Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Poser 11 SR3
Poser11/Pro11 SR3 が3月28日にリリースされています。
バージョン数は、11.0.3.32055

アップデート方法は、以下の通り。
※アップデート作業はベータ版で済ませているので、記憶を頼りに書いています^^;
※間違っていたらゴメン


1) SR3用の新しいSmithMicro Download manager(以下SMDM)を入手する。
 古いバージョンのSMDMを既にインストール済みの人は、それを起動してSMDMのアップデータを
 ダウンロード&インストール。(この作業にはシリアル番号必要だっけ?覚えてないorz)
 アンインストール済みで古いインストーラも残っていないという人は、公式サイトから入手。
 名前とか住所とか入力する必要があるが、基本無料。
 (ダウンロード保証とか、そういう有料の追加注文は各自の判断で。)

 Poser 11 Updates
 http://my.smithmicro.com/poser-11-updates.html

 Poser Pro 11 Updates
 http://my.smithmicro.com/poser-pro-11-updates.html
 ※リンク切れ

2) 新しいSMDMを起動してシリアル番号を入力すると、最新のSR3が入手できる。
 全部再インストールしたい人は「インストーラ」のタブを、アップデートされた差分だけで
 十分な人は「アップデータ」のタブを選ぶ。
 (私は完全に「アップデータ」派です。ファイルサイズが小さいのでダウンロードが短くて済むし)

3) 11.0.3.32055の該当ファイルをSMDMからダウンロード&インストールして終了。



昔と比べるといたって簡単になったような気がする。
良きかな良きかな。

アップデートの内容はというと、ざっと調べても一般公開されているSmithMicro名義のサイトや
SNSでアナウンスしてないんですよね…
いつものことと言えばその通りなんですが…おまえらもうちょっと成長しろよ…とつぶやいてみる。

私がググって見つけた一番詳しい情報が、RuntimeDNAのフォーラムだというのもなぁ…
感慨深いというか、脱力ものというか、もうなんなんでしょうね。

Poser 11 SR3 released @Runtime DNA Inc. Forums
http://forum.runtimedna.com/showthread.php?104714-Poser-11-SR3-released





Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
何か、不安になって来ました。
アップデートすると、Poser10SR5がなんたらかんたらと言う説明が・・・
Poser11PROなんですけど・・・(゚うェ´゚)ウッ
 
『マテリアルルームの変なおっさん消えてるかな~?』
 
まだ、居る!(´;ω;`)ブワッ
 
 
現在使ってるのは、Poser PRO 2014です。
Poser11PROは、使わないかなぁ・・・
無駄に、HDの容量食うし、アンインストールしようかしら?(/´△`\)
 
あちこちで半額セールかけてるの見ますが、売れてないのでしょうか?
最近、SmithMicro=MicrosoftでDaz=Appleのように見えて来ました!
どちらも、変な方向にw(/TДT)/ アー!
 
 
でわでわ♪(`・∀・´)ノ))
【2016/04/02 22:02】 Rdouraku (URL) [編集]


Rdourakuさん、どもです^^

>アップデートすると、Poser10SR5がなんたらかんたらと言う説明が・・・

あああ、それずっと前からその状態(日本語の説明がver10のまま)ですねorz
今度開発の方にレポートしておきます。
(あくまでも憶測の域だけど、たぶん英語版の説明文への差し替えになると思う。)

>『マテリアルルームの変なおっさん消えてるかな~?』

へ、変なおっさん???
うちはそんなの表示されないけど、いったいそれは何??
よかったらキャプチャ画像を見せてくれますか?

詳しいことは言えませんが、SmithMicroの開発陣の意欲は相変わらず高い
(もう次のSRの作成に着手してる)ので、再現性のあるバグはレポートさえすれば
潰してもらえる可能性高いですよ。
【2016/04/03 07:51】 ManiHoni (URL) [編集]

Σ(;◕◇◕;)私だけ!?
どもぉ~っ♪(`・∀・´)ノ))
 
マテリアルルームの Poser Surface タグにある目玉マークをクリックすると、出て来るプレビューです。
一つ前までは、テクスチャーの表示でしたが、変なおっさんの顔にテクスチャーが貼り付けて、表示される様になり・・・
 
やる気を根こそぎ!(;◕◇◕;)ヾ(=д= ;)・・・
 

キャプチャ画像については、安全そうなソフトが見つからず・・・(゚うェ´゚)ウッ
 
でわでわ♪(`・∀・´)ノ))
【2016/04/03 11:23】 Rdouraku (URL) [編集]


うは。
確認しました^^;;
私はもうOctaneのマテリアルしかいじってないので
Poserのマテリアルのプレビューがこうなってることに気づいてなかったorz
確かにこれはやる気そげますな…
もうちょっとちょっと調べてみます。
【2016/04/03 12:15】 ManiHoni (URL) [編集]


マニュアルの349ページのマテリアルルームの表示は男の顔だけど。
デフォルトじゃないかな。
ただし自分のは今まで通りの表示なんですが(?)
変える方法があったような気がします。

うちではsuperflyのまま マテリアルルームに切り替えると高確率で
poserが異常終了します。
環境の問題なのかもしれませんが。

これはクリーンインストールしても治りませんでした。
【2016/04/03 12:50】 airstone (URL) [編集]


うーん、poser11のPoserSurfaceのプレビューを話題にしてるところが
どこにもない…
一応ui定義のファイルも調べてみたけど、さすがに対象の記述はどこにも
なかったです。お手上げorz

…と思ったら、な、なんだって~~~!?

>ただし自分のは今まで通りの表示なんですが(?)
>変える方法があったような気がします。

airstoneさん、マジっすか^^;?
ちょー気になるんですけど!!
続報を待つ。


===========
私がもう何年も使い続けている無料のキャプチャソフト。

KIOKU ver2.2.6
http://www.raraway.com/2014/04/kioku-ver226.html

機能は必要最低限+αといった感じで、シンプルだけど
かゆいところに手が届く、私の定番ツールです。
ソフトの説明にある動作環境はWindows Vista/XPということになってますが
Win7 64bitでもまったく問題ないです。

…あ、RdourakuさんってもしかしてMacの人?
【2016/04/03 15:08】 ManiHoni (URL) [編集]


今裏でDAZがレンダリングしてるので確認できないけど、
これではないかな?

http://forum.runtimedna.com/showthread.php?102222-Poser-Modification-Material-Room-Sphere-Freebie

Poser Modification - Material Room Sphere Freebie

違ってたらごめんなさい。

もう記憶が薄れてるんですが、なんか立方体にするとか球体にするとか
色々あったような気がするんです。
【2016/04/03 16:20】 airstone (URL) [編集]

ありがとうございます。
どぉもぉ~♪(`・∀・´)ノ))
 
キャプチャソフトは、XPから7にした時に探したのですが。
ダウンロード中に、ノートンが反応したりして、断念してました。
windows7のアップデートが、終わったらMacかなあ~?って考えてたのですが・・・
ジョブズ氏の亡くなった後、おかしな方向に行っており。
Googleが、台頭してくれるのを祈るばかりです。(*゚◇゚)yヽ~ ポロッ
 
でわでわ♪(`・∀・´)ノ))
【2016/04/03 16:49】 Rdouraku (URL) [編集]


まさにドンピシャ(死語)です。>airstoneさん

プレビュー表示用のOBJを差し替えるわけですね…
なるほどなるほど。

オリジナルの「Head.obz(gunzipを解凍できるソフトでobjに戻せる)」と
差し替え用の「Head.obj(中身は球体)」をそれぞれHexagonで
開いてみたところ、どちらもポリゴングループが「untitled」、
マテリアルグループが「faceroomSkin_3」で、しかもすべて
三角ポリゴンのみで構成されたモデルでした。

そこで試しに四角ポリゴンのみで構成された球体OBJを用意して
オリジナルのHead.objにサイズや位置を合わせ、各グループ名も「untitled」
「faceroomSkin_3」に変更して保存、先のHead.objと差し替えて
Poserのマテリアルルームを開いてみたところ、
見事に異常終了してくださいました。

めんどくさくなって検証はそこまでしかやってませんが、このHead.objの
差し替え用として使うモデルはなんでもいいってわけじゃなさそうですね。
「四角ポリゴンのみで構成されたモデルがNG」という可能性が
高そうですが、よかったら誰か試してみて^^

【2016/04/03 18:05】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。