Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Ruka for A4 (by VOLT)

大きな画像&素材リストは、Froum3Dの「瑠香(Ruka)展」へ。
さらに大きな画像は、Renderosityのこちらへどうぞ。

この画像は、Forum3Dの「瑠香(Ruka)展」用に作ったもの。
Rukaというのは、VOLTさん作のA4用モーフキャラで、この「瑠香(Ruka)展」への参加表明を
した人にのみ配布されているものです^^

今回は、WW2を使ってV4&A4用の服にNGMを仕込んでみました^^
手順は以下の通り。

1)Poser起動。
2)V4を読み込んでNGMをINJ。
3)V4が選択されていることを確認して、プラグイン版WW2の「Analyze Full Body Morphs
  を選択し、解析したいFBMを選んでOK。
  ※複数選択すると、それぞれ個々にモーフを解析してくれます。

上記の作業は最初の一回目だけ必要で、解析データ(.MOR)がWW2の中にストックされます。
今後NGMのFBMを服に追加する場合は、これを再利用することになります。
ここから先は、スタンドアローン版でもOKですが、解析データをスタンドアローン版の
該当ディレクトリにコピーしておくか、ジャンクションで同期させる必要があります。

4)WW2のConvertウィンドウで服(.CR2)を選んで、変換元も変換先も「V4.1」を選びます。
5)Keep Exist Morphs」と「Add FBM's」のチェックを入れ、その他の項目も必要に応じてON。
  ※aachanさんの解説「Wardrobe Wizard 2(プラグイン版)」を参照してください^^
6)Convert」ボタンを押して、まず最初に元々服に入っているFBMのどれを残すか
  選択します。全部残してOKでしょう。
7)次に、追加するFBMを選択します。
8)OKを押すとコンバート開始です。
  ※Cancelを押してもコンバート開始されます。この辺改良してほしいなぁ。

基本的にはこれでOKなはず。
少なくとも私はこの作業でなんとかなってます。

私はベース(V4)モーフと服のモーフを同じ数値にあわせるときにDimention 3Dというサイトが
Freeで配布しているCopy MorphsというPythonスクリプトを利用してるんですが、これを使って
NGMの数値をあわせてもうまくフィットしてくれないことのほうが多いです。
まぁ、無理やり服に仕込んでるので贅沢はいえません。
どうしても形が微妙に崩れたりゆがんだりしてしまうので、どうしても気になる場合は
マグネットやモーフパテで修正することになりますね。
私はマグネットはほとんど触ってないのでわかりません^^; この画像の服の修正も
全部モーフパテで済ませてます。

あと、毎回「普通にいい感じのアクセサリー」ってのを見つけるのに苦労してます。
いいアクセサリーセットをご存知の方、情報プリーズ^^

Tag: <>A4 <>NGM <>WW2 <>PIC
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free