Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


MH PBMCC Checker
TwitterでごにょごにょしてたPythonツールができたのでフリー配布しまーす。

これはフィギュアのPBMCCチャンネル(ユーザーがINJで追加できるように用意されたチャンネル)
の何番が使用中or未使用なのかをチェックするツールです。
Poser上のフィギュアの気になるBody or パーツを選択した状態で、Pythonメニューから
実行してください。
PBMCCが存在するフィギュアなら、服でもなんでも勝手にPBMCCの状況をリスト表示します。
マジでリスト表示するだけです。

MH PBMCC Checker.zip (2kb)
http://www.manihoni.net/dl.php?dl=MH-PBMCC-Checker

※某所でリンク切れが指摘されていたので確認&修正しておきましたー

V4にNGM→Aliceの順でINJすると、かぶった番号のチャンネルがAliceで上書きされちゃってる例。
リスト項目は、左からチャンネル内部名(PBMCC_01~50)、パラメータダイアルの表示非表示(ox)、
最後がチャンネル外部名(ハイフンのみは原則として空きチャンネル)となってます。
例えば、PBMCC_37~39を見るとINJ済みだけど非表示(x)になってるのがわかりますね。
こういうのを手軽に確認したいなぁ~という当初の目的は達成できました。
PBMCC-Checker.gif

Tag: <>Python <>Free
Category: Tool

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
( ´・ω・)ノ どもっ♪
上書きされてるのが分かっても、どおにも出来ない爺で御座る。(´・ω・`)ショボーン
 
V4に、A4・G4・S4・SF4・RS・++・クリーチャー・マッスルと全部読み込むと起こるのだろうか?
多すぎておサルには、確認出来ませんがw(ノ∀`*)ペチ
 
アドバイスありがとう御座います♪ペコリ(o_ _)o))
 
 
(*´▽`*)ノ)) でわでわっ♪
【2011/11/14 13:40】 おサル (URL) [編集]


DAZ3Dから販売されているV4の公式な拡張モーフ(Morph++とかA4とかG4とか、キャラ作成などのベースになるやつ)は、インストール時に専用のチャンネルが追加作成されるので、すべてINJしてもチャンネルが重複することはありません^^;

問題となるのはPBMCC_xxという空きチャンネルを利用するINJタイプのもので。
ぶっちゃけ、そのINJを作成したベンダーが適当にチャンメル番号を割り振ってるだけなので、例えばAさんが作成したINJもBさんが作成したINJも、両方ともPBMCC_01を利用するようになっていると、先にINJした内容が後からINJした内容に上書きや重ね書きをされてしまうわけです。

これを回避するには、AさんとBさんのINJチャンネルが被らないように、BさんのINJの記述の「PBMCC_01」となっている部分を「PBMCC_10」などに書き換えてしまえばいいわけです。これはテキストエディタで単純に文字列置換するだけで作業完了します。
(もちろんバックアップは忘れずに^^)
【2011/11/15 09:42】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free