Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Poser 11 販売開始
SmithMicroの現地時間で11月17日にPoser11/Pro11の販売が開始されました。
http://my.smithmicro.com/poser-3d-animation-software.html

New Poser 11 Features & Launch Date Revealedというタイトルのメールが
11月13日頃にSmithMicroから届いてたんですが、まさか本当にもう売り出すとは…
正直ベータテスター的には「ちょ…まっ…」って感じなんですけど、
Poser10/Pro2014との共存はできる(※注1)し、11月末までに買うと30%OFFになるので
お財布の中身に余裕のある人は今のうちに買っちゃってもいいかもしれません。
お値段は以下の通り。(私は$174.99で)

Poser 11
  新規   $199.99 → 30%OFF → $139.99
  アプグレ $99.99 → 30%OFF → $69.99

Poser Pro 11
  新規   $499.99 → 30%OFF → $349.99
  旧Pro版からアプグレ $249.99 → 30%OFF → $174.99
  旧通常版からアプグレ $349.99 → 30%OFF → $244.99

※注1
 Poser11をインストする際にPoser10をアンインストする必要はないよ…という話であって、
 Poser11で保存したファイルをPoser10で開くと互換性の問題が発生するかもしれません。
 Poser10で本気作成中のシーンをPoser11で上書き保存するのはまだ止めといたほうが。

ちなみに今回から通常版とPro版のインストーラが分かれてません。
Smith Micro Download Managerを使ってGETしたインストーラに通常版とPro版の区別はなく
インストールされるディレクトリもデスクトップに作成されるショートカット名も「Poser 11」のみ。
インストしたソフト本体の初回起動時に入力したシリアル番号によって通常版とPro版の違いが
判別されます。
ていうか、アイコンのデザインも↓変わりましたね。
(両サイドにカラフルなPDFマニュアルが並んでるのはご愛嬌。)
poser11icon.gif

スプラッシュはこんな感じ↓
posepro11splash.jpg

第一報は以上っす。




Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

ゲットしました(^^;)/

まだまだシェイップアップしたほうが良いようなもっさり感がありますね。
レイアウトを小さくしたら文字が見えなくなってwinの拡大鏡使って元に戻したり
結構ジタバタなぶっています。
リアリティも対応で4.2になった?みたいですがインストーラがposer11デイレクトリ内のposer.exeを見つけられない?(poser.exeあるんですが)とか。
スクリプトの互換性のレベルはどうなのかとか。
マテリアル作業中に異常終了するとか色々ありますが(笑)

まあゆっくり愛情を持って見守りたいと思います。
【2015/11/18 08:53】 airstone (URL) [編集]

導入♪(`・∀・´)ノ))
導入しました♪(`・∀・´)ノ))ヒャホーゥ
 
インストールで、悩み。ムゥ(。-`ω´-)y-~
 
デフォルトとハイクオリティーで、スーパーフライレンダリングしたが・・・
工場出荷状態だと、ほとんど違いが分からず!
CPUが、100%状態という事は?
GPU使ってないんでしょうか?ムゥ(。-`ω´-)y-~
 
当分、使い方をくぐり続けるしかないのかもしれない。
 
少し弄ったけど、消えたりはしてない。
今の所は(;◕◇◕;)ヾ(=д= ;)・・・
 
レクチャー記事を、お願いします!ペコリ(o_ _)o))
 
【2015/11/18 17:02】 Rdouraku (URL) [編集]


airstoneさん、どもです^^
SmithMicroの開発陣はすでにアップデータの製作に取り掛かっているので
現時点での問題のいくつかはすぐに解消されるだろうと思います。
Realityの認識問題は、Poserの64bitだけじゃなく32bit版もインストすることで
解決したという情報をちらっとどこかで見たような。
airstoneさんのケースとは違うかもしれませんが、参考まで。

Radourakuさん、おこんばんわー^^
SuperFlyレンダリングでGPUを利用するためには、Render Settings
ダイアログの右上にあるプルダウンメニューからグラボを選択する必要ありますぞな。
(デフォルトではCPUが選択されてます。)

【2015/11/18 17:53】 ManiHoni (URL) [編集]

ピャッ!Σ(;◕◇◕;)
ありがとうございます。ペコリ(o_ _)o))
 
試してみました。
ピャッ!Σ(;◕◇◕;)早いぃぃい!
何なんでしょう?
この速さは・・・
 
SuperFlyレンダリングすると、マテリアル組み直さないといけない事実に愕然としていました。
 
Poser11PROなのですが、PoserPRO2014のように日本語マニュアル付いてなかったです。(゚うェ´゚)ウッ
【2015/11/18 18:16】 Rdouraku (URL) [編集]


>SuperFlyレンダリングでGPUを利用するためには、Render Settings
 ダイアログの右上にあるプルダウンメニューからグラボを選択する必要ありますぞな。
 (デフォルトではCPUが選択されてます。)

もしかしてこれってposer11以前のFireFlyでも出来たんですか!?
後すみません。poser11は日本語版ありますか?
【2015/11/27 17:35】 (URL) [編集]


ななしさん、ども~

PoserでGPUをレンダリングに活用できるのはVer.11のSuperFlyのみなので、
FireFlyは今も昔もCPUしか利用できません^^;

Poser11の日本語版に関しては、Poser10/Pro2014と同様に
半年~一年遅れくらいのペースでEフロンティアから販売されるかもしれません。
あるいはもしかすると今後SmithMicroから直接販売されるかもしれません。

ちなみに現在のPoserはプログラム自体がマルチリンガルに対応しているので
日本語表示用ファイル等がそろっていればメニューの日本語化は不可能じゃない
(詳しくはPoser覚書さんを参照)んですが、
C:\Program Files\Smith Micro\Poser 11\Runtime\ui\altUI\Japanese
の中に「Dlg_RenderOptions.xml」というファイルが存在しないので、
まだ11/Pro11に関しては公式に日本語表示用ファイルは用意されてないようです。
【2015/11/27 18:48】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free