Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MAT部屋のオッサン顔
ついにIrydaさんがPoserPro11を導入され、さっそくマテリアルルームのプレビューの
オッサン顔にお気づきのようで。
そんなIrydaさん&今回購入したユーザー諸氏を救うべく、マテリアルプレビューの
オッサン顔を別のものに差し替える記事でも書こうといじっていて気づいてしまいました。

マテリアルのプレビューがオッサン顔になるのは、
RenderがSuperFlyモードのときだけ
だということに。

(クリックすると無駄に拡大)
matroom_preview01s.jpg

試しにマテリアルルームのプレビュー窓のRenderタブを選んで、モード(図A)を
SuperFlyからFireFlyに変え、PoserSurfaceの右上にある目玉(図B)をクリックして
マテリアルプレビューを開閉してリフレッショさせてみましょう。

matroom_preview02_superfly.jpg

V4のデフォルトの頭部テクスチャが貼ってあるだけなのに変な被り物を
しているようにしか見えないオッサン顔の↑プレビューから、
見慣れた↓プレビューに戻ったはずです。

matroom_preview02_firefly.jpg

つまり、私がPro11にアプグレしてからSR3が出るまでオッサン顔に気づいていなかった
のは、私がほとんどSuperFlyモードを使っていなかったからだったんですね…
いやはや。
ちなみに、オッサン顔になるのはSuperFlyモードのときだけで、Sketchモードと
PreviewモードのときもFireFlyモードと同様に従来のプレビュー表示になります。

このように、今でもFireFlyをメインに使っている人はこのオッサン顔にほとんど対面せず
に済むとわかって一安心なんですが、SuperFlyをメインに使おうとしている人には
やはり看過できない問題。
そこで登場するのが、プレビュー用OBJの差し替えデータです。
この情報元を教えてくれたairstoneさんに深く感謝。

Poser Modification - Material Room Sphere Freebie
http://forum.runtimedna.com/showthread.php?102222-Poser-Modification-Material-Room-Sphere-Freebie


これはRuntimeDNAのフォーラムにnetherworksさんがポストした情報で、差し替えデータと
差し替え方法の説明が書かれています。(オッサン顔になるのはSuperFlyモードのときだけ
という説明も実はここにさらっと書いてあったりする。)
簡単に日本語訳をすると

1)差し替え用のOBJデータ(Head.obj)を用意する
2)コンテンツデータのインストール先のRuntime\Geometries\MatRoomPreviewを開く
3)MatRoomPreviewHead.obzをバックアップorリネーム退避する
4)1のHead.objMatRoomPreviewに置く

ということで、さっそくこのフォーラムからゲットした差し替えデータに入れかえてみると

matroom_preview02_superfly_ball.jpg

こうなった。
んー…どうなんだろう、この微妙な感じ。
これじゃない感がハンパない。

で、結局自作してしまいました。
↓をクリックするとダウンロードが始まります。

matroom_preview02_superfly_plane.jpg
MH_matpreview_Head.zip (17kb)

※アップロードから2016/6/24 23:30までの間、DL先に指定したURLに半角スペースが
 まぎれこんでいたため、DLされたファイルが壊れてしまっていました。
 現在は修正をすませ、正常にDLできるようになっています。


蛇足ですが、SuperFlyモード時のマテリアルのプレビューは平行投影じゃなくて
パースがかかっているため、モデルに立体感や奥行きをもたせるとモデルのエッジや
テクスチャがじわっと歪んでしまうという、面倒くさい仕様になってました。
そのため、無理やり平行投影っぽく見せるためにモデル自体を逆方向に歪ませるという
力技を使ってパースの歪みをごまかしています。
そんなわけで、従来のプレビューよりもモデル的にメリハリがなくなってしまってますが
どうかお許しを。

今回は以上でございます。

P.S.
Irydaさんのブログに「こんな記事かきましたーん」な報告コメントをしようとしたら
なぜかコメント書き込みできなかった…
何が問題なのかわからないまま涙の撤収。


Tag: <>HOWTO <>Free
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

もらっちゃいましたよ(^^;)
THX!!
【2016/06/24 19:23】 airstone (URL) [編集]


が。。。開けない(ToT)
【2016/06/24 19:30】 airstone (URL) [編集]


な、なんだって!!!
…と思って再度確認したら、DLしたファイルがなぜか1kb?

ちょっと調べただけでは何が原因なのかわからないので
もう少々おまちくださいm(_ _)m
【2016/06/24 23:21】 ManiHoni (URL) [編集]


DL先に指定したURLの先頭に半角スペースが入っていただめ、
パッと見ただけではわからずに原因究明にてこずってしまいましたorz

修正をすませてましたので、申し訳ありませんが再DLお願いしますm(_ _)m
【2016/06/24 23:35】 ManiHoni (URL) [編集]


対応ありがとうございます。
無事、オッサン顔から開放されました(笑)

ちなみにウチのブログに書き込みできない理由が主にも分かりません(泣)
【2016/07/01 00:48】 IRYDA (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。