Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Review段階に差し戻し
なんでやねーーーん!!な展開きました。

販売申請中のM3 ReBiethですが、Review段階を無事通過してホッとしたのも束の間、
Pending段階でテスターからダメ出しきました。

テスター曰く「EyesCtrl_INJがちゃんとロードできない」

ちょっと待った。
それって以前にForum3Dで10日間ほどかけてベータテストした際に判明していた
Michael 3 SR2じゃないとEyesCtrl_INJのEyes_Open-Closeが動かない」
っていう問題と同じこと?
つまり、このテスターはMichael 3 SR2を使ってないってこと?
申請内容を再確認したけど、私はProduct Requirementsの項目にちゃーーんと
Michael 3.0 Base ("SR2" is required)」って書いたよね?
どういう手順でテストしたのか念のため教えてくださいよ~~~

ということで、テスターと連絡を取るための専用メッセージボードに確認したい事項を書いて、
念のためそのメッセージボードをテスターさんが見逃さないようにSiteMailでも連絡を入れて
おいたんだけど・・・
返事どころか、SiteMailのチャックすらしていないようで、私が送信したメールも未読のまま
すでに3日以上放置されてます。

そもそも、テスト段階で問題があったら「Holding」という状態に移行するとガイドラインにも書いて
あるのに、このテスターさんは「Reviewに差し戻ししたから、再アップしてね」と。
おいおいおい、またReview段階からやり直しとかありえんだろう?

さすがにちょっといい加減すぎやしませんか?ってことで、レンダロの運営にメールをしましたが
はたしてどうなることやら。
テスターはボランティアとして募集してきた人を使っているようなので「テスターの質」を一定に
保つことが難しいのはわかるけど、それならその対策として「テスターがNGを出した」ときくらい、
その判断が間違ってないかどうかをレンダロの正規スタッフがダブルチェックすべきだろう?
という提案をしてみましたが・・・・まじめに受け止めてくれることを祈ろう。

<その後の経過 2011.12.20 11:00AM>
レンダロから返事メールが来ました。
詳細は書けませんが、最新のM3 SR2を使って再テストすることを約束してくれました。
順調に事が進めばクリスマスに販売が間に合うかもしれません。

・・・で、文面からどうも嫌な予感がしたので、物は試しと M3 ReBirthEyesCtrl_INJ
M4 にINJしてみたところ・・・・

最初のテスターのダメ出しが「Eyes_Open-Closeしか動かない」とも読める英文だったので
単に悪筆な人なんだろうと思っていたんだけど、
本当に「Eyes_Open-Closeしか動かない」
という状態になりました。
いや・・・まさかねぇ・・・「使ったM3がSR2かどうか?」という以前に「M3ですらなかった」とか、
さすがにそれはないよねぇ?
ははははははは・・・は・・・

※日本語が下手くそな日本人(私もその一人だな)がいるように、英語が下手な英語圏の人って
 けっこう多いんですよ、マジでマジで。
 だから、「うわ、この英文意味わからん」ということがあると、「常識的に考えてこうい意味だよな」
 という読み方をついやっちゃうんですよね。困ったもんだ。

Category: My Products

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free