Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


再)エラーエラーエラー
問題が発生したため、Poser executable file を終了します。
ご不便をおかけして申し訳ありません。


はい、このエラーに悩まされてる人、手を上げて~~~~~
というわけで、英語版のPoser7に変えてもたまにこのエラーが発生してますorz

このエラーの原因は、私の環境の場合「nvoglnt.dll」ですね。
まず間違いない。
名前からしてOpenGL関連なわけですが、どうやらPoserを終了したときに
VRAMのキャッシュ辺りのパージがきちんとできてないクサイです。

これはNVIDIAのドライバ「ForceWare」に含まれているもので、ドライバの
バージョンによっては激しく不安定(=エラーでまくり)になります。
私はGeforce7900GTXを使ってるんですが、これに対応したドライバは
169.38で今のところ打ち止めぽい。
170番以降は、GeForce8シリーズ用って感じですね。(プンプン

まぁ、何度も同じエラーに遭遇してるとエラーが出るパターンというか
(その場しのぎの)対策も見えてくるわけでとりあえずなんとかなってます。

1)PC起動後にPoserを使う。(特に問題は発生しない)
2)Poserを終了する。
3)再度Poserを起動してデータを読み込むと、ロード後にエラーで落ちる。

ということになるので、このエラーが発生したときはとにかくPC再起動をして
VRAMをクリアしてしまう
しかなさそうです。
めんどくさいけど、これでエラーをほぼ回避できるはず。
ただ・・・どうもデータが重くなるとPC再起動でもどうにもならない場合がある。
そういうときは、データを読み込み終わったら速攻でメニューの

Display > Preview Drawing > Sreed software

を選択してプレビュー方法を変更。
表示はOpenGLと比べるとかなり悲惨(汚い&遅い)だけど、OpenGL関連のエラーは
出なくなるので、必要な部分を残して不要なデータを削れば、なんとかレスキューできます。


Tag: <>ERROR
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

うちはMacのJP版ですが、これらのエラー表示さえ出なくていきなりプツーンてことがありますw。せめて落ちた理由ぐらい説明してくれと(--;)
3D表示はドライバの相性とかいろいろあってめんどくさいですよね~~。

まだ6の英語版迷っています。3月はなんかDAZでまたイベントあるらしいし、こちらを年会員にしてバウチャーを大量にせしめて買い物しようかとも思っていて、両方は厳しいなぁ~~(><)
【2008/02/28 20:14】 aachan (URL) [編集]


今はMacもハードウェアでのリアルタイムレンダリングが当たり前になってますが、かつてのPowerPC時代のMacだとソフトウェアエミュレーションがデフォルトでした・・・
(私はそれが苦痛になってMacからWinに乗り換えたようなものです。)
Sreedを使ってみて、そのころを思い出しましたよorz

Poser6英語版の$2.29売りは、3/3まででしたっけ^^;
Forum3Dを見ると、Carrara6との相性(?)の問題で持っていたほうがいいというようなことを書かれていたので、私はこっそり購入済・・・(って、Carrara Expressすらまともに起動してないのに何やってんだか>自分)
【2008/02/29 15:45】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free