Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


PoserがRenderosityへ
突然のニュースにびっくり。

Smith Microによるプレスリリース
https://www.smithmicro.com/company/news-room/press-releases/2019/06/20/smith-micro-announces-sale-of-its-poser-3d-rendering-animation-software


Renderosityによるアナウンス
https://magazine.renderosity.com/article/5283/renderosity-acquires-poser-from-smith-micro


Bondware acquires Poser and Poser Pro @CG Channel
http://www.cgchannel.com/2019/06/renderosity-parent-firm-bondware-buys-poser-and-poser-pro/

20190621_news.jpg


2019.06.20、SmithMicroからRenderosiy(の親会社のBondware)へと
Poser関連事業(ソフトとコンテンツ)が売却されました。
今後SmithMicroは中核事業としてワイヤレステクノロジに注力し、Renderosiyは
販売代理店から販売元へと格上げに。

1995 Fractal Design
1998 MetaCreations
1999 Curious Labs
2005 e-frontier
2008 Smith Micro Software
2019 Bondware(Renderosity)

という変遷。
流浪の民の安住の地は何処、的な。
https://en.wikipedia.org/wiki/Poser


今後のPoserと公式コンテンツの販売元はPoser Softwareという名称になります。

Poser Software
https://www.posersoftware.com/
posersoftware.jpg




製品ラインが単一のエディションに縮小?セール中?

CG Channelの記事中でも触れられていますが、RenderosityではどうやらPro版のみを
販売していくこと
になりそうです。
実際、無印のPoser11は現時点で商品ページから購入できなくなっています。

さらに英語版、ドイツ語版、日本語版の3種類のPoserPro11が同一価格で販売され、
アップグレードも同様に各国語版が用意されています。
(つまり今回の買収によって日本語版が切り捨てられた可能性はほぼ無いということ。)

20190622_Renderosity.jpg

なお、RenderosityがPoserのホームになったことを記念して現在セール中です。
PoserPro11本体が$199.00、アプグレ版が$99.00になっています。
上記のように各国語版がありますが、まにほに的には英語版推しで。
(ただでさえバグが多く残ったままのVer11なのに、さらに日本語版固有のバグを抱え込んでも
いいことないと思うんだけどねぇ…日本語表記じゃないとダメという人には申し訳ないが。)
ていうか、日本語版ならソースネクストでのセール狙い一点張りですから。
(セール中は高くても5980円、最安で1980円に。気になる人は各自ググってくだちぃ)

poserpro11.jpg
Poser Pro 11
$349.99 → $199.00(43%OFF)



Poser Pro 11 Upgrade From Poser 10, 9, 8, 7, 6 or Poser Debut
$244.99 → $99.00(60%OFF)



Poser Pro 11 Upgrade from Game Dev, Pro 2014, Pro 2012 and Pro 2010
$174.99 → $99.00(43%OFF)




■今後のサポート体制は?

今後は次の場所でサポート等を行うことになるようです。
ベータテスター関連については不明。

Poser - OFFICIAL Forum @Renderosity
https://www.renderosity.com/mod/forumpro/?forum_id=12356
renderosity_forum.jpg

元々あったPoserのフォーラムを公式化したもの。
ちょっと使いづらくてあんまり好きになれないんだが、慣れの問題?(個人的感想

Poser Softwareのサポートページ
https://support.posersoftware.com
support_posersoftware.jpg

公式のサポート窓口。
Submit a Ticketから質問フォームを送って返事待ち、っていう流れ。

SmithMicroが運営していたPoserの公式フォーラムやベータテスター向けサイトおよびBTSは、
この記事を書いている段階ではまだ残っているものの、いずれ消えてしまうことでしょう。



今後の開発体制は?

気になる「開発体制はどうなるのか?」という点について、どのニュースでも触れられていませんね。

以下、私見です。
公式ベータテスターとしてSmithMicroのPoser開発陣の衰退っぷりに直面してきた者として、今回の買収劇を心から歓迎します。もしこのままSmithMicroの手に残っていても何の光明も見いだせなかったでしょう。
無料のDAZ Studioという武器を擁するDAZ3D帝国にRenderosityが対抗するためには、Poserという武器の開発強化が必須。「買収したまま、ただ売るだけ」という線はないはずです。前述の「単一のエディションに縮小」という流れも開発のためのリソースを効率良く集中するための一端だとすると、まだまだ期待できそうです。
とはいえ、Renderosityがソフト開発について(ぶっちゃけ人件費に)どこまで資金をつぎ込めるのかがまったく想像できないし、開発に関するマネージメントのノウハウがあるようにも思えないので、正直不安だらけではありますけどね。
Renderosityは私のPoserベンダーの拠点としてのお付き合いもあるので、可能な限り温かい目で見守っていきたいと思います。





Tag: <>Sale <>
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
え~ またですか⁉
マジですか⁉

Curious Labs社のPoser5から使ってましたが(Poser4は積みゲーの中に埋もれていた(笑))後に、e-frontier社→Smith Micro Software社と・・・
ソフト面ではFFレンダの搭載に伴うマテリアル等、大幅なUI変更によるバグの嵐と修正パッチが記憶に焼き付いていて・・・(爆)、日本語版はバグ満載なので英語版を使用するようになったり・・・しましたが、キャラのポージングやライト位置調整、視覚的なマテリアルセッティング等、Poserの方がDSより使い勝手か良いしPoserならではのキャラが居るので今後も併用予定なのです(笑)

キャラ面ではYamato氏のTentenやHAVE氏のEroko、StudioMaya氏のMayaDoll等、どれも熱かったので懐かしいですね。その後のBAT氏のJyuna(Aiko3)、くつぎ氏のテライユキ2は今でも現役で使わせていただいております~。(^^♪

まあ、Smith Micro社は10年以上、よく頑張った方だと思います。(汗
しかしながら、Bondware(Renderosity)社で大丈夫なのか?
今後の動向が非常に気になりますね。(汗

あ、それとPoser立役者、髪職人のkozaburoさんのHPが消えてますね。
最近、古参組がどんどん消えているので寂しくなります。涙
【2019/06/23 08:08】 さ百合(Sayuri) (URL) [編集]


おおー、さ百合さんお久しぶりっす!!

真夜中に目が覚めてトイレ行ったときにこの第一報をスマホで見てしまい、マジでびっくりしてしまって完全に目が冴えて眠れなくなってしまったくらいに、もうどうしてくれようか!という感じで。

私の初Poserは、まだペンキ缶に入って販売されていたPainterのバンドル品のPoser2辺りだったような。当時は完全に「PC上のデッサン人形」でしかなく、実験人形ダミーオスカーの叶精作氏がカラーイラスト仕事のベースとしてPoserを活用している記事に興奮した覚えがあります。確か当時はまだ今のようにインターネットが日本に普及しておらず、「ネットと言えばパソコン通信、パソコン通信と言えばNiftyでしょう」という時代でしたね。(すげー昔話

kozaburoさんは、今のPoserの流れを作った立役者のお一人ですよね…
氏からすると私なんて完全な後発組なんだろうと思いますが、年齢的にもいつまで頑張れるかわからないエリアに突入しているので、「ああ、ついにあの人も」の中に入らずにいられるよう頑張りたいと思います。

【2019/06/24 17:21】 ManiHoni (URL) [編集]

びっくりしました。
お久しぶりです。恥ずかしながら今回の買収の件は、今日知りました。
私はすっかりDAZ使いになってしまいましたが、実際はDAZ→Poser→DAZという流れでして、Poserへの乗り換えを試みたものの、独特なUIに馴染めずに戻ったというパターンです。Poser7Jからのスタートですので、みなさんに比べたらずっと後発組ですね。レンダロで最初に購入したフィギュアはMH_Annyです。(;´▽`A``

10年以上にわたってSmith Microが育ててきたPoserですが、レンダロが買収ということですので、これはPoserにとって転機となるかもしれませんね。開発スタッフも含めた部門まるごと買収であれば、今後の開発体制にも影響はないと思いますし、コンテンツベンダーの手による買収ですので、ユーザーが本当に求めている改善がなされる可能性も大いにあると思います。

Yamatoさんのキャラとkozaburoさんの髪にはだいぶお世話になりました。サイトが消えてしまったのは残念ですが、彼らに代わって、DAZ/Poserに関わらず新しい日本人ベンダーさんがたくさん出てくることを期待してます。
【2019/07/10 13:05】 とうふ (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Poser At Renderosity Create stunning models for 3D software free