Poserの画像を貼ったり情報をメモしたり。 

プロフィール

manihoni

Author:manihoni
3DCG歴そろそろ20年。
現在はPoserのベンダーとして
Renderosityでぬる~く活動中。

ManiHoni.net
Twitter
mixi
Gallery@Renderosity


ブログ内検索


INDEX


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


タグ


アーカイブ


ブログ全記事表示


Poser@Renderosity


DAZ3D


RSSフィード


今何時?


販売申請ガイドライン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


春の男祭り(KelvinG2)

※デカイ画像は、レンダロのギャラリーへどうぞ。→ココ
 (まさか男フィギュアでレンダロに画像をアップすることになるとは思わんかった。)
※改訂版に差し替えました。

ということで、男祭り第3弾。KelvinG2です。
いやー、ある程度の期待はしてたんですが、G2シリーズの欠点などをちょっと棚の上に置いても
いいほどに、予想を上回るくらい絵になるベースフィギュアでした。

いじり始める前は色々と「ジェロです。」と言わせるようなネタ的な部分も考えていたんですが
もうね、余計な飾りとかは一切必要なし。
ライティングは、無限光源3灯(すべてレイトレース影あり)のみ。
そのかわり、いつもはデフォルト設定のまま利用しているReal Skin Shaderの設定値を
いじったりして、別の部分で楽しみませていただきました。

できればデカイ画像で見てやってください。

それにしても、こんな味のあるフィギュアなのに、コンパラには関連のフリーアイテムが
ほぼ皆無なんだからまったくもう~って感じですよプンプン

Poserとは関係ない話ですが、私は常々「生命体としての黒人の強さや美しさ」は
素晴らしいと思ってます。
文明という武器を発展させないと生命体として生き残れなかった白人の対極的存在。
もちろん、どの人種にも良いところと悪いところがあるわけで、どっちが優秀とかって
話じゃありません。(その辺勘違いされると困るので、念のため言っておきます。)

Tag: <>MENS
Category: Poser全般

該当する記事はありません。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


Create stunning models for 3D software free