Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水着(フィギュア服のDC化)
20080810suzu_swim_b.jpg
※これは現在参加している企画用のものを上半身のみにトリミングした画像です。

現在進行中の某企画(Poser関連の企画しないよ)に参加している他のみなさんの画像に
水着ものが多いっちゅーことで、私も水着を使ってみることにしました。

で、水着と言えば一番最初に思い出すのがBATさんMicro Bikini/R3
このMicro Bikini/R3には、「V4用」と「それ以外用」のものが別商品として
それぞれ$5で販売されています。
んで、「それ以外用」のほうは、V3、A3、TeraiYuki2、JessiHiRES、Miki1020に対応してる
わけですが、残念ながらMiki2は未対応。
※商品ページにも「This pack doesn't suit Miki2.0.」と赤字で表示されてます。



PRO+NGMを混ぜたBODYにぴったりフィットさせるためにはDC化が一番てっとり早いって
ことで、このMicro Bikini/R3のDC化も試みましたが、いくつものパーツの組み合わせによって
作られているフィギュア服の場合、私のDCに関する浅い知識でダイナミックグループの割り当て
をしただけではうまくいきませんでしたorz
(ポリゴン自体を手作業で一体化させる方法がベストなんだろうけど、それをやり始めると
時間がかかりすぎるし、上手くいかなかった場合の時間ロスが怖すぎるのであきらめた^^;)

というわけで、別の水着を探していたところ、コンパラでフリーの水着を発見。


Vitesse Swimsuit SP3


1、DC化してみる
「SP3用だけどどうせDC化するから無問題!」ってことで、さっそくGETしてインストール。
Poserの新規シーンにロードしてOBJで書き出して、Shaperで一体化して、Hexsagonで
Miki2用テンプレボディ(DC化でFITするように体型を細身にしたもの)にあわせて形状を
修正&保存して、Poserに読み込んでDCのテストをしてみたところ、いい感じ。
この水着はShaperを通すことでポリゴンを完全一体化できたので、非常に楽でしたfigure。

2、ダイナミックグループの試行錯誤
問題は、首や袖口などの「縁」の部分。
この部分のダイナミックグループを「_default_」のままでシミュレーションすると、厚みのない
ペラペラな感じになってしまいました。
そこで「_softDecorated_」に割り当ててみると、今度は体型やポーズの変化に追従しきれずに
身体に埋まってしまう・・・たぶん、どのくらいソフトにするのか設定できればいいんだけど
そういう微調整できる設定がないんだよね^^;

3、ディスプレイスメントを試してみる
身体に埋まってしまっては元も子もないので「_default_」に戻して、まずディスプレイスメント
マップで試してみた・・・あえなく敗退。
ディスプレイスメントマップの凹凸は法線方向を基準に生成されるので、縁部分の面の向きが
きれいに揃わない(法線方向が揃わない)状態だと凸凹が汚い感じになっちゃいました。

4、バンプマップを試してみる
これはけっこういい感じの結果がでました。
↑の画像もバンプマップで縁の凹凸を表現してますが、及第点かなーと。

5、MATポーズ(pz2)をMATファイル(mc6)に作り変える
元のVitesse Swimsuit SP3に付属しているMATポーズはなかなか味があっていい
ものなんですが、DCはプロップ扱いになるので、元のMATポーズのままで利用不可。
そこでマテリアル(Materials)のディレクトリにVitesse Swimsuit SP3のMATポーズの
フォルダを丸ごとコピー。
そして、拡張子を「pz2」から「mc6」へ変更し、ファイルをテキストエディタで開いて
記述内の「figure」を「mtlCollection」に書き換え
要するに、キャラ造りのときにやっている「MATファイルのポーズ化」の逆の作業ですね。

もうちょっと時間があるときに難易度の高そうなDC化にもチャレンジしてみようかと思いつつ
今回はこれにて終了~~~

Tag: <>HOWTO <>DC <>Miki2
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。