Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


PCが落ちまくって
しばらくブログをご無沙汰してましたが、地味に作業をやっておりました。
ええそうです、Miki2キャラ作りです(だはは

前回の記事に書いたVBCのためにMiki2キャラをでっちあげたわけですが、いじりはじめると
しっかりハマリました。
しばらくキャラは作らないとか服を作るとか言ってましたが、そのときに一番自分が楽しめる
ことをするのがモットーですので。

で、Miki2キャラ作りについてブログに書こう書こうと思いながら、切のいいところまで作業が
済んでから・・・と主にHexagonをいじり倒していたわけですが、どうもPC本体から不穏な音が。
PC本体を軽く叩くと音が止む。(良い子は真似しちゃ駄目だぞ。)
うーむ。
そうこうしているうちに音がしなくなった・・・・と思ったら、今度はPoserとかHexagonとかで
負荷の高い作業を行っているとPCが強制終了するように^^;

いろいろ調べてみると、CPUの温度が異常に高い。
温度表示できるソフトで見てみると、通常55度前後であるところが、85度前後に^^;;;
PCケースを開けてみて見ると、ケースファンがほとんど動いてない。
やばいっす。

PCパーツショップの営業時間まで待てないので、処分することにしていた古いPCの
ケースファンを再利用することに決定。
で、ケースを開けてみたところ一回り小さいサイズのケースファンが。
うーん。

・・・と、そこでCPUファンに着目。
この古いPCのCPUファンは、後から追加交換したデカイ&回転数調節ツマミ付の代物。
よく見てみると、ファン部分は汎用パーツの流用であることがわかったので、ファン部分&
ツマミだけを取り外して、現行のPCケースに装着してみた。
おお、いい感じだ。

・・・というわけで、無事にCPU温度を55度前後の状態にキープできるようになりました。
めでたしめでたし。

Category: etc

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free