(管理)で使わないと・・・恐ろしい事になりますよw
 バイアグラ⇒正常な特に若者が飲む⇒不能になった例があるそうなw
 ハルシオン⇒お酒と併用で特に問題があるw(医師が使えば、半減期の短い(翌朝に残らない)良い薬なんですが・・・)


>医薬品を自殺などの目的で購入する機会を減らす
 一般に市販されてる薬の致死量ですが・・・
 大食いチャンピオンが食べれるだけ食べても致死量に到達しません!(★-`ω-)bキッパリ!
 入らなくなって食道にも詰まってしまえば・・・あるいは死ぬかも?ムゥ...(-ω´-考) その前に吐くと思うが・・・

医師の処方する薬の中には、危ない物も存在します。
毒薬・劇薬とか書いてますが、お医者様の指示通りに飲めばお薬です♪(★-`ω-)bキッパリ!


>もちろん、素人にはわからないもっと深い理由があるのかもしれませんが、もっと納得のいく説明がない限りは、この規制で日常生活に支障をきたすことを恐れている人たちは絶対に納得できないですよ・・・
 量販店の安売り(大量仕入れ大量販売の薄利多売)に押されて、ネット販売の売り上げ多い薬局なんかは・・・死活問題らしいですね。
 少し前まで、コンビニで市販薬売るような事言ってた気もしますが?
 厚生労働省が、納得いく説明した事あったかしら?ムゥ...(-ω´-考)???


【2009/05/13 01:22】 rdouraku (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free