Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Spotsノードのバグ
Twitterでは何度かつぶやきましたが、ブログでハッキリ状況を説明しておかないと勘違い
されかねないので、あえてずばっと言っちゃいます。
9/20に公開されたPoser9&Pro2012は、率直に言って私にとって一番嬉しくないバグが残った
状態でリリースされたものでした。

このブログの前々回の記事にも書きましたが、私はベータテスターをやっていたのでリリース前
からこのバグの存在について知っていました。
で、他の人がバグレポを出さないようなので、私自身がバグレポを提出。
すると、修正の優先順位がすぐにLowからHighへ、そしてCriticalに変更されたので、
「公式リリースの際は直ってるだろう」と安心していました。
・・・が、結果はorz

実際にどんなバグかは、以下の画像を見てもらえば一発でわかると思いますのでどうぞ。
(ちょっとでかい画像ですが、バグレポに使ったものです。)

spots01.gif

spots02.gif

つまり、Poser9/Pro2012でHardwareShadingをONにした際のプレビューレンダリング
でのみ、SpotsノードのBase_ColorとSpot_Colorが逆転
してしまっているわけです。
ただし、HardwareShadingをONにした状態でも、FirFlyレンダリングは正常に行えます。
もう本当にプレビューレンダリングだけの問題です。

この症状は、私だけでなくFK-DesignさんやRebelmommyさんといった有名ベンダーさんも同様に、
キャラの肌の質感を出すためにSpotノードを利用している製品において必ず発生します。
繰り返しますが、Hardware ShadingをONにしたプレビューレンダリングのみです。

たぶん次のマイナーアップデートの際には直っているだろうと思いますが、それまでは申し訳あり
ませんが、この問題が発生するマテリアルを使う場合はHardware ShadingをOFFにするか、
あるいは見た目の悪いプレビューレンダリングを我慢して頂けるようよろしくお願いします。

とほほ。

Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。