Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


広角か望遠か(もしくはパースについて)
前回と前々回のMiki2の画像でもっとも顕著な違いは、実はカメラの「遠近法」だったりします。
英語だと、「Perspective」ね。
よく美術やカメラ関係でいう「パース」と同じものです。

日本語のPDFマニュアルには

  遠近法: 「遠近法」パラメータは、カメラの位置を変えることなく、カメラの
  現在の遠近法を変更します。 これにより、カメラがシーン内のオブジェクトに
  近づいたり遠ざかったりするような錯覚を起こさせます。

という、なんのことやらわかりにくい説明文が書かれています^^;
もし他の3Dソフト(レンダリングもできるやつ)とか、実際のカメラ(レンズ交換できるやつ)を
使っていたらすぐにわかると思うんですが、

  遠近法の数値が小さい = 広角レンズ = 強めのパースがつく
  遠近法の数値が大きい = 望遠レンズ = 弱めのパースがつく

てことなんですよね。
ちなみにデフォルトの数値は(たぶん)55mm。



広角の場合は



望遠の場合は



という感じになります。
前々回のMiki2の場合は、もろ広角で「カメラに近い頭が大きく、カメラから遠い腰が小さく」
なってるのがわかるはず。
広角のほうがダイナミック、望遠のほうが落ち着いた雰囲気にしやすいかな。
画像がちょっと退屈かなと思ったら、少し広角に(Pserspective(=遠近法)の数値を小さく)
してやるといいかもしれません。(ケースバイケースだけどね)

私の場合、「今回はこんな感じ」という頭の中で思い描いたイメージに合わせて
ポーズ付けやライティングを決めた後に、メインカメラのパラメータの「Pserspactive(遠近法)」の
数値を先に直接変更します。
で、その後にカメラの位置を引いたり近づけたりして、人物が画面に収まるサイズを調整。
場合によってはその後にポーズやライティングを変えたりとか。
もし写真と合成する場合は、その写真のカメラアングルだけじゃなく、パースも合わせたほうが
よりマッチしやすいでしょうね。(人間の目は「それっぽく」収まってれば簡単にごまかせる・・・
というか勝手に自動補間してくれるので、極端なパースじゃなければ厳密にあわせる必要は
ないですけど^^)

レンダリングの被写界深度をONにする場合は、焦点距離なども考えないといけませんが
Poserは被写界深度ONのレンダリング時間がかなり長いので、私はつねにOFFで^^;
どうせポストワークするわけだし、人物と背景を別々にレンダリングしたほうが楽っすよ。



蛇足ですが、Perspective(=遠近法・透視投影)に対して、平行投影というものがあります。
Poserの場合、上下左右の固定カメラのようにパースがかかっていないカメラがこの表示方法。

3Dソフトには、必ずこの2種類の表示方法があり、3Dモデリング(モーフ作成も含む)の際は
基本はこの平行投影で表示することになります。
しかし、人間の肉眼は必ずパースがかかっているし、一般的な写真もほぼすべてが(強弱の
違いはありますが)パースがかかっているので、平行投影で人間(特に頭部)を見るとどうなるか
という感覚に慣れてないのが普通です。
3Dモデリング慣れしていない人が最初に陥りやすい罠がこれで、肉眼や写真でみた「パースの
かかった人間」の感覚で3Dモデリングをしてしまって、あとでパースをかけた表示にした際に
2重でパースがかかっているような状態を見て「あれ?なんで?」ということに。

こればっかりはもう慣れるしかないので精進あるのみです。

Tag: <>HOWTO
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/15 01:38】 () [編集]


まちがって管理者のみ表示コメしました、修正可能なら修正してやる!してください。
【2008/04/15 01:39】 linkinpark (URL) [編集]


変更できないっぽいので天才!じゃなくて転載!
=========================
この絵マジ好き、目、口、おなか、OPAi、MIKI譲は言わずもがな、左上付近とか、よくワンポイントに2Dの絵柄入れるのね、間のとりかたが書道みたいな、うーん感心、でもってパク・・・参考にしますw
【2008/04/15 02:18】 ManiHoni (URL) [編集]


どんどんパクってOK!

このMikiは、リソキソさんのを見て「負けるか~~~」って気持ちが原動力になったので、気に入ってもらえて嬉しいっす^^
【2008/04/15 02:21】 ManiHoni (URL) [編集]


間違った・・・こっちのコメントのほうでした^^;
============================
POSERのパースに関する検証はKYOTAROさんちのBLOGでされていましたね、POSERの50mmは他の3Dソフトでは80mmくらい相当だとか(これには後日談があってPOSERのディフォルトはインチ扱いじゃないかともいう意見がありましたね。
でもって、レンデロのMIKI2は55mmなんですか?私はものすごくいい加減な感覚なので、良くわからないんですよね^^:平行投影は勉強になりました。
【2008/04/15 03:39】 ManiHoni (URL) [編集]


私もかなりいい加減で「いじってみてイイ感じ!」と思った数値にしてるだけなんで
あんまり深いことはわかりません^^;;
Kyotaroさんのようにキッチリ検証されてる賢人の足元にも及ばないorz
【2008/04/15 03:41】 ManiHoni (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free