Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新旧Poserの共存(その1
Twitterでもつぶやきましたが、Poser10/Pro2014にはまだいろんなバグが残ってますので
旧バージョンのPoserをアンインストールするのはもうちょっと待ったほうが良さそう。

というわけで、私の現在のPoser環境は、Pro2012sr3.1とPro2014が共存しています。
この共存を実現する方法はいろいろあると思いますが、一例として私のやりかたを
Poser初心者向けっぽく説明しておきますね。
※Win7向けの解説です。Macには通じない部分もあると思いますが、基本的な考え方は
 同じだと思いますので参考にしてください。


1)Runtimeフォルダを複数に分けておく
  今、私のPCのDドライブには

   ・Poser Content
   ・Poser Pro 2012 Content
   ・Poser Pro 2014 Content

  というPoser用フォルダが3つあり、それぞれにRuntimeが入ってます。
  (※DAZ ContentというDAZ Studio用フォルダもありますが今回はスルー)

  Poser Pro 2012 ContentPoser Pro 2014 Contentは、それぞれPoser本体を
  インストールしたときに一緒にインストールした付属コンテンツですね。
  前回の記事で書いたように、PoserPro2014インストール時のSelect Content Location
  選択肢をOther locationにして「D:\Poser Pro 2014 Content」をRuntimeの保存場所に
  設定した結果がこれです。
  ぶっちゃけこのフォルダを使うことはほとんどないんですが、Poser本体を初期化した際などに
  関連するファイルが入っているので、それぞれのPoser本体のバージョンに合せて認識させた
  ままにしておきます。
  また、Poser本体のアップデート時に一緒に更新する場合もあるので、ディレクトリ構成など
  にも手を付けずにそのまんま放置プレイしておきます。
  インストール直後のライブラリ窓は↓のようになってるはず。

  

  で、使う予定で購入&入手してきたファイルをインストールしてまとめたのがPoser Content
  V4とかM4とか服とか髪などほとんどすべてがここに入っているので、基本的にすべての
  バージョンでこれを共存用Runtimeとして使いまわします。
  前述の付属コンテンツ内で「おー、これは使いそうだ」というものがあったら、こちらに
  複製移動しておくと便利かもしれません。(Propのプリミティブとか。)

  というわけで、さっそくPoser Contentをライブラリ窓に追加してみませう。

  

  ライブラリ窓の右上にある+印のあるフォルダボタンを押すと

  

  フォルダを選択するダイアログが表示されるので、Poser Contentを選びます。
  「Runtime」という名前のフォルダ(中身が空っぽでも可)が中に入っているフォルダなら
  どんなフォルダでもライブラリ窓に追加登録できますから、とりあえず空っぽの「Runtime」
  フォルダだけが入っている「Poser Content」フォルダを登録しておいてもいいし、
  旧バージョンで使っていたRuntimeの入っているフォルダをDドライブなどに丸ごとコピーして
  わかりやすい名前(Poser Contentが無難かな)に変更してからライブラリ窓に登録しても
  いいですね。
  もちろん「Runtime」の中身は後から自由に追加できます。

  

  はい、登録できましたー。
  旧バージョンで利用していたRuntimeを共存用として新バージョンのライブラリに追加登録する
  だけで、V4やM4などを再インストールせずにそのまま使えます。お手軽です。
  また、これを機にごちゃごちゃになってしまったRuntimeを整理して、共存用Runtimeとして
  作り直してみるのも一興ですね。



以上でもっとも基本的なRuntimeの共存はできたはず。
残る問題は、FavoritesとPythonですね。

というわけで、Favoritesフォルダを共存させる方法を次回説明します。




Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
ふぅ~(汗
Manihoniさん
さ百合です、お久しぶりです~(*^。^*)

使ってる機能は限られてるのに・・・・

「ポチっとな」ってノリで、Pro2014買っちた(爆

いまのところ、ウインドウなどの製作環境を調整中でっす!
(ほとんどフローティング化してる(笑)

>まだいろんなバグが残ってますので
マテリアルルーム開くのが怖いっす
地雷を踏みませんように(汗

あ、余談ですが、私もポザ5くらいから、外部Runtimeに纏めてます(^^)v
Pro2012もSR3くらいから日本語フォルダが読めるようになったので
フォルダ名をEn⇒日本語名に変えたりして遊んでました(汗

でわでわ
【2013/05/23 21:49】 さ百合 (URL) [編集]


さ百合さん、おひさでーす^^
マテリアルルームは今のところ私にとって気になるバグには出くわしてないんですが、それ以前にV4の股関節の解釈に大問題が発生していて、脚を曲げた際の尻の形状が2012と一致しないのであります^^;
これはRDNAにあるSmithMicro公式フォーラムでも報告されているので、確認してみてください。

Big issue with V4 in PP2014?
http://forum.runtimedna.com/showthread.php?78956-Big-issue-with-V4-in-PP2014

ちなみにこのバグについては開発陣ができる限り早くにアップデータを出したいと言ってますので、もうちょい待ちです。
【2013/05/23 23:10】 ManiHoni (URL) [編集]

むむ。。。
私のPro2014も、V4の脚を曲げたときに、尻の形状が変に・・・・(汗
アップデート待つしかないですね(笑
【2013/05/24 05:36】 さ百合 (URL) [編集]


Twitterでも触れましたけど、V4の関節問題は私がベータテスト時に公式BTSへレポしたバグに関連するものなので、BTSに修正報告が上がってバグ報告者にメールでそのお知らせが来たら、ここでも報告できると思いまする~(たぶん最速)
【2013/05/24 15:48】 ManiHoni (URL) [編集]


V4の尻問題(本質はマグネットベースの問題)の修正が終わったっぽい。
おそらく近日中にSR1がでるんじゃないかなー。
【2013/05/25 00:39】 ManiHoni (URL) [編集]


はじめまして、

poserpro2014でGenesisをロードし、コンフォームフィギュアをFittingしたのち、新たに作成したコンフォームフィギュアをコンフォームするとバグりますね。
【2013/05/29 20:46】 ぽこ (URL) [編集]


ぽこさん、はじめまして~
申し訳ないんですが私自身がGenesis(DSON Importer経由)とFitting Roomを使いこなせていないので、そのバグを再現させる手順が今一つ掴めません。
もしよろしければ、どこか(他者に迷惑がかからない画像掲示板等)に手順のわかる画像と解説をアップしていただくか、画像添付メールを manihoni2008あっとまーくgmail.com まで送っていただけないでしょうか?
お手数をおかけしてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
【2013/05/29 22:35】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。