Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポストワークの小技
1)修正したいパーツの乗ったレイヤーの上に新規レイヤーを作成。

2)レイヤー属性を「焼き込み」or「覆い焼き」に変更。
   ※暗くしたい場合=焼き込み
   ※明るくしたい場合=覆い焼き
   ※カラーとリニアはどっちでもいい。(そこまで深く考えない^^)

3)描画色を50%グレーにする。
   ※厳密に50%グレーである必要はなく、「そんな感じの色」であればOK

4)「焼き込み」or「覆い焼き」に設定したレイヤーに、ぼかしの効いたブラシで塗る。
   ※ブラシの「不透明度」や「流用」の設定は、50%くらいが作業しやすい。
   ※けっこう重要なのがブラシのサイズ。これは状況に応じてマメに変更してます。
   ※ブラシサイズの変更はパレットから選ぶんじゃなくて、マスター直径を直接変更。

5)強めに効果がですぎたと思ったら、レイヤーの不透明度を変更したり、はみ出した部分を
  消しゴムで消したりと、柔軟に対応^^

・・・という方法を覚えると、かなり楽に修正をすることができるようになります。
あとは、修正する部分に関連したレイヤーをグループにまとめる(レイヤーパレット上にフォルダを
作れるので、それに関連したレイヤーを突っ込むだけ)とか、地味だけどやっておくと便利です。


えーっと、最近は「KUNOICHI」の次の画像を作ってます。
海外での「KUNOICHI」のウケがあまりにも良かったので、このシリーズで作ろうとしてるんですが
シリーズ物っていろいろ制約がでてくるので苦労してます。
んー・・・
この文章を書いていて「別にKUNOICHIにこだわらなくてもいいかなぁ」という気になってきたorz
だはははは。
まったく違うものにしよう。そうしよう。(と今決めた)

Hexagon2.5のほうもボチボチいじってます。
コンフォーム服をDC化してNGMにフィットさせて、それをOBJで吐き出してSHAPERでグループ結合
したあとにHexagonで読み込んで、破綻してる部分をプチプチ修正・・・という基本的な扱いは
慣れてきた気がする。(あくまでも気がするだけ~~)
でも、途中で飽きちゃって放置中だったり。
この辺の作業工程も確定したら記事にしようかな~と思ってます。

「趣味でやってることは、楽しんでナンボ」だというのが信条なんで、適当にダラダラとね^^

Tag: <>HOWTO
Category: Tool

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。