Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Main Cameraの制御
お馴染みの某巨大掲示板のPoserスレに

>いつもメインカメラを回転させるときに、カメラの回転軸が配置したキャラの
>腰のあたりで固定なんですけど軸を動かすことってできないんですかね?
>たとえば、顔を中心にカメラを動かすとかそういう感じです。

という質問があったんだが、「一般的な3Dソフトでやる方法をPoserで実現するとしたら
こーだろう」という思いつきを実際に試してみた。

1) 「Main Camera」のオブジェクトを選択する。
  プリミティブなどのPropをあらかじめロードしておく。

2) 「Main Camera」のオブジェクトを選択する。
  これは「カメラ視点をMain Cameraに変更する」という意味ではなく、
  パラメータ・特性パレットにMain Cameraのパラメータが表示されている状態にする
  ということです。
  選択する方法はいくつかあるけど、例えばパラメータ・特性パレットの一番上にある
  プルダウンから選んだり、プレビューウィンドウの左上のプルダウンから選んだり、
  あるいは階層エディタから選んだり。お好きな方法でどうぞ。

2) Object > Point At で、Main Cameraの回転軸にしたいパーツを選択する。
  V4の頭部でもいいし、あらかじめロードしておいたプリミティブなどのPropでもいい。


3) Object > Point At で、1で用意したPropを選択する。

ちなみに、プリミティブなどの独立したPropにPoint Atさせておくと、そのPropを
移動させることでカメラの向き・軸を自由にコントロールすることができます。
またさらに、そのPropをV4の腰などの好きな部位にChange Parentしておくと
V4の移動にカメラの向き・軸を追従させつつ、Propの移動によるコントロールも
可能となります。

ちゅーわけで、うちのプロバイダは規制かかってるのでここに書いてみたっす。
以上。

以下、1/23追記。

>やってみりゃ分かると思うけど、対象の方向を向いているというだけであって
>フェイスカメラやポーズカメラのように回転軸の中心を取れるわけじゃない。
>とても使えたものじゃない。

という発言があったので実際に試してみた。
うん、確かにPoserのデフォルトのカメラの操作感とはずいぶん違うものになるね。
ぶっちゃけ、単にフィギュアのパーツにPoint Atしただけでは、対象を軸にした回転
(いわゆるフォロー・パン)とズームイン・アウト以外は非常に使いづらくなる。
正直なところ「Poserのデフォルトのメインカメラ操作感はそのままに、軸だけ変更する」
っていう方法は私も思いつかない。
できることといったら次の2通りくらいかな。

A) Point At先のPropそのものを移動させることで、ドリー効果(被写体への追従を
  伴わないカメラの位置移動)を出す。

B) Main CameraのパラメータにあるPoint Atの数値を0.5くらいにしてカメラ向きの
  強制制御効果を半減させることで、ドリーに近い操作も可能にする。


Main Cameraの制御2につづくぜよ。

Tag: <>HOWTO
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。