Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


データ販売に関する考察
Ranking 90 Day 58
Ranking 365 Day 52

↑はレンダロの販売ランキングね。
ちょっと傾向を分析してみようかな・・・と思って、記録を残すことにしてみた。
(すぐに飽きてやめる可能性大。)

Suzuを発売する直前は90日ランキングで80位以下になってたので、悪くない結果。
通常、レンダロで「ランキング」という場合は、この90日ランキングを指します。
(356日ランキングでは、いつも51~53位をうろうろ。)
50位以内に入るとTOP Sellerというベンダーグループに入れて、販売申請時の審査の
優先順位や売上げの分配率などが優遇されるから、可能なら目指したいところ。

07/19/2008 MH Karlin for V4
11/08/2008 MH Anny for V4A4
01/04/2009 MH Ash for M4
02/20/2009 MH Rain for V4
04/11/2009 MH SkinBlender
06/26/2009 MH Zowie for M4H4
10/16/2009 MH Suzu for Miki2

↑が私がレンダロで各製品を販売開始した日付ね。
昨年末から今年の春頃まで50位に入ってたんだけど、その後ずっと50位以下のまま。
正直、Top Seller Groupから外されたときはちょっと焦りました。
「やべ、最低でも月に1つは新製品出さないとやばいぜ」って感じに。
でも、趣味でやってるんで、クオリティを保ってリリースペースを上げるには本業がおろそかに
なる可能性があるし、あるいはクオリティを下げるしかないわけで。

ちゅーわけで、毎月1製品のペースでリリースするのは諦めました(ぐはは
販売するのをキャラセットから服に変えようかな・・・と思い始めたのもこの時期で、hongyu氏や
最近の3D-Age氏のように「定番」を作って安価で販売するような「瞬発力よりも持続力」という
観点のほうが趣味で稼ぐにはいいのかな・・・と。
定番という意味では、A4のAnny、M4のAshはある程度定番っぽい扱いをしていただいてますが
キャラセットは服や髪よりも購入者の好みの影響が出やすいし、瞬発力勝負なところあるからね。
まぁ、どちらにせよ「定番」となるような製品を作れないと話がはじまらないわけですが。

一方、レンダロなどでのデータ販売を正業にしている場合は、半月に1製品(最低でも月に1製品)
を同じマーケットにリリースすることをハッキリと意識してやったほうがいいですね。
これは「たくさん製品をリリースしたら、売上げも伸びる」という単純な理屈じゃなく。
私のレンダロでの経験によると、新製品は販売開始から半月が勝負で、それ以降は販売数が
ガクンと落ちる傾向があるようで、つまり、レンダロの販売トップページやWhat's New、What's Hot
などへの露出が半月を過ぎるとガクンと減ることになります。
これはストレートに「その製品の存在」を知ってもらう機会が減ることにつながり、存在を知って
もらう機会が減ってしまうとどんなに良い製品でも確実に売れ行きが落ちます。
新製品をリリースした直後に旧製品の売れ行きが伸びることも、「存在を知ってもらう機会」の
重要性を物語っていると言えるでしょう。
逆に、これを「利点」と考えて半月に1製品リリースすることで、新製品の販売ピークが過ぎた
時点で次のピークを生み出せるので「存在を知ってもらう機会」を維持することができる・・
という理屈なんですがいかがでしょう?(誰に問いかけてるんだ?

いつか機会があったらこの理屈を自分で検証してみたいんだけどね。(無理無理

Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
データ購入に関する...
ベンダー側からの傾向と対策ならば、カスタマー、コンシューマ?なんていうんでしょうか?つまり
「買う側」からしても定期的に新アイテムをリリースする「現役」のベンダーものはおのずと目に付きますね。「販売時期の旬」を過ぎてしまった過去製品であってもプロモがきちんとした(かならずしも巧いということではなく)ものも立ち止まるひとつだと感じます。
あと質のいいフリーアイテムを出している人ならばなるほど買っても安心だろうと思わされます、話がズレますが、「フリーアイテムだからテケトーなのを出してもOKな」ノリではいっそ出さないで売り物作成に専念したほうがいいかもしれませんね、まー販売を目的とする人の場合に限ってですが。金額がいくら安くてもよりよい物を買おうとするのは消費者のサガのようなものだと思うし、10円のモノでも選択肢があれば吟味するものですよね。商品がよければ売れる のではなく販売システムに即した売り方、売る意思、毎回トップベンダになるつもりくらいで調度いいんじゃないかと買い専門のアイテム乞食の癖に知ったかを言ったりしてw
【2009/11/03 14:15】 リソキソ (URL) [編集]


個人的な動向としては(笑)、あまりにも商品数の多い女性服はやはりトップページなんかに載ってるアイコン重視になりやすいです。
が、男服に関しては(絶対数が少ないせいもあるけど)相当昔のでも見返して、使う時期になったら買う、みたいな選び方です。
流れが速いぶん、気になったら即ウィッシュリストに入れてるし、好きな作家さんは新製品が出たらレターでお知らせもらうし、堅実派(ケチともいう)の場合は似たようなのたくさん出されるより「使ってみたい付随項目」が重要かなあ。
付随ってようするに脱げるとかまくれるとか消せるとかなんだけど(笑)
やっぱプロモ画像でそのへんきっちりわかるものだと、リストに入れる率あがりますね。
だからって買うとは限らないケチ(堅実ともいう)が何言ってんだって感じですが。
【2009/11/03 17:32】 rose (URL) [編集]


>毎回トップベンダになるつもりくらいで調度いいんじゃないか

もちろんというか、商品をリリースするからにはWhat's Howのページで1位に入るくらいのつもりでやってるわけですが、なかなかね~~~~^^;

>付随ってようするに脱げるとかまくれるとか消せるとかなんだけど(笑)

重要っす。とても重要っす。

おふたりの意見は当然押さえておくポイントとして、それに加えて「マーケットでの買い物に慣れていない(=商品検索とかのノウハウがまだない)新規客」をいかに掴めるかが結構重要なんじゃないかな~と思ってみたりする今日この頃です。
【2009/11/06 03:59】 ManiHoni (URL) [編集]


レンダロは、商品数がすごいから、見てもらうだけでも大変そうですね。

私は(結構、みんなそうかと思うけど)気に入ったデータで、きっかけがあったら買うという感じです。
で、きっかけは、作りたい絵に必要だったり、セールだったり、キャンペーンだったりします。
なので、ManHoniさんがされてる「割引クーポンに合わせてセールをする」というのは、いいアイデアだと思います。

あと、「新商品、出ました」とか「セール中です」とか「キャンペーンやってます」とか、いろんなフォーラムで宣伝すると、目につきやすくなるかなあ。
ManiHoniさんのキャラは、プロモ画像がかっこいいから、いろんな人に見てほしいなあと思います。
【2009/11/06 22:58】 ぱいん (URL) [編集]


私は作品に統一感のある方が好きですね~。

個人的にはPoserを使い始めてから、「いずれ作品を作って販売してみたい!」と思うようになったので参考になるものを、という視点です。
私もレターをチェックして昔のものでも見返しまくりますが、その都度気になるものが変わっている感じです^^;

ManiHoniさんのキャラはレンダロをサーフィン中、めちゃ目立ってますよ!
それで半月に1製品リリースだったらすごいことになりそう^^
【2009/11/08 16:01】 Chocolate (URL) [編集]


>レンダロは、商品数がすごいから、見てもらうだけでも大変そうですね。

そうなんです^^;

>私は作品に統一感のある方が好きですね~。

統一感があると、一種の「ブランド」化しますよね^^

てな感じでコメントのお返事が今頃になってしまって申し訳ないm(_ _)m
焦らずにボチボチやっていきますんで、今後ともよろしくです~~
【2009/11/14 16:58】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。