Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政権交代後の日本経済2
今回も政治経済ネタ。

実際に民主党が与党となった場合に「家計にどのような影響をあたえるか」を
現在の民主党が掲げるマニフェスト等から読み取れる経済対策から考えてみます。

今回のキーワードは以下のとおり。

 ・子ども手当
 ・高校無償化
 ・高速道路無料化
 ・消費税


いつものように、興味ない人はスルーでヨロスク。

==============================
子ども手当

0~15歳(16歳未満)の子供のいる家庭に、子供一人当たり月2万6千円
(年31万2000円)を支給する制度。
2010年度に半額で開始し、12年度に完全実施。
現行の児童手当とは異なり、親の所得制限は設けない。

完全実施の際の年間予算案は、事務費を含め約5兆6000億円。
財源は、所得税の扶養控除や配偶者控除を見直すことで捻出。
※配偶者控除は全廃。
※扶養控除は「0~15歳の子供」のみ廃止。
※年金受給世帯は、公的年金等控除の拡大や老年者控除(65歳以上)
の復活により、差し引きで負担は軽減される。

子どもない家庭は負担増 配偶者控除見直しで岡田氏(東京新聞/共同通信)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009071901000223.html

民主公約「子ども手当」…夫婦だけ世帯、負担増も(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20090719-OYT8T00293.htm

民主の子ども手当は増税前提 目玉政策を与党批判(47ニュース/共同通信)
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009071901000305.html


6/16に書いた「第二回党首討論」の記事の中でも扱いましたが、最終的に
上記のようにまとまったようですね。
完全実施された際に、実際にどのように家計に影響を与えることになるのかを
計算されている方のブログを見つけたので紹介しておきます。

吟遊詩人の戯言 » 民主党のこども手当:所得の増減を計算してみた(爆

http://gurizuri0505.halfmoon.jp/20090719/8584

このブログ主さんも「間違っている可能性がかなり高いので参考程度に」と
おっしゃっていますので、そのつもりでご覧ください。

少子化問題を考えた場合、子ども手当のようなものがあること自体には賛同
できますし、そのために多少の増税があっても仕方ないかな・・・と思います。
問題は、実質的に増税される世帯が多いのに「増税するよ」というアナウンスが
ないことですね。

配偶者控除が全廃されることによって、「結婚することのメリット」がさらに減って
しまうような気もします。

あと、吟遊詩人さんの計算表を見ると、確かに高収入の家庭のほうが税金が
高くなる仕組みになっているようですが、低所得家庭における「1~2万の増税」と
高所得家庭における「12~15万の増税」では、増税の重圧感は前者のほうが
遥かに大きいのではないか?と思いました。
もしこれを実施するのなら、親の所得制限や国籍制限などをおこなって、
低所得家庭への増税を回避したほうがいいのではないでしょうか。


==============================
高校無償化

国公私立全ての高等学校等の生徒の保護者に対して授業相当額の
就学支援金を支給。
私立の高等学校等の生徒の保護者のなかで年収500万円以下の世帯に
対しては特に、標準授業料の2倍の額を支払う。

「高校無償化法案」および学校教育力の向上3法案を参議院に提出
http://www.dpj.or.jp/news/?num=15545

高校無償化によって、中学卒業後に高校進学する家庭の場合は「子ども手当の
財源確保のための増税」があっても家計はプラスになる、という仕組みのようですね。
このためにトータルでいくらくらいの年間予算が必要なのかわかりませんが、
財源が特に示されていないことが気になります。


==============================
高速道路無料化

首都高速や阪神高速など交通渋滞が激しくなる路線を除き、来年度から実施。
利用量の少ない地方から始め、需要の状況を見極めながら対象を広げ、
最終的には「原則完全実施」を目指す。
道路公団は廃止する。(最新のマニフェストでの記載は未確認)

完全実施による経済効果は3年間で2兆円、国内総生産(GDP)を0.41%
押し上げる(民主党による試算)
無料化に必要な財源は1.5兆円程度(民主党による試算)
※現在の高速道路の年間料金収入は約2.5兆円。

首都高・阪神除き高速無料化 民主公約、来年度から実施(asahi.com)
http://www.asahi.com/politics/update/0717/TKY200907160430.html

民主の高速道路無料化 ETCはいらなくなる?(Jcastニュース)
http://www.j-cast.com/2009/06/18043458.html

高速道路無料化論の錯覚(JanJanニュース)
http://www.news.janjan.jp/government/0810/0810130370/1.php

一部でささやかれている「自動車税5万円引き上げ」の根拠となっているのは↓

3年で高速道料金無料化 民主政権なら、と菅代表
http://www.47news.jp/CN/200306/CN2003062201000335.html

これは、2003年6月22日の古い発言ですが、これを否定するようなハッキリとした
財源案が示されていないようなので、「古い発言だから無効」だと断定できない
ことが不安の元になっています。
常識的に考えると、自動車税が5万もあがったら「車を購入する人が減る=エコカー
などが発達して環境対策がなされたとしても、確実に自動車産業は衰退する」
という方向に向かいそうな気がするので、そんな馬鹿なことはやらんだろうと
思うのですが。

高速道路無料化を論ずる際に、「海外では高速道路無料が当たり前」という
主張がありますが、人口密度が海外と比べて高い日本においては、環境対策
などの費用が海外とは比べ物にならないのではないかと思うのですが、実際は
どうなんでしょうね?

もう一点、道路公団を廃止した後の失業者の受け入れ先の問題もありますね。


==============================
消費税

自民党 = 消費税率引き上げは景気が回復した後で
民主党 = 4年間は引き上げない


表現の違いはあるが、実質似たようなものだな・・・というのが私の印象。

・民主党のトップに消費税増税推進論者の岡田氏がいる
・現時点でも財源がハッキリしていない
・配偶者控除廃止などによる増税をきちんとアナウンスしない

などをあわせて考えると、

 民主党は消費税を絶対に上げない

とは考えにくい。
民主党は「4年間は引き上げない」とマニフェストて言っているわけだから
確かに4年間は何があっても引き上げないでしょう。
しかし、4年後は?

正直、今民主党がマニフェストにあげている案をすべて実現しようとしたら
どんなに無駄を省いたとしても財源不足になることは明白なんですから
子ども手当とセットになった配偶者控除等の廃止による増税に加えて
更に消費税アップということも考えられるわけです。
(最悪の場合、それに加えて自動車税のアップもある。)


・・・ということで、この4つの案だけを見ただけでもいろいろ考えさせられます。

私としては、「奇麗事ばかりじゃなく、子ども手当財源確保のための一部の
家庭の増税という確実な部分だけでもしっかりアナウンスしてくれ」
と声を大にして
言いたいですね。

Category: Real Life

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
考えさせられます
確かに、子供のいる家庭にとっての増収ばかりを強調されて、財源に関してはっきりしないことが気がかりです。全てのことにはメリットもデメリットもあるわけだから、現時点で得られる情報を確認したいと思います。
メディアは政策の内容よりも「正義か悪か」のような低レベルの報道で視聴者を混乱させ、第二の小泉劇場を目指してメディアは頑張っているんでしょうね。
新聞、TV報道、雑誌だけでなく、政党や議員個人のHPや、いろいろな情報を網羅してくれているブログなど、情報源が増えたことで、報道の偏向性に気付く事ができます。
自分で興味を持つ、調べるということは大切ですね。
【2009/07/20 10:21】 higurashi (URL) [編集]

仰るとおり
民主党はマスコミ関連OBが多い所為か、件のマニュフェストは“奇麗事”がすごいですね。  それに対して大した突込みが入るわけでもなく、ニュースは連日麻生降ろしや「自民党内の分裂」について報道してますが、中を知ってる人間に言わせて貰えば、「笑わせんなボケ」と言ったところです。    まにほに様が書いているように、一見きれいに聞こえる法案がどれだけ危ういものか何故論じられないか不思議です。  どうも最近の「所謂 知識人」を見ていますと、国家や政府を叩けば無条件で良いような論調が感じられます。   TVの公平性は失墜し、これからは自分で選んだ情報を収集して考えないといけない時代になるのでしょうね。  
 与党の法案に対し突っ込みを入れるのは当然でしょうが、党益ではなく国益を考えて行動してほしいものです。
長文失礼しました!
【2009/07/20 12:23】 outlaw0083 (URL) [編集]


コメントの返事が遅れてスミマセン^^;
(こういう重いネタを書いた後はちょっと疲れるんでorz)

>higurashiさん
おっしゃるとおり、現時点で得られる情報、可能な限り一次情報をあたって見ることが大事ですよね。
例えば、新聞に載っている「OOという政治家がXXXという姿勢をみせた」というような情報も最近では疑わしいことが多いので、実際にその政治家がなんと発言したのか?とか、マスコミがその発言に別の意味を無理やり付加してないか?とか。
ネットの普及によってそういう確認がしやすくなったことがありがたいですね^^

>outlaw0083さん
件のマニュフェストの“奇麗事”といえば、TVの幹事長討論でも取り上げられてましたが、「年収400万、子ども二人という世帯で子ども手当によって2割増収」というケースだけをもって「民主党が政権をとったら2割増収」とかデカデカとチラシに書いちゃうとおろがすごいですよね。しかも増税によって減収になる世帯のほうが現実には多いという事実はまったく伏せたままで。

>党益ではなく国益を考えて行動してほしいものです。

まさにそのとおりで。
党益(票集め・金集め)のために日教組・自治労・解同・民潭などを支持母体にしてる時点で民主党は国益から一番遠い存在に・・・というか、よくもまぁここまで反日団体を集めたもんだと別の意味で感心しちゃいますね。
【2009/07/23 15:32】 ManiHoni (URL) [編集]


ぶっちゃけ、今後5年間の財源は、日銀による国債直接引き受けしかないです。
【2009/07/23 21:34】 個人投資家 (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。