Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Miki2いじりのプチ解説
Miki2の画像作りから脱線して、Hexagonでのモーフ作りを始めてしまいました^^;

前回のMiki2の画像ではお手軽にDCのデカTシャツを着せてるんですが、これがどうにもイマイチ
自分の中でピンとこないので、、初心に帰ってBAT御大の「MicroBikini/R3(V4用じゃないほう)」
を着せてみようかと。
V4用じゃないほうはA3, V3, TY2, JessiHiRES, Miki1020に対応・・・残念ながらMiki2は未対応。
そこでWW2を使ってTY2用のものをMiki2用に変換・・・
・・・と、その前に、前回出した画像のMiki2をどうやって作ったかを説明しないと。

 ・たをるじ日記で有名な赤木タヲルさんのMiki2.0用「Headモーフ」と「Bodyモーフ
  これを発見したからやる気になったわけで^^
  こんな優れもののモーフキットを無料配布されているタヲルさんに感謝感謝。
  前々回の記事に書いたRuntimeDNAで販売されているUltimateMorphシリーズ(TY2用の
  ものは持ってる)は正直使わなさそうなモーフがたくさん入っているのでMiki2用の購入を
  躊躇してたんですが、タヲルさん製のモーフは必要最低限な種類に抑えてあるので逆に
  使いやすかったです。
  完成画像用には、腕用マグネットモーフも導入してみようかと思ってます。

 ・NGM for Miki2
  これは外すわけにはいかないですわなぁ^^

ということで、出費はNGMのみとなりました。
頭部に関しては、たおるじさんのモーフだけではどうしても足りない部分を、Poserのモーフパテを
使ってごまかしてます。

最初の難関は、あの「Miki2のデカイ頭」をどうやって小さくするかという点でした。
標準・たおるじさん製ともに「Head size」というモーフが用意されていなかった(単に私が見つける
ことができなかっただけ?)ので、パーツのScale調整でなんとかしようとしたんですが、Miki2の場合
HeadのScaleは、頭部の鼻から上だけにしか適用されず、口やアゴが元のサイズのままになって
しまうことが判明。(つまり、HeadのScaleを小さくするとアントニオ猪木状態になる)
頭部の下半分は、NeckのScaleに連動しているという摩訶不思議さでした。
これをクリアした後に、たをるじさんのモーフを使っていろいろいじりたおし、Poserのモーフパテで
目元、眉毛、鼻、唇などをコネコネ微調整。

お次はテクスチャの加工。
オリジナルを元に、肌の色や眉毛、アイライン、唇、びーちく等を変更したり薄くチークを入れたり、
さらにそれを元にバンプマップを作成したり。それから、睫毛の透過マップのプチ修正。
あ、そういえば、Miki2は黒目のサイズを大きくすることできないっぽいので、これをなんとかしたくて
目のテクスチャをいじることでごまかしてます。(Miki2の三白眼が苦手なのです・・・私は。)

というわけで、前回の画像となったわけでが(髪はHIRO Hairね)、なんか文章長くなっちゃったので
今回はここまでorz
  


Tag: <>Miki2 <>Free
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。