Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Octane Render 1.50
2014.3.26に Octane Render for Poser 1.50 の安定版がリリースされました。
また、スタンドアローン版のOctane Render 1.50 も同月20日に正式リリースされてます。
バージョンアップは無料。

Poserプラグインの公式フォーラムには、MacOSX版の1.50安定版(STABLE)プラグインの
スレッドがあり、そこから同インストーラも入手可能となっていますが、どうやらまだOTOYから
公式認証を受けていないようで、公式から入手・購入可能なDEMO版製品版ともに現時点では
Win版プラグインのみとなっています。
(スタンドアローン版はWin・MacOSX版ともに入手・購入可能。)

変更点に関してですが、特にPoserに関連のある部分に関してはビックリするほどの変化は
感じられませんでした。

ただし、ベースとなるスタンドアローン版でテクスチャのスケーリングに関するシステムの
変更により、Poser用プラグインでのテクスチャの扱いやUIにも少し変更が加えられたため、
1.20以前のバージョンで保存したOctaneの裏パラメータを含むPoserのシーンデータを
1.50がインストールされたPoserで読み込もうとすると次のような警告ダイアログが
表示され、テクスチャのスケールに関するデータ等が初期値にリセットされます。


octane150_warning01.jpg

もし自分でテクスチャのスケールに手を加えている人は、そのつもりで手直し&再保存
してください。

ちなみに、公式では次期Ver2.0の仕様に関するアナウンスがすでに始まっており、
ディスプレイスメントマップに対応することなどが発表されています。
ていうか、まだディスプレイスメントに未対応だったんかーーーい!ていうビックリ感。
まぁ、Poserでディスプレイスメント必須なアイテムっていうと、Alfaseed改めAeon-Soul氏の
服くらいしか思いつきませんし、そのAeon-Soul氏もOctane使いになってるんで、今後の
氏の製品のディスプレイスメントの扱いがどう変化していくのかちょびっと気になります。
(それ前に「名前変えすぎです先生!」っていうツッコミを入れるのが先か。)

ということで、当ブログのOctane関連記事を1.50仕様に変更する作業を始めないと。
ぎゃぎゃぎゃ。









Tag: <>Octane
Category: Octane Render

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
Normal Map
確か1.2リリース頃だったと思いますが、ディスプレイスメントの実装は?というユーザーのツートに対してOtoyがノーマルマップがあるじゃないかというように答えてましたw

ライセンスは購入済みながらまだ動かしていないLW用プラグインのフィーチャーリストにはディスプレイスメント対応らしき記述があったのでプラグイン内でコンバートしているのかもしれません。

Poser関連では2009年に買ったSixus1のMedusa V4にノーマルマップが含まれてました。

別件ですが、近々F3D後継サイトも始める予定ですので、またご協力をお願いすることになると思いますのでその際はよろしくお願いします。
【2014/04/04 10:35】 T2 (URL) [編集]


お久しぶりです^^>T2さん
アウトラインに影響のない部分なら無理やり代替させることもあるかもしれませんが、アウトラインに響く場合はノーマルでディスプレイスメントの代替をすることは無理ですからね^^;;;
LWには、ディスプレイスメントをジオメトリに変換&出力するためのプラグインAPIがあるんでしょう・・・もしそうならOctane側でディスプレイスメントマップを解釈する必要ありませんし。

F3D後継サイトの件、了解しましたm(_ _)m
移り気な私なんで、また逆にお手数おかけしてしまうこともありそうな気もしますが、よろしくお願いします^^
【2014/04/05 08:41】 ManiHoni (URL) [編集]

都度都度お世話様ですまにほにさん
OctaneRender for POSERインストール完了時に
---------------------------------------------------------------------------
The OctaneRender for Poser manual has been copied into
C:Program Files(x86)¥Smith Micro¥poser 9¥Documentation
and the most up-to-date manual is available on-line at
http://render.otoy.com/manuals/Poser.
---------------------------------------------------------------------------
OKを押した後さらに↓
---------------------------------------------------------------------------
The Software License Agreement can be viewed in
C:¥Program Files(x86)¥Smith Micro¥Poser 9¥Documentation
---------------------------------------------------------------------------

こんな表示がでましたがOKを押し進んでPoser9(SR3.2)を起動しましたところ、
An errror occurred importing addon OctaneRender for Poser :
と表示がでてPoserに変化も無いようなのですが、原因は2文目の License Agreement つまり期限切れということだと思いますか?
翻訳機つかってもはっきりと出ないので自信がどうも

製品版を買ってもこれだと思うと少し怖い

未だに使ってないのぉ~?とからかわれてしまいそうなくらい綺麗なレンダで、しかも約1万5千円と安く今ずごくワクワクしてます!
【2014/04/21 13:19】 だいちゃん (URL) [編集]


だいちゃんさん、こんばんわ^^

>The OctaneRender for Poser manual has been copied into ~

>The Software License Agreement can be viewed in ~
は、
どちらも表示されているパスのDocumentationフォルダにマニュアルとライセンス文があるから読んでくださいという案内なのでエラーとは関係ないですね^^;

Octaneの公式フォーラムにも「An errror occurred importing addon OctaneRender for Poser」というエラーの報告がいくつか上がっているようですが、主に32bitと64bitの違いが原因となっているようです。
念のため、だいちゃんさんがインストールしたOctaneのインストーラのファイル名を教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m
【2014/04/22 01:31】 ManiHoni (URL) [編集]


すみません、外出しててexeファイルの名前確認できない状況だったのでお返事遅れました!

OctaneRender_demo_1_50_win64
OctaneRender_for_Poser_1_50_0_22_Win64_DEMO

です
後、自分のpcは64bitです!

てっきり「ライセンスが切れてます。詳しくはマニュアルを読んでください」ということだとばかり思ってました^^;
poserの細かい問題って英語慣れorモチベがないとなかなか自己解決に至らないイメージというか経験上そうなので(汗)ここで解決できたらどれほどありがたいことでしょうか・・・

ではこの辺でさっさと書き込ませてもらいますね!
【2014/04/22 08:25】 だいちゃん (URL) [編集]


ファイル名等りょーかいしました^^

Poser9は32bit動作のはずですし、前述のパスを見てもインストール場所は
C:Program Files(x86)¥Smith Micro¥poser 9¥Documentation
となっていますので、Octane(のDEMO版)も32bit版のほうをインストールすべきかと。
公式フォーラムでもPoser用プラグインの開発者がそのような回答をしています。
ちなみにこの回答の時点(3月中旬)では32bit用プラグインのDEMO版が非公開だったようですが、現在は公開されています。

http://render.otoy.com/forum/viewtopic.php?f=25&t=38694&p=174310


もし32bit版のDEMOをインストールしても解決しない場合は、また別のアプローチを考えてみましょう^^;
【2014/04/22 19:57】 ManiHoni (URL) [編集]


ありがとうございます!ど納得ですw
そうでした、poser9は32bitという考えを忘れていました!
両方インストールしなおしましたところ、レンダリングメニューにOctaneの表示が一つ増えていたのでちゃんとできたみたいです。しかし

レンダリングメニューからOctane Renderを選択すると始めにこんな文がでましたが正常でしょうか?
Information
No Rendertarget settings were found for this scene. Creating new Rendertaget.

OKを押して進み適当なシーンを読み込んだ後「Open Viewport」をクリックしてリアルタイムレンダ開始しようとすると
Error
Octane error : CUDA error : 2 on device 0: The API was unable to allocate enough memory to perform the requesred operation.
(refer to the Octane Log in the Cuda Devices tab for details).

Warning
The video card does not appear to de responding. Reset the card
というメッセージが出るのですが、メモリ不足なのでしょうか
octaneレンダ設定はなにもいじらないままです。
シーンもたいして重くないはずです。MH Anny for V4A4に服を着せた状態でライトが6個、他のオブジェクトはなにもおいてないシーンなので。

あと搭載メモリは8gbです!

もし問題が逸れてしまっていたらすみません
【2014/04/23 01:42】 だいちゃん (URL) [編集]


インストールはなんとかなったようですが、うまく動かないようですね^^;

まず、「No Rendertarget settings were found for this scene. Creating new Rendertaget. 」というメッセージは、下記URLの記事にも書いたように、Octaneのパラメータを含まないシーンデータを開いた際に表示されるもので、不具合を意味するものではありません。

http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-415.html

問題があることを示しているのは次のエラーメッセージと、さらに続く警告メッセージですね。
どうやら、だいちゃんさんのPC内のグラボをOctaneが認識できず、そのためにグラボ上のVRAMが利用できないため、Octaneを動作させることができないようです。

とりあえず、この問題の原因がどこにあるのか切り分けする必要があるので、だいちゃんさんのPC内のグラボの品名を教えてもらえますでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m

P.S.
PC本体に搭載しているメモリ量はOctaneにはほとんど関係ないです。
【2014/04/23 23:17】 ManiHoni (URL) [編集]


いちいちお手数おかけします^^;申し訳ないです
本当まにほにさんのところへディスプレイごともっていってお見せしたい勢いです
グラボは、「NVDIA Geforce GTX560」です
【2014/04/24 02:50】 だいちゃん (URL) [編集]


NVDIA Geforce GTX560は、公式のFAQ(http://render.otoy.com/faqs.php)にあるハードウェア要件(What are the hardware requirements for Octane Render?)を見たところ、正式にサポートの対象となっていますね。

ともかく、だいちゃんさんがインストールしたOctaneのDEMOがこれを自動認識できていない可能性が高いことは間違えないようです。
さらに以下の確認をしてもらえますでしょうか?

1)Octaneプラグインのメインウィンドウ(Octane Render Setup)にある「Cuda Devices」を開く。
※下記URLの当ブログ記事を参照してください。
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-417.html

2)「Cuda Devices」を見てグラボの認識状況を確認する。
※もし正しく認識されている場合は、「Geforce GTX 560 (compute model ~)」と表示があるはずです。
※表示されていない場合は、Resetボタンを押してみる。

3)もし「Geforce GTX 560 (compute model ~)」という表示がある場合は、その右にある「Active」のチェックボックスをONにし、Applyボタンを押す。


===========
余談ですが、節電ユーティリティを使っている場合、後刺しのグラボを無視してオンボードのグラフィックチップをCGソフトが認識してしまうトラブルが発生することがあるようです。
【2014/04/25 00:29】 ManiHoni (URL) [編集]


遅くなりました
ちょっと別件で疲れて寝てしまいました


確認しましたが、「GeForce GTX(compute model 2.1)」と、
最初から表示されていました。

また、Activeにチェックは入っており、Priorityにもチェックがありました。

一応ですが、Render Priority は最初からLowです

一応ResetしたあとApplyを押してレンダしてみましたが同じエラーが出てしまいます。

今回はワクワクしたのですがこれではさすがに頭を抱えてしまいますよね。うーむ

Octane Render Setup初起動時に出る
No Rendertarget settings were found for this scene. Creating new Rendertaget.
というのは普通でないのでしょうか?
これを聞いたところでどうしていいのかわかりませんが!

*追記
言い忘れてたのですが、
octanerender for poserインストール時にインストール場所を指定するじゃないですか?
そのときに無いはずのposer2014フォルダが初期で指定されます。
なので、戻るを押してposer9フォルダを指定しています。
ここに問題があるかもしれません!
【2014/04/26 07:20】 だいちゃん (URL) [編集]


うむむむ・・・

>確認しましたが、「GeForce GTX(compute model 2.1)」と、

「GeForce GTX 560 (compute model 2.1)」ではなく、引用したとおりの「GeForce GTX(compute model 2.1)」なのだとしたら、グラボを正確に認識できていない(または誤認識している)可能性があります^^;
念のため、この点を再確認させてください。

>Octane Render Setup初起動時に出る
>No Rendertarget settings were found for this scene. Creating new Rendertaget.
>というのは普通でないのでしょうか?

これについては、前々回のコメントで紹介した下記の記事に書いた通りです。
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-415.html

追記の「無いはずのposer2014フォルダが初期で指定されます」という問題についてですが、これはおそらくインストール先を指定するプログラムの単純ミス(パスを指定する際の判定ミス)の可能性が高いので、Poser9を指定しなおすことで解消できる&後には響かないだろうと思います。

======
まずないだろうと思ってスルーしてましたが、単純にVRAM不足という可能性も捨てられないので、「無限遠光ライト1つ、プリミティブの球プロップ1つ」というシンプルなシーンでOctaneが動くかどうかも念のため試してみてもらえますか?
【2014/04/27 22:41】 ManiHoni (URL) [編集]


お疲れ様です
色々と説明ありがとうございます。理解しましたー^^

表記ですが
GeForce GTX 560 (compute model 2.1)
でした。なぜか抜けてましたね^^;

では本題の報告致しますね
無限遠光ライト1つ、プリミティブの球プロップ1つ
こちらは成功しました。
裸の状態であればMH Anny for V4A4も成功しました
そこに素のv4を追加しても成功。
しかし髪の毛をAnnyのほうにつけたらもうダメでした。

失敗する際右上に
Click to pick a forcus distance when AF is enabled. Drag to scroll the window when resoution is locked.
という表記があることに気がつきました。

ですが、まにほにさんの言うとおり単純なスペック不足な気がしました。
pcの性能というより、32bitのoctaneでは厳しいのかなと漠然に思ったりしてます。
poser2014にして全部64bitにすればいいのかな?なんて。
簡単に言いますが。。。
【2014/04/30 08:35】 カイリ。 (URL) [編集]


>Click to pick a forcus distance when AF is enabled. Drag to scroll the >window when resoution is locked.

この英文に関しては、当ブログのViewportの記事の前半で解説していますので、そちらをご覧いただくということで。
http://manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-423.html


>GeForce GTX 560 (compute model 2.1)
>でした。なぜか抜けてましたね^^;

了解しました^^
結局のところ、単純なVRAM不足でしたねorz
ざっと調べてみたところ、GeForce GTX 560にはVRAMが1GBのものと2GBのものがあるようですが、もし1GBのものだとしたらそれがこの問題の最大の原因なので、仮にPoserとOctaneを64bit環境にしたとしても解決しないだろうと思います。

念のため下記のサイトから「ViewVRAM」という小さなアプリをダウンロードして、Octaneを立ち上げる前の状態でどのくらいVRAMの空き容量があるかを確認してみてください。

すらりん日記 » Blog Archive » VRAMの使用状況を取得するアプリ
http://blog.techlab-xe.net/archives/2252


で、以下の方法でVRAMをどのくらい節約できるかをViewVRAMで確認してみましょう。

1)WEBブラウザにFirefoxかChromeを使用している場合は、「ハードウェアアクセラレーションを使用する」という設定をOFF。

2)PoserのRenderSettingsのPreviewの設定を見て、Enable hardware shadingがONになっている場合はOFFにする。※Poserを再起動する必要があります

3)PoserのRenderSettingsのPreviewの設定を見て、Display Engine がOpenGLになっている場合は、SreeDに変更する。 ※Poserを再起動する必要があります

さらに、OctaneにはVRAM節約のためにテクスチャを圧縮するPythonスクリプト(PoserのScriptsメニュー>OctaneRender for Poser>Compress Texture Maps)があるので、これを使用して解像度を落としても差し支えなさそうなテクスチャを圧縮し、VRAMを節約することができます。

===============
もし今の状況でOctaneを使うために何か買い替えするなら、2GB以上のVRAMを積んだグラボへの買い替えが一番現実的だと思います。
2万円台前半のGTX660かGTX760の2GBモデルあたりがコスパ的によろしいかも。

http://kakaku.com/pc/videocard/itemlist.aspx?pdf_Spec101=1&pdf_Spec301=2048-3072&pdf_so=p1

GTX750とGTX750tiはNVIDIAの新アーキテクチャ「Maxwell」を使用しているので現バージョン(1.5)のOctaneがサポートしていないためNG。要注意です。
【2014/04/30 22:33】 ManiHoni (URL) [編集]


>Click to pick a forcus distance when AF is enabled. Drag to scroll the >window when resoution is locked.
について読ませていただきましたが、さらに楽しそうですw

>「ハードウェアアクセラレーションを使用する」という設定をOFF。
 そういえばクロームで使用するにチェックを入れていたことすら忘れていました。

本題ですが、Compress Texture Maps以外試してみると確かに減りましたが結局ダメだったのでCompress Texture Mapsは試さなかったです。
教えていただいたVRAM計値ソフトに
搭載メモリ量(MB)978と出てたので残念ながら1GBでした^^
これで2GBだったとしてもそれはそれで困っちゃいますねwまあ一安心ということで
BTOのマウコンで買ったのですが、安売りで買ったツケかな?

PCごと買い替えにあわせてGTX750とGTX750tiも視野に入れていない訳ではなかったので非常にありがたい情報でした。

考える限り抜け目すら思い当たらないレベルのサポートでしたm()m
今回、メリットもないのに多大な時間をとらせてしまいました、、
世の中には助けてくれる人がたくさんいると思うと青空が心地良いです(大雨^^;

ありがとうございました!
【2014/05/01 01:41】 だいちゃん (URL) [編集]


なんとか道筋が固まってきたようで本当に良かったです^^

今回のようなやり取りをすることで、自分の中でなんとなく流していた知識や情報の再確認ができるので、私にもしっかりメリットありました。
また何かあったらお気軽にコメントしてください^^ノシ
【2014/05/04 06:58】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。