Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Poserが落ちまくるときの対処療法
樹奈さん(再・札幌素人娘mix)がPoser7落ちまくりでモチベーション下がりまくりのようなので、
私が最近やっている対処療法の説明を。

ちなみに、私も相変わらず「poser executable file を終了します」 というダイアログが出て、
Poserが良く落ちますorz (最新ドライバの更新で「軽減」はできても、エラーレスにはならない・・)
以下の対処法は、この「poser executable file を終了します」 というエラーダイアログの
詳細に「nvoglnt.dll」という記述がある場合に有効(なはず)です。



では、まずは基本技。

1)エラーで落ちたら、必ずPC再起動
2)正常終了した場合でも、もう一度Poserを起動したい場合は念のためPC再起動

もー、とにかくPC再起動です^^;
特にエラーで落ちた場合は、PC再起動(=スタートの終了オプションから再起動)をして
VRAMをクリアしないとまともにPoserが動いてくれなくなります。
※ただのログオフではハード的なリセットにならないので意味がありません。

しかしPCの再起動をしても一向に状況が改善せず、Poser落ちまくりなこともあります。
そういう場合は、

3)プレビュー処理を「OpenGL」から「SreeD software」に変更する。

を試してみてください。
メニューから Display > Preview Drawing > SreeD software を選択するだけで
簡単に変更できます。(日本語版の場合は 表示 > プレビュー描画 > SreeDソフトウェア~。)
※シーンプレビュー内を右クリして出てくるコンテクストメニューからも変更できるようです。

このSreeDによるプレビュー表示は、文字通りソフトウェア的に処理されているので
CPU速度に依存しますし、表示自体もあまり美しくないです。
が、「nvoglnt.dll」に関連したエラー落ちは、ほぼ完全になくなります。
最初の「キャラを読み込んで髪かぶせて服着せて~」というような、特に表示の綺麗さに
こだわる必要のない段階の処理は、このSreeD表示でやってしまったほうが安心です。

ただ、ポーズやライティングの煮詰めをする段階になると、SreeD表示の粗さはどうしても
気になります。そんなときは必ず事前にシーン(pz3)保存をしてから、OpenGL表示に
もどしてみましょう。
私の運が良いだけかもしれませんが、SreeDである程度作業を終わらせた後にOpenGLに
切り替えするだけなら、ほとんど落ちたことはありません。



私の少ない経験にもとづく感想にすぎませんが、Poser6は

 ・なんの前触れもなくPoserが落ちて消える(エラーメッセージも何も出ない)
 ・間違ってフィギュアを削除してしまった場合のUNDOができない

という2点から、あまり積極的に使う気になりません^^;
SreeD表示でPoser7を使ったほうが作業効率もいいような気がします。
(下の記事の画像も、作業の8割以上はSreeD表示で済ませました。)

Tag: <>ERROR
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。