Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャンクション!
2013.5.28の最新状況に合せて新しく「シンボリックリンク!」という記事をポストしましたので
そちら↓をご覧ください。
manihoni.blog103.fc2.com/blog-entry-388.html



以下は古いネタなので参考程度にどうぞー


リソキソさんのブログにコメントを書いていて「そういえばまだ記事にしてなかったな」と
思い出しました^^

Forum3D (http://www.forum3d.net/)のフォーラムでjustfitさんがライブラリの整理方法の
ひとつとして紹介されていた方法でジャンクション(=シンボリックリンク)を使うというものがあり、
私がMacOSXを使っていた頃にもときどき利用していた方法だったので、早速導入してみました。

導入は簡単で、VECTORから「リンク作成シェル拡張for Windows 2000/XP」をダウンロード
して、それをインストールするだけです。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se184746.html


<2008.04.20訂正>
T2さんのコメントにより、VECTORのものはバージョンが古いことがわかりました。
最新版はSorceForgeのDownloadから「Link Creation Shell Extension」をゲットしてください。
※ジャンクションとシンボリックリンクは厳密には違うもののようです。
※日本語版ももちろんあります^^
http://sourceforge.net/projects/lnhdr/

これを使うことで、PoserのLibrariesのように「決められた場所に置かなければいけないディレクトリ」
の実体を別の場所に置いておいて、「決められた場所」にはその実体へのリンクを置いておくことが
可能になります。
このリンクって、一見ショートカットでも実現できそうなんですが、プログラムからの参照ができない
ケースが多いんですよね。(Poserもそのひとつです)

リンク作成シェル拡張の使い方法はいたって簡単。
実体であるディレクトリ(=フォルダ)を目的の場所に右クリドラッグして離すとコンテクストメニュー
が表示されるので、その中から「リンクを作る」を選択するだけです。

私はPoser環境を整えるために、二通りの使い方をしています。

1)Poser7のRuntimeをPoser6にリンクさせる。
  TransPoser2を使うためだけにPoser6でPZ3を保存しなおすことがあるわけですが、Poser7で
  作成したPZ3を開くためには当然Poser6側にも同じ内容のRuntimeが存在している必要が
  あります。同じ内容をコピーして置くにはファイル数が多くて無駄ですし、何かインストールする
  たびに毎回コピーをするのも面倒です。
  そこでPoser6の元のRuntimeを削除してPoser7のRuntimeへのリンクと置き換える・・・という
  単純な方法では、実は動いてくれません。(エラーがでます)
  これはどうやらRuntime直下にあるPythonのバージョン間の互換性の問題のようです。
  そこで、ちょっとだけ手間がかかりますが、Poser6のDownloadsフォルダ下のRuntimeフォルダ
  の中に、Poser7のRuntimeフォルダ下の一部を個別にリンクさせる方法をとっています。
  どうせPoser6はほとんど使うことはないので、元々入っていたGeometries、Libraries、
  Texturesはバックアップをとった後にごっそり削除してしまって、Poser7へのジャンクション
  に入替えしました。
  以下、参考に私の使っているPoser6のDownloadsフォルダの状態をどうぞ。
  ※赤文字になっているのがリンク(=ジャンクション)です。
  ※Geometries、Libraries、Textures以外にもRuntime直下にモーフファイルなどが入った
    フォルダが存在している場合は、それもリンクさせる。

  <2008.04.21訂正>
  TransPoser2を使うためにPoser6で保存しなおす必要はなく、単にImport時の設定で
  Poser6を指定するだけでいいことをjustfitさんのご指摘いただいて知りましたorz
  ということで、文章と下のツリーを修正しました^^;

  Program Files
     └e frontier
         └Poser 6
             └Runtime
                 ├Geometries
                 ├Libraries
                 ├Textures
                 ├MT-LykiaHair
                  :

2)WW2のプラグイン版とスタンドアローン版のFBM解析結果フォルダ等を同期させる
  NGMのように後からINJしたFBMはプラグイン版のほうが手軽に抽出できるし、変換処理は
  スタンドアローン版のほうが処理が速いようですから、両方の良いとこ取りをしたいところです。
  そこで、FBM解析結果やメッシュの解析結果など、プラグイン版とスタンドアローン版のそれぞれ
  のフォルダに蓄積されていくデータを同期させようというわけです。
  こちらも参考に私の使っているWardrobe Wizardフォルダの状態をどうぞ。
  ※赤文字になっているのがリンク(=ジャンクション)です。

  Program Files
     └Wardrobe Wizard
         ├analyses
         ├data
         └morph analyses

Tag: <>HOWTO
Category: Tool

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

Link Creation Shell ExtensionをPoser/DAZ Studioで使用する最大のメリットはマルチ・ランタイムを使用する場合に!DAZフォルダにリンクを貼ることが出来るという点だと思います。
!DAZフォルダが外部ランタイムに存在するときDAZのUnimeshフィギュアのロードに時間がかかったり、また参照先に複数の!DAZフォルダが存在する場合に問題が生じます。

Vectorのダウンロードはバージョンが古いようです。
http://sourceforge.net/projects/lnhdr/
をお勧めします。

ところで、厳密に言うとジャンクションとシンボリックリンクは違うのでご注意ください。
Link Creation Shell Extension以外の方法で作成したジャンクションの場合にリンクを削除するとリンク元も削除されることになります。
なお、Vistaではちゃんとしたシンボリックリンクがサポートされているようです。
【2008/04/20 11:33】 T2 (URL) [編集]


とりあえず便利そうなので挑戦してみます。ありがとう。
【2008/04/20 13:52】 airstone (URL) [編集]


私のところのblogのコメントの「アレ」が何なのか、途中からわからなくなってましたがw、そういうことですかー、runtime以下はあいかわらず樹海なので、つかいやすそうなら(使い方が理解できれば)使ってみようかと思います。
【2008/04/20 17:07】 linkinpark (URL) [編集]


>T2さん
いつも情報訂正ありがとうございます^^
なるほど!
DAZ Studioはまったく触っていない(というかすでにアンインストールしている^^;)ので、
PoserとDAZ Studioでruntimeを共有させると発想がありませんでした^^;

元々シンボリックリンクはUNIXのものでしたっけ。
私はUNIXベース(正確にはFreeBSDベース?)のMacOSXに慣れていたので
XPでの使用でもそんなに違和感なかったんですが、Vistaもさらにそっちに近づいた
感じかな。
もう、WINもMACもGUIやシステム管理(コントロールパネルとか)の違い以外、
ユーザーサイドではそれほど違和感なく切り替えできますからね。
※ちなみにMacOSXでは、UNIXの標準的なディレクトリ構成との互換性を保つために
 不可視になっているシンボリックリンクがたくさん存在してます。


>airstoneさん
便利なのでぜひ^^


>リソキソさん
私も「アレ」がホントは何を指しているのかわかっていなかったり^^
(私が想像したのと同じもののような違うような)
使い方自体は右クリドラッグするだけなので簡単っすよ。
【2008/04/20 21:38】 ManiHoni (URL) [編集]


シンボリックリンク/ハードリンクはUNIXからやってきたものですね。
ワタクシ的なお勧めはlibrariesを除く!DAZ,Geometries,Texturesをリンクで全て同じ物にしちゃうって方法です。
ちなみにLibrariesもワタクシの場合には、内部はジャンクションだらけで実体はたったの一つってパターンです。
ところでP6で保存って、TransPoserはP7のファイルだろうとP6があるだけでふつーにインポート出来ちゃうはずなのですが…
【2008/04/21 02:47】 justfit (URL) [編集]


えええ! なんだって~~~~~~~~~(心の叫び)

えーーーーーっと、それでもやはりRuntimeの内容は合わせたほうがいいんですよね?
ち、ちがうのかな・・・・(ガクガク
【2008/04/21 07:07】 ManiHoni (URL) [編集]


修正完了orz
Downloadフォルダにジャンクションを置いていたことも、よく考えたらアホですよね・・・
【2008/04/21 07:51】 ManiHoni (URL) [編集]


runtimeの内容はともかくGeometries/Texturesは完全にあわせておいた方が安全っすね。僕も実際同じモノになるようにしています。

オリジナルインストールが終わると一番最初にやることが

1)ジャンクション下にあるモノホンGeometiresを複製し
2)そこに新しいポーザーのジオメトリを上書きコピーし
3)ジャンクションで新しいジオメトリをポイントさせ
4)新旧2つのバージョンで動作確認する。
5)動いてしばらくしたら古いバージョンは削除

ってな感じです。
【2008/04/22 00:02】 justfit (URL) [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。